PR

大晦日にお風呂に入るタイミングは?風呂に入らない理由もある!

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

大晦日には、一年の疲れを癒し、精神をリフレッシュさせるためにゆっくりとお風呂に浸かりたいと思うでしょう。しかし、年末は忙しい大掃除や年越しの買い物、恒例のテレビ番組鑑賞など、やるべきことが山積みです。そんな中で、お風呂の最適なタイミングが分からないと感じる人も多いでしょう。今回は、大晦日にお風呂に入る適切なタイミングや、風呂をスキップする理由についてご紹介します。

大晦日のお風呂文化:幸運を呼び込む伝統的な入浴

昔の日本において、毎日の入浴が一般的になる前、銭湯が社会生活の中心でした。大晦日には、銭湯で特別なサービスが行われ、一年間の穢れを落とし新年を清々しく迎えるために垢すりが提供されていたこともあります。この習慣は大人から子供に至るまで守られ、現在でも多くの人が大晦日には特にゆっくりとお風呂につかり、念入りに身体を洗うことで新年を迎えています。

大晦日の入浴タイミング:多忙な日の中で

大晦日は多くの準備や行事で忙しい日です。おせち料理の準備や大掃除、年末の特番などで入浴のタイミングを逃しやすくなります。家族や親戚との時間も多く、お風呂を待つことも。理想的には、夕食前にお風呂に入ることが推奨されます。そのためには、事前に準備を整え、大晦日をゆったりと迎えることが大切です。

スポンサーリンク

大晦日の異なる入浴習慣

しかし、大晦日にわざとお風呂に入らない家庭もあります。これは、「火と水の神様にお休みを与える」という伝統的な考えに基づいています。お正月の入浴習慣は家庭や地域によって異なります。例えば、元旦には入浴しない、元旦の朝のみ入浴し夕方は避ける、1月2日は朝に入浴するといった風習があります。これらは、元旦に訪れる年神様によって福が流れ去らないようにとの信仰からきているため、2日の朝風呂が習慣となっています。

新年はぜひ新しいパジャマで迎えよう

新年が始まり、新しいパジャマを手に入れ、心機一転しました。お風呂に入ってスッキリした後、お正月は寝正月が最高ですね!

誰もが、パジャマ姿でゴロゴロ寝ることがあります。あなたはどんなパジャマを着ていますか?

私は実は、パジャマの交換時期を知らず、8年間も同じものを愛用していました。部屋着であっても、それは物持ちが良すぎると思いませんか?

このパジャマの最大の特徴は、100%綿素材であることです。トレンドのフリース素材も魅力的ですが、時には暑すぎて体温を調整するのが難しいこともあります。

しかし、綿素材は通気性が優れているため、快適な温度を保ちます。寝るときだけのことかもしれませんが、素材は本当に大切なのです。

これまで、私は素材を意識していませんでしたが、良い素材の違いは一目瞭然です。

さらに、素材だけでなく、デザインとカラーも可愛らしいのが嬉しいポイントです。スソ部分がスカラップになっており、デザインが可愛いので、テンションが上がります。

新しいパジャマで新年を迎えるのは、素晴らしいことです。

まとめ

大晦日からお正月にかけてのお風呂事情は、家庭によって異なります。お風呂に入るタイミングは人それぞれですが、新年を綺麗な体で迎えたいと思います。

欲を言えば、温泉旅館でゆっくりと年越しを過ごしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました