PR

年賀状を辞めたい理由とその方法きっかけ|辞めた後の後悔への対処法

99:雑記・その他
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

最近、特に若い世代を中心に年賀状を辞めたいと考える人が増えています。

年賀状を辞めたいと思う理由には、「SNSでの交流の増加」「作成の手間」や「シンプルな生活を求める終活」などがあります。年賀状をスマートに辞める方法として「終活年賀状」の送付が効果的です。

しかし、年賀状をやめた後に後悔することもあります。その場合は、年賀状を再開するか、別の方法で新年の挨拶をすることができます。

この記事では、年賀状を辞めたいと思う理由と、辞め方、後悔した場合の対処法について詳しく解説します。

 

 

年賀状を送る風習の減少傾向について

かつて新年の社交の重要な一環とされていた年賀状ですが、

近年ではこの慣習を見直す人々が増加しています。

日本郵便が公表したデータによれば、2022年(令和4年)の年賀状の総発行枚数は約19億枚に達しました。この数は一見多く思えますが、2020年(令和2年)の約23.5億枚と比べると約20%の減少が見られます。

 

また、2010年(平成23年)の約38億枚と比較すれば、その数はほぼ半減しています。

 

これらの数字から明らかなように、

年賀状が以前のように新年の挨拶に欠かせない存在ではなくなってきていることが分かります。

 

年賀状を送らない傾向にある若い世代

年賀状をやめる傾向が顕著なのは、特に若い世代です。

 

保険業界のシンクタンクであるニッセイ基礎研究所が2020年に行ったインターネット調査によると、年賀状を送る人の年齢層には顕著な差があります。60代では68.1%の人が年賀状を送っているのに対し、20代以下では31.7%にとどまっています。

 

30代から50代にかけても、年代が若いほど年賀状を送る割合は低くなっているのが分かります。

 

現在年賀状を送らない人が、将来的に年賀状を送るようになる可能性は低いと考えられます。このことから、今後はどの年代でも年賀状を送る割合はさらに減少すると予想されます。

 

年賀状送付における男女の差はほとんどなし

ニッセイ基礎研究所が実施したインターネット調査では、男女による年賀状の送付割合についても調査が行われました。

 

この調査結果からは、年齢層による差は確認できたものの、性別による送付割合の違いはほとんど認められませんでした。

 

つまり、年賀状を送るかどうかに関しては、男性も女性もほぼ同様の傾向があることが明らかになり、どちらの性別も年賀状をやめたいと考える人が多いことが分かります。

 

 年賀状を送らなくなる理由

年賀状の送付者が年々減少している現状を踏まえ、

なぜ多くの人が年賀状の送付を止める決断をしたのか、その理由を探ります。

 

SNSやメッセージングサービスの普及

現代では、SNSやオンラインのメッセージサービスが広く普及しており、

これは若年層に限らず、幅広い年齢層に及んでいます。

 

総務省情報通信白書(2021年、令和3年)によると、

FacebookやTwitterなどのSNSを日本国内で約半数の人が利用しています。

メールやLINEなどのメッセージサービスも同様に広く使われています。

 

20代では利用率が高いものの、

60代以上の層でも約30%がSNSやメッセージングサービスを利用しており、これらのツールはすでにシニア層にも普及しています。

 

日常的にSNSなどでコミュニケーションを取っている人々の中には、

年始の挨拶も年賀状ではなくSNSで行うことを選ぶ人が増えているようです。

 

年賀状作成の手間と負担

多くの人にとって年賀状は喜ばれるものですが、

その作成過程は煩わしいと感じる人も少なくありません。

 

デザイン選び、文面の作成、住所録のチェック、

はがきの購入と投函といった一連の作業には相当な時間と労力が必要です。

 

特に高齢になると、視力の低下や手の震えなどが影響して年賀状の作成が一層困難になることがあります。

また、経済的な観点からも、

大量に送る場合のはがき代は無視できない支出となることもあります。

 

引っ越しによる人間関係の変化

人間関係の変化も年賀状をやめる一因です。

特に引っ越しにより、以前のように頻繁に会うことがなくなった人々に対して、

年賀状の送付を続けるかどうかは一考の余地があります。

一部の人はこの機会に交流を終える選択をすることもあります。

 

相手からの年賀状が途絶えた場合

相手から2年連続で年賀状が届かない場合、

それを送付を止める時期と捉える人もいます。

 

一方的なやり取りは精神的な負担となることもあるため、

相手からの反応に応じて送付を見直すのは自然なことです。

 

終活の一環としての選択

終活の過程で年賀状を送る習慣を見直す人もいます。

 

生前整理においては、物の整理だけでなく人間関係の整理も重要です。

 

古い年賀状を処分する過程で、

今後の年賀状の交換をやめるきっかけになることもあります。

 

スポンサーリンク

年賀状のスムーズなやめ方のアドバイス

年賀状をやめる理由は人それぞれ異なりますが、

円満にやめる方法を見つけることが重要です。

 

一方的に年賀状の送付を止めてしまうと、

相手はその事実を知らずに引き続き送ってくる可能性があります。

 

その結果、受け取った側は心苦しく感じたり、

相手に誤解を与えたりするリスクがあります。

 

したがって、年賀状をやめる際には、

これまでの感謝の気持ちを込めて、

その旨を相手に伝えることが望ましいです。

 

これにより、これまでの繋がりを大切にしつつ、

スムーズに年賀状のやめ方を進めることができます。

 

「年賀状じまい」と「終活年賀状」に関して

年賀状の送付を終わらせることを「年賀状じまい」と呼び、

その際に送る最後の年賀状を「終活年賀状」と称します。

 

終活年賀状には、通常の新年の挨拶に加えて、

これが最後の年賀状であることを伝える文言を添え、相手への感謝を示します。

 

終活とは無関係でも、年賀状を終えたい場合は終活年賀状を送ることができます。

 

この用語は広く用いられるものであり、

終活をしている人に限定されたものではありません。

年賀状をやめた後の後悔について

年賀状をやめた後に後悔することもあります。

 

年賀状を通じた人々とのつながりが失われ、

孤独を感じる場合もあり得ます。

 

特に高齢者にとっては、

孤独が健康リスクを増大させる可能性があるため、慎重な検討が必要です。

 

年賀状をやめた後の対応策

もし既に年賀状じまいをしてしまい、

後悔している場合は、年賀状を再開することも選択肢です。

 

年賀状は自由にやめたり始めたりできます。

 

終活年賀状を送った後でも、

寒中見舞いやクリスマスカードで挨拶を再開するのも良い方法です。

 

まとめ

本記事では、年賀状をやめたいと思う理由とその方法についてご紹介しました。

 

人生は一度きりです。形式的な付き合いを減らしてシンプルな生活を選ぶか、

それとも年賀状を通じて人とのつながりを保ち続けるか、

慎重に選んで後悔のない決断をすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました