PR

「リラ冷え」とは何?その意味と語源、さらに北海道以外での使用状況について

99:雑記・その他
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

日本各地には、季節の変化を表す独特な言葉が存在します。

これらの言葉は、地域によって異なることがよくあります。

例えば、北海道独自の言葉「リラ冷え」は、地域色豊かな表現の一つです。

 

本州では、「春一番」や「木枯らし一号」などの言葉がよく使われますが、

北海道では「リラ冷え」という独特の言葉があります。

この「冷え」という言葉が含まれているため、

寒さを連想させる表現だと思われますが、具体的な意味は何でしょうか?

 

今回は、以下の点に焦点を当てて解説していきます。

  • リラ冷えとはどのような意味なのか
  • リラ冷えの語源について
  • リラ冷えは北海道独特のものなのか、それとも他地域でも使われているのか

北海道の文化を理解するためにも、

これらの点を詳しく見ていきましょう。

 

リラ冷えという現象について

5月から6月の寒さ

「リラ冷え」とは、北海道特有の気候現象を表す言葉です。

 

具体的には、5月中旬から下旬、場合によっては6月初旬にかけて、

暖かくなるはずの時期に突然気温が下がることを指します。

 

この時期の北海道では、桜の季節が終わり、

日中の気温が20度近辺まで上昇することが一般的です。

 

それが暖かな春の訪れを感じさせる時期です。

 

しかし、この時期には油断が禁物です。

 

時には日中であっても気温が10度に達しない日があり、

雨が降ることもあれば、晴れていても肌寒さを感じることもあります。

 

このような一時的な寒さのことを、

北海道の人々は「リラ冷え」と呼んでいるのです。

ライラックの花の季節に

「リラ冷え」という言葉に含まれる「リラ」は、

一見なじみのない言葉かもしれませんが、

実は「ライラック」という花の愛称です。

 

ライラックは北海道を象徴する花であり、

特に札幌市においては市の花としても知られています。

 

ライラックは、その強い甘い香りを放つ花を咲かせる樹木で、

開花時期は主に5月中旬から下旬にかけてです。

 

この時期は、北海道で気温が一時的に下がることが多いため、

リラ冷えとライラックの開花時期が重なることがあります。

 

ただし、ライラックの開花と気温の低下は直接的な関連はありません。

 

それでも、この現象を花に喩えることで、

北海道特有の風情を感じさせる表現となっています。

*ちなみに、ライラックには青紫色だけでなく、

ピンクや白色の花もあります。

 

リラ冷えの語源について

小説「リラ冷えの街」

「リラ冷え」という言葉が一般的になったのは、

昭和後期のことです。この言葉が広く知られるようになった背景には、

ある有名な作品が関係しています。

 

その作品とは、北海道を代表する作家・渡辺淳一氏による小説「リラ冷えの街」です。

 

この小説は新聞連載小説として最初に発表され、

1970年(昭和45年)にその第一回が掲載されました。

 

その後、1971年(昭和46年)に単行本として出版されました。

 

小説が札幌を舞台にしていたこともあり、

「リラ冷え」という表現は北海道内で急速に広まりました。

リラ冷えの言葉の背景と俳句への影響

一般的には、作家の渡辺淳一氏が「リラ冷え」という言葉を広めたと考えられていますが、

実はこの言葉は、彼が小説のタイトルに使う以前に、俳句の世界で既に使われていたのです。

 

渡辺淳一氏自身も、自身のエッセイで「リラ冷え」という言葉が収録された俳句を読んだことを述べています。この俳句は、榛谷美枝子(はんがいみえこ)さんによるもので、1960年(昭和35年)に彼女が自費出版した句集に含まれていました。

 

その後、1970年に辻井達一氏によって紹介された本を通じて、

渡辺淳一氏がこの言葉に触れたのです。

 

今日、「リラ冷え」という言葉は、

俳句の季語としても認識されています。

 

特に北海道の5月頃の気候を象徴する言葉として使われ、

本州とは異なる気候特性を表現しています。

 

スポンサーリンク

北海道独特の「リラ冷え」は他の地域では見られるのか?

外国から伝わった花の種類

 

「リラ冷え」という言葉は、北海道で一般的に使われていますが、
他の地域ではあまり聞かれません。
その主な理由は、リラ冷えに関連するライラックの花が北海道以外ではあまり見られないからです。

ライラックはもともとアメリカから明治時代に北海道に導入され、

そこで広く栽培されるようになりました。

 

このため、本州など他の地域ではライラックはあまり馴染みがなく、

それに伴い「リラ冷え」という言葉もあまり使われていないのです。

春の寒さの再来:本州と北海道の気候比較

北海道に特有の「リラ冷え」と同様の現象や用語が、実は本州にも見られます。

 

これらには「寒の戻り」と「花冷え」という言葉があり、

どちらも春の季節によく使われます。

 

「寒の戻り」とは、春の終わりに近づく頃、

一時的に気温が下がる現象を指します。

 

また「花冷え」は、桜が咲く時期に感じられる、

ふとした寒さを表す言葉です。

 

これらは北海道の「リラ冷え」と似ており、

特に「花冷え」はリラ冷えと同じような特徴を持っています。

 

関東地方では4月にこのような寒さを感じることがありますが、

北海道では同じ現象が5月中旬に「リラ冷え」として体感されることが多いのです。

北海道の「リラ冷え」対策:暖かい服装で楽しもう

「リラ冷え」という言葉は、北海道特有の現象を表しており、

特に5月から6月初旬にかけての突然の冷え込みを指します。

 

北海道ではこの時期が一年で最も快適な季節とされていますが、

予期せぬ低温には注意が必要です。

 

「リラ冷え」の名の由来となったライラックは、札幌の大通公園などでよく見られる花で、

この季節には「ライラック祭り」が開催され、多くの人で賑わいます。

 

北海道や札幌を訪れる際は、

急な寒さに備えて上着などの暖かい服を持参することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました