PR

こたつはいつ出す?気温基準とこたつ開きの日はどうする?

99:雑記・その他
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

こたつの快適な暖かさは、冬の寒さを和らげる最高の癒しですが、

一体いつから設置するのが適切なのでしょうか?

設置時期に迷う方も多いかもしれません。

 

自然とこたつを使いたくなる時期が設置のサインと言えますが、

一般的な時期の目安や、歴史的なこたつ開きの日について知るのも面白いでしょう。

 

そこで、こたつを出す適切な時期について、

気温の目安や季節の変わり目、

そして伝統的なこたつ開きの時期とその背景を解説します。

 

こたつでの暖かい時間を最大限に楽しむためのヒントをお届けしたいと思います。

 

こたつの出し方:いつが最適?気温と時期の考察

こたつの設置に最適なタイミングは個々人によって異なりますが、一般的な気温や時期の目安を知ることは有益です。

・寒さを感じるときがこたつのタイミング

こたつをいつ出すかは、個人が感じる寒さに大きく依存します。

寒く感じるようになったら、こたつを出す準備を始める良い時期かもしれません。ただし、住んでいる地域やその年の気候によっても適したタイミングは変わってきます。

急激な気温の低下に対応するためにも、こたつを早めに出すのが良いかもしれませんが、早過ぎると場所を取る等の問題が生じることも。そのため、こたつの出し時は慎重に選ぶことが推奨されます。

・気温の目安は15度以下が一般的

一般的には、気温が15度を下回ったときがこたつを出す良い目安とされています。

この気温になると、多くの人が寒さを感じ始めるためです。特に朝晩の冷え込みが厳しい山間部や盆地などでは、この基準を参考にすると良いでしょう。

さらに、天気の変動にも注意し、週間予報をチェックすることも有効な方法です。

・一般的な時期は10月後半から11月上旬

多くの人が10月後半から11月上旬にこたつを設置します。

しかし、寒さに敏感な人や寒冷地に住んでいる場合、それよりも早い時期にこたつが必要になることもあります。

10月後半以降が多くの人にとってのこたつシーズンの始まりですが、地域によっては9月にこたつを出す人もいるようです。

こたつを設置する前に部屋をきれいにすることで、より快適な時間を過ごすことができます。

こたつ設置の適切な時期:地域ごとのガイド

こたつを出す適切な時期は、地域によって異なります。

日本全国で一般的な時期は10月後半から11月ですが、

それぞれの地方には特有の気候があります。

・東北地方:早い秋と厳しい冬

東北地方では、秋が早く訪れ、冬の寒さも厳しいため、

こたつを出す時期は10月中旬から下旬が目安です。積雪量の多い日本海側や晴れの日が多い太平洋側でも、寒さは共通しています。

一方、北海道では家全体を暖める設備が普及しているため、こたつの利用は少ないです。

・北関東・甲信越・北陸地方:秋の早い到来

北関東、甲信越、北陸地方では、夏の暑さが厳しいものの、冬は積雪もあり、寒さが強いです。山間部では特に朝晩の冷え込みが厳しいため、こたつを出す時期は平地よりも早めです。多くの場合、10月下旬から11月上旬になるとこたつが恋しくなります。

・南関東・東海・関西・中国地方:温暖な冬

南関東、東海、関西、中国地方は海沿いを中心に冬が温暖です。この地域では11月中旬から下旬頃がこたつを出す適切な時期とされています。しかし、山間部や日本海側では早めの寒さが訪れることもあるため、天気予報を参考にするのが良いでしょう。

・九州地方・四国地方:遅めのこたつシーズン

九州と四国では、他地方に比べて温暖な気候のため、こたつを出す時期は11月後半から12月上旬が一般的です。沖縄では冬でもこたつは使われないため、九州と四国地方のみが対象となります。

各地方ごとに異なる気候特性を考慮しながら、こたつを出す最適な時期を見極めることが大切です。

 

 

スポンサーリンク

こたつの歴史とこたつ開きの伝統

こたつの適切な設置時期について見てきましたが、こたつの起源と伝統的なこたつ開きについても詳しく掘り下げましょう。

・室町時代に始まるこたつの歴史

こたつは日本の家庭で長年愛されてきた暖房器具で、その歴史は室町時代まで遡ります。当時、いろりの上に台を設け、その上に布団をかけて暖を取る形式でした。

時代が経過するにつれ、掘りごたつや大型のこたつが登場し、冬の主要な暖房器具として定着しました。最初はいろりが熱源でしたが、後に木炭や練炭が使われるようになり、大正時代には電気こたつも誕生しました。

戦後には、現代のような置きこたつが登場し、冬の暖房器具としての地位を不動のものにしました。

・伝統的なこたつ開きは亥の月の亥の日

室町時代からの長い歴史を持つこたつには、こたつを初めて出す「こたつ開き」という伝統があります。亥の月の亥の日、つまり旧暦の10月(現代の11月)がこたつ開きにふさわしい日とされていました。

亥の日の日程は年によって異なりますが、こたつを出すタイミングとして古くからの亥の月の亥の日を参考にすることができます。この風習は、イノシシが火の神の使いであるという信仰に基づいており、火災を避ける縁起物として考えられていました。江戸時代には、武家は亥の月の最初の亥の日に、庶民は2番目の亥の日にこたつ開きを行うのが一般的でした。

こたつをもっと楽しむための便利アイテム紹介

こたつの出し入れの適切なタイミングについてご説明した後、

こたつの使用をより快適にするための便利なアイテムをいくつかご紹介します。

 

・こたつの使い勝手を向上させるアイテム1

こたつは暖かさが魅力ですが、テーブルの低さが気になることも。

そんな時に役立つのが、こたつの脚を高くする調整グッズです。

これを使うことで、こたつの下のスペースが広がり、快適に過ごせます。

ブラウンとベージュの2色で利用できるこのアイテムは、

簡単に取り付けられ、重ねての使用も可能です。3.5cmの高さ調整ができ、座椅子使用時にも便利です。

・こたつでの快適さを高めるアイテム2

こたつは足元の暖かさは抜群ですが、

布団の隙間からの冷気や腰回りの寒さが気になることもあります。

その問題を解決するのが、腰回りを包み込むポンデクッションです。

こたつでの時間をさらに快適にします。

 

ダークブラウンとベージュの2色で展開されるこのアイテムは、

暖かなボア生地で作られており、デザインもおしゃれ。うたた寝の際やホットカーペット上の座椅子としても活躍し、多用途に使えるおすすめのアイテムです。

 

こたつの設置タイミングを見極めよう

こたつの最適な設置時期、その歴史や伝統的なこたつ開きの日についての情報をお届けしました。

デザインや機能が進化しても、こたつのもたらす心地よい暖かさは変わらないため、

適切なタイミングでこたつを設置して、寒い季節を快適に過ごしましょう。

タイトルとURLをコピーしました