PR

転校生のあるある共感ポイント30選!小・中・高校学校生活でよくあるエピソードとは?

99:雑記・その他
この記事は約9分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

転校生を迎える瞬間は、わくわくがいっぱいですね。

男の子か、それとも女の子か、想像するだけでも楽しいものです。

 

一方、転校する側は馴染めるか、友達を作れるかという不安が頭をよぎります。

この記事では、小学校、中学校、高校での転校に関連した、転校生や新しい学校を迎える側にありがちな「転校生あるある」を30個紹介します。

 

転校経験者や転校生を受け入れた経験のある方々には、共感していただけること間違いありませんので、ぜひ最後までお楽しみください。

 

  1. 転校生の日常〜最初の日
    1. 他のクラスの生徒が殺到して一目見ようとする
    2. 男子は可愛い女子、女子はイケメン男子を期待する
    3. 質問攻めになる
    4. 最初は人気者
  2. 転校生の体験〜自己紹介編〜
    1. 転入前日から自己紹介までずっと緊張
    2. 自己紹介に慣れる
    3. 自己紹介前にどんなキャラでいくか考える
  3. 転校生の学校生活〜校則とカルチャー編〜
    1. 前の学校と異なる風習にカルチャーショックを受ける
    2. 学校内で道に迷う
    3. 教科書がなく、隣の席の生徒に見せてもらう
    4. 制服や体操着が前の学校のまま
    5. 校歌を歌えない
  4. 転校生の学業生活〜勉強編〜
    1. 授業で「〇〇地方辺りの方角!」などと言われても理解できない
    2. 学校によって授業の進行が異なる
    3. テストの形式が異なり、戸惑うことがある
  5. 転校生の友情体験〜友達編〜
    1. 最初に話しかけてくれる人に感謝の気持ちが溢れる
    2. アドレス帳の連絡先が急増する
    3. 友達100人作るよりも、親友1人作る方が難しい
  6. 転校生の部活体験〜部活編〜
    1. 熱心な部活の勧誘を受ける
    2. 部活に入りづらい
  7. 転校生の辛い瞬間〜辛いこと編〜
    1. ちょうど慣れてきた頃に再び転校
    2. ふと前の学校が懐かしく思える
    3. ペアやグループへの参加が不安
    4. 転校前の思い出話に疎外感を感じる
  8. 転校生の特徴的瞬間〜番外編〜
    1. 「なんか方言しゃべってー!」
    2. 方言やなまりに戸惑う
    3. 一番後ろの席になりがち
    4. 「前からいた気がする」と言われると嬉しい
    5. 一ヶ月後には普通のクラスメイト
    6. 転校することをギリギリまで公表したくない
  9. まとめ

転校生の日常〜最初の日

 

他のクラスの生徒が殺到して一目見ようとする

転校生が登場すると、誰が来るのか気になりますね。 「〇組に転校生が来た!」

 

と、他のクラスの生徒も窓から覗くことが転校生の日常です。

 

男子は可愛い女子、女子はイケメン男子を期待する

 

漫画やドラマでは、転校生は美男美女が多いですよね。 「イケメンだったらどうしよう!」

「超可愛い子だったらいいなー」

 

と、転校生に過度に期待することも転校生の日常にありますが、

 

期待しすぎないようにしましょう。

 

その期待は転校生にとってプレッシャーになることもありますから。

 

質問攻めになる

転校初日、みんなが転校生の周りに集まり、

「どこから来たの?」

「部活何やってたの?」

など、隣のクラスからも質問攻めに遭うことが転校生の日常です。

 

最初は人気者

「〇〇ちゃん、音楽一緒に行こうよ」 「校内案内してあげるよ!」

と、転校直後はみんなが優しくしてくれることも転校生の日常です。

 

ただし、この人気も最初だけ。一週間ほどすると、一緒に行動する友達が決まってくるものです。

転校生の体験〜自己紹介編〜

転入前日から自己紹介までずっと緊張

未知の場所、未知のクラスメイト。

どんな人たちがいるのかな?

