PR

恵方巻きで願いを叶える確率を上げる縁起のよい食べ方を紹介!

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

節分の風習として豆まきだけでなく、恵方巻きを食べる習慣が広まっています。私自身も、数年前までは恵方巻きについて詳しくなかったのですが、今では毎年この風習を楽しんでいます。

恵方巻きを食べながら願い事をすると、その願いが叶うと言われています。この習慣をまだ試したことがない方も、ぜひ一度体験してみると良いでしょう。

今回は、恵方巻きを食べる際の正しい方法と願い事の唱え方について詳しく紹介します。これを実践することで、節分の日に縁起を担ぐことができるかもしれません。

恵方巻きの食べ方とその背景

恵方巻きとは

関西地方で始まった恵方巻きは、節分の風習として全国的に知られるようになりました。かつて恵方巻きに馴染みがなかった人も、今ではこの習慣を楽しむようになっています。私も、過去にコンビニチェーンで働いていた際、恵方巻きのプロモーションを行った経験があります。

恵方巻きの正しい食べ方

恵方巻きは以下の方法で食べます:

  • その年の恵方を向いて食べる。
  • 無言で食べる。
  • 一本丸かじりする。

恵方とは

恵方、つまりその年に縁起が良いとされる方向は、歳徳神が存在する方向です。この方向は干支と陰陽五行説に基づいて決定され、年によって変わります。

例えば、今後の恵方は次のようになります:

  • 2017年:北北西
  • 2018年:南南東
  • 2019年:東北東
  • 2020年:西南西
  • 2021年:南南東

無言で食べる意味

無言で食べる理由は、「口から福が逃げないため」です。また、巻きずしを切らずに丸ごと食べるのは、「縁を切らないため」です。

恵方巻きは大きいものが多いですが、最近は小さめの豪華なバリエーションも増えています。節分の日には、細巻きを丸かじりするオーダーも可能です。回転寿司チェーンでは、恵方巻きの予約が多く、お子さん向けに108円程度の手頃な価格で提供されています。

恵方巻きを食べて願い事を叶える方法

恵方巻きは、その年の恵方を向き、無言で丸かじりしながら食べることで、願い事が叶うと言われています。多くの人はこれを迷信と思うかもしれませんが、一度試してみる価値はあるでしょう。願い事をする際には「結婚する」や「昇進する」といった、肯定的で具体的な表現を使うことがおすすめです。

ポジティブな思考を心がける

願い事をする際には、ネガティブな思考は避け、「願いがすでに叶っている」と感じることが重要です。恵方巻きを食べる際には、具体的に願い事をし、それをノートに書くことで効果を高めるともされています。

スポンサーリンク

恵方巻きは縁起の良い食べ物

恵方巻きは縁起が良いとされ、通常7種類の具材が使われますが、限定はありません。かんぴょう、穴子、きゅうり、海老、しいたけ、でんぶ、玉子などがよく使われます。お店で買うのも良いですが、自宅で好きな具材を選んで作るのも楽しいですね。作り方の参考動画もあるので、自分で作ってみるのも良いでしょう。自分で作った恵方巻きは特に美味しいかもしれません。

まとめ

恵方巻きを楽しむ際の基本的なポイントは以下の通りです:

  • その年の恵方(方向)を向いて食べる。
  • 食べるときは黙っている。
  • 1本を丸かじりする。

願い事が叶いやすくなるように、具体的に願うことが重要です。1年間の幸運を呼び込むために、今年の節分には恵方巻きを食べてみるのはどうでしょうか?縁起を担いで、新たな年の始まりを祝う良い機会になるでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました