PR

恵方巻きをしゃべらないで無言で食べる理由とその興味深い起源ルーツとは?

99:雑記・その他
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

節分の日には、家族が集まり恵方巻きを食べるという独自の風習があります。この際、食卓を囲んで無言で食事をするのが一般的です。この無言で食べる時間は、少しシュールな体験になることも。静かに食事を進めるのは案外難しく、思わず笑いがこぼれることもあります。

今回は、恵方巻きを無言で食べる理由と、この風習が持つ意外な起源について説明します。

恵方巻きの起源

恵方巻きの歴史に迫ると、その起源は江戸時代から明治時代まで遡ります。元々は大阪の花街で、芸妓や遊女たちが節分を祝い、商売繁盛を願うために行われていた風習です。この習慣では、商人が遊女たちにその年の恵方を向いて海苔巻きを食べさせるという儀式がありました。

スポンサーリンク

恵方巻きの普及とその影響

1932年、大阪鮓商組合がこの習慣に注目し、寿司業界の活性化を目指してプロモーションを行いました。その結果、「節分に恵方を向いて無言で巻寿司を食べると幸運が訪れる」という考え方が広まり、現代の恵方巻きの形が確立しました。

1989年には、広島のセブンイレブンが恵方巻きの販売を開始し、1995年には全国的に普及しました。寿司業界の2月の閑散期を打破するための施策としても機能し、今日では節分の定番習慣として広く認知されています。

無言で食べる理由のいくつかの説

恵方巻きを無言で食べることには、いくつかの理由があります。

口から福が逃げないように:

恵方巻きは「福を巻いた太巻き」とされており、一本まるごと食べることで商売繁盛や1年間の福を呼び込むと言われています。福を逃がさないように、一気に食べるのが伝統です。

願い事に集中するため:

恵方巻きを食べながら願いを込めると、その願いが叶うとされています。願い事に集中するためには、他のことを話すことは控えるのが普通です。具体的な願い事を思い描きながら、無言で食べることが推奨されています。

歴史的な背景:

恵方巻きが男性のシンボルを象徴するものとして使われていたという説もあります。これは恵方巻きの起源に関連する話で、昔の芸妓遊びの一環として行われていたとされています。当時は、このような行為も一般的だったようですが、現代では縁起物としての意味合いが強いです。

これらの説は諸説あり、どれを信じるかは個人の判断に委ねられています。

タイトルとURLをコピーしました