学校の雰囲気が怖いと感じたらどうしよう?

 

新しい友達ができるか心配だな。

などなど、転校前の夜は不安で一杯です。これも転校生のあるある。

 

自己紹介の時に新しい学校の雰囲気を感じながら、安心したり、さらに不安になったりしますね。

 

自己紹介に慣れる

転校生の中には、親の都合で何度も転校を繰り返す人もいます。

そのような人たちは、何度目かの自己紹介。

 

多少は緊張するかもしれませんが、

自己紹介は面倒に感じ、名前だけの簡潔なものになることが転校生のあるあるです。

自己紹介前にどんなキャラでいくか考える

前の学校ではおとなしいキャラだったから、今度は明るいキャラで行こう。

 

以前は目立ちすぎていたから、今回は目立たないようにしよう…などなど。

 

転校は新しい学園生活のスタートです。

 

前とは違う自分で行こうと考えるのも転校生のあるあるです。

 

転校生の学校生活〜校則とカルチャー編〜

前の学校と異なる風習にカルチャーショックを受ける

地域や学校ごとに独自の風習やルールが存在し、それが異なることはよくあります。

 

そのため、前の学校では問題なかったことが、新しい学校では受け入れられないこともあります。

 

「なぜ受け入れてもらえないのか理解できない…」

 

と、カルチャーショックに悩むことも転校生あるあるです。

 

学校内で道に迷う

新しい学校は迷路のようです。

 

「音楽室はどこ?」

「理科室はどこ?」

 

クラスメイトに案内してもらわないと教室にたどり着けないことも転校生あるあるです。

 

転校するたびに学校の中を覚えなくてはいけないのは大変ですね。

 

教科書がなく、隣の席の生徒に見せてもらう

教科書は地域や学校によって異なります。

 

転校の時期によっては、教科書がまだ届いていなくて、隣の席の生徒に見せてもらうことも転校生あるあるです。

 

異性の場合、少し緊張することもありますし、同性の場合、友達になるきっかけになることもありますが、毎回教科書を借りるのは少し気まずいかもしれません。

 

制服や体操着が前の学校のまま

制服や体操着が揃っていないことも、転校生あるあるの一つです。

 

制服に関しては、転校してきた時期がちょうど衣替えの時期であれば、新しい制服に変えることが多いです。

 

ただし、唯一人だけが違う制服や体操着を着ていると、他のクラスメイトから目立つことになり、少し恥ずかしいこともあります。

 

校歌を歌えない

転校生は通常、校歌の練習に参加する時間がほとんどありませんので、校歌を歌えないことも転校生あるあるです。

 

他の生徒が全力で歌っている中で、転校生だけが口パクという状況になることもよくあります。

 

転校生の学業生活〜勉強編〜

授業で「〇〇地方辺りの方角!」などと言われても理解できない

授業で身近な地域を例に挙げることは一般的ですが、転校生は新しい学校の地域について十分に知識がありません。

 

そのため、授業で「〇〇地方辺りの方角!」などと言われても、転校生にとっては何を指しているのか全く理解できないことが転校生あるあるです。

学校によって授業の進行が異なる

学校によって授業の進行状況が異なることも転校生あるあるです。

 

前の学校で学んだ内容を再度学ぶことや、前の学校では触れなかった内容を学ばなければならないことがあります。

 

同じ教科でも学習内容の違いに適応するのは一苦労です。

テストの形式が異なり、戸惑うことがある

テストの形式は学校ごとに異なります。

 

テストは各教科の先生が独自に作成するため、慣れないテスト形式に戸惑うことがあるのも転校生あるあるです。

転校生の友情体験〜友達編〜

最初に話しかけてくれる人に感謝の気持ちが溢れる

興味本位で質問しに来る人がたくさんいるかもしれませんが、それでも声をかけてくれるだけで、転校生にとっては安心感があります。

 

居場所があるかどうかは転校生にとって重要であり、最初に声をかけてくれる人に感謝の気持ちが溢れることが転校生あるあるです。

アドレス帳の連絡先が急増する

転校前の学校の連絡先だけでなく、転校生が来た際には新しい友達との連絡先を交換したくなることがよくあります。

 

気づいたらアドレス帳の連絡先が増えていることも、転校生あるあるの一つです。

 

しかし、アドレス帳にたくさんの連絡先があっても、実際に連絡を取るのはほんの一部だったりします。

友達100人作るよりも、親友1人作る方が難しい

転校を繰り返すことで友達はどんどん増えていきますが、

親友と呼べる特別な人を見つけるのは難しいことが転校生あるあるです。

スポンサーリンク

転校生の部活体験〜部活編〜

 

熱心な部活の勧誘を受ける

転校生が来ると、部活動に必要なメンバーが足りない部活にとっては重要な存在です。

 

そのため、転校生は激しい部活の勧誘を受けることがあり、これも転校生あるあるの一つです。

 

部活に入りづらい

熱心な部活の勧誘に対して、転校生は部活に入りづらいと感じることがあります。

実際、途中から部活に参加するのは誰にとってもハードルが高いことですが、

転校生にとってはさらに難しいことがあるでしょう。

転校生の辛い瞬間〜辛いこと編〜

ちょうど慣れてきた頃に再び転校

転校が多い子は、ちょうど学校に慣れて友達ができ、

楽しい学校生活を送り始めた頃に再び転校することもあります。

 

親の仕事の都合で仕方ないことではありますが、ちょっとかわいそうな状況ですよね。

 

ふと前の学校が懐かしく思える

新しい学校が嫌いというわけではありませんが、ふと前の学校が懐かしく思えることもあります。

 

戻りたいというわけではないけれど、前の学校なら…と思うことは仕方ありません。

 

ペアやグループへの参加が不安

仲の良い友達が少しずつできても、ペアやグループに参加することが不安に感じることも転校生あるあるです。

 

どうしても、

以前からの友達には敵わないと感じることがあります。

転校前の思い出話に疎外感を感じる

自分が転校してくる前の学校の思い出話を聞くと、疎外感を感じることもあります。

 

みんなは悪気はないのですが、「あの時楽しかったよねー」と思い出話が始まると、自分だけが知らないことで寂しさを感じてしまうことがあります。

 

転校生の特徴的瞬間〜番外編〜

 

「なんか方言しゃべってー!」

地方から転校してきた転校生に対して、絶対に言われる言葉。

 

転校生の方言がクラスで流行ることもある、これも転校生あるあるです。

方言やなまりに戸惑う

逆に都心から地方へ転校した時、方言やなまりに戸惑うことも転校生あるあるです。

 

授業も何を言っているのか分からない。

 

周りも何を言っているのか分からない。

 

都心から地方への転校生の方が苦労することもあるでしょう。

 

一番後ろの席になりがち

転校生はクラスで特別な席に入れ込むことが難しいので、

視力に問題がない限り、一番後ろの席になりがちなことも転校生あるあるです。

 

席替えが行われるまでしばらく一番後ろの席に座り、

新しいクラスメイトを観察するのは転校生の特権ですね。

「前からいた気がする」と言われると嬉しい

「前からいた気がする」と言われると嬉しいのも、

転校生が新しい学校で馴染んでいる証拠ですからね。

一ヶ月後には普通のクラスメイト

最初は人気者だった転校生も、一ヶ月ほど経つとただのクラスメイトになることもあります。

 

「あれ?そう言えば転校してきたんだっけ?」これもまた転校生あるあるです。

 

転校することをギリギリまで公表したくない

転校が決まると、

なるべくギリギリまで他の人に公表したくないこともあります。

 

「〇〇転校しちゃうんだね、今からいっぱい思い出つくろうね!」

 

嬉しいけれど、ちょっと気まずく感じることもあるのです。

 

まとめ

転校生あるあるを30個まとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

転校経験者や転校生を迎えた経験がある方々には、

「あー、あるある!」と共感していただけたかと思います。

 

以上、「転校生のあるある共感ポイント30選!小・中・高校学校生活でよくあるエピソードとは?」を紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました