PR

ツバメの巣作りの時期や時間はいつ?好みの巣作り場所の特徴と手伝う方法を徹底解説!

99:雑記・その他
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

幸福をもたらすとされるツバメの巣作りですが、そのタイミングは一体いつなのでしょう?ツバメの巣を家に迎えたいと思っている方には、巣作りの適切な時期や期間、活動時間、ツバメが好む巣の場所の特徴などを理解しておくことが重要です。

この記事では、ツバメが巣を作る時期とその期間、活動する時間帯、巣作りに選ばれやすい場所の特徴、さらには巣作りを助ける方法について詳しくご紹介します。ツバメの巣作りに関する知識を深めて、彼らの来訪を上手にサポートしましょう。

 

 

ツバメの巣作りのタイミングとは?

ツバメの巣作りの主な時期:3月末~6月末

ツバメの巣作りの主な時期は、3月末から6月末にかけてとされています。春の暖かさが感じられ始めるこの時期は、東南アジアから渡ってきたツバメたちが、パートナーを見つけ、巣作りの場所を探し始めるシーズンです。カップルになったツバメたちは、適した場所を見つけ次第、巣作りに着手し、卵を産んで子育てを行い、ヒナが巣立つまでの約1ヶ月半を過ごします。

地域による巣作りの時期の差

ツバメの巣作りの時期は、地域によって大きな差があります。これは、春の訪れや虫の出現のタイミングに左右されるからです。例えば、温暖な九州や四国では3月下旬から巣作りが始まり、次いで中国、関西、東海地方と進行します。関東、北陸、東北、北海道では桜前線が北上する時期に合わせて、巣作りが開始される傾向があります。

営巣回数による巣作りの時期の違い

ツバメは一度の巣立ち後に、2度目の巣作りを行うことも珍しくありません。2度目の営巣は通常、6月下旬頃に始まり、ヒナが育つのはお盆前後になることが多いです。面白いことに、ツバメは2度目の営巣では、前回の巣をそのまま使わず、新しい場所で巣作りをするか、古巣を修復して使用する傾向があります。

 

 

ツバメが巣を作る時間帯とその活動

ツバメの主な巣作り時間:朝の早い時間帯

ツバメの巣作り活動は、主に朝の早い時間帯に行われます。これはおおよそ6時から10時までの時間帯です。太陽が昇ると同時に、ツバメたちは巣作りのために泥やワラなどの材料を集め、選んだ場所に運びます。ただし、この材料運搬の作業は午前10時頃には終了することが一般的です。巣作りプロセスでは、巣の組み立てと乾燥を繰り返す必要があり、そのため午後は巣の乾燥時間となります。朝の活動に続き、巣の乾燥を行うことで巣の強度が増し、ツバメの知恵が光ります。

午後から夜・雨の日はツバメの休息時間

朝の忙しい巣作り活動の後、ツバメは午後になると活動を落ち着かせます。この時間帯は、巣に戻って休むか、遊ぶことが多く、巣の乾燥を待つ間のリラックスタイムとなります。また、雨の日や天気の悪い日には、巣作りを休止して雨宿りをしたり、水浴びを楽しむ様子も見られます。これらはツバメの日常生活の一部であり、その姿は微笑ましいものです。

 

 

ツバメの巣づくりにかかる時間

ツバメの巣作り所要期間:平均は約1週間

ツバメが新しい巣を完成させるまでの期間は、一般的に平均で約1週間とされています。しかし、全く新しい巣を作る場合と既存の巣の修復をする場合では、かかる時間に差があります。既にある巣を修復するケースでは、約2~3日、時には1日で巣作りが完了することもあります。一方で、ゼロから巣を作り始める場合は、材料集めや予期せぬトラブルのため、2週間から1カ月程度の時間が必要になることもあります。従って、ツバメの巣作りの期間は様々な要因によって異なります。

巣作りの期間に影響するツバメの個性

ツバメが巣を作る期間は、新築とリフォーム、巣材の入手のしやすさなどの条件に影響されますが、ツバメの個性が影響することも見受けられます。例えば、細かい部分にこだわらずに大雑把に巣を作るツバメもいれば、丁寧に時間をかけて高品質な巣を作るツバメもいます。ツバメは環境に応じて巣の形を工夫するため、彼らの性格が巣作りのプロセスに反映されていると言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

ツバメが好む巣作りの理想的な場所とその特徴

ツバメが巣作りに選ぶ場所の条件1:人の往来のあるエリア

ツバメは巣を天敵から守るために、人間の活動を巧みに利用します。その結果、人々が頻繁に行き来する場所を巣作りに選ぶ傾向があります。これは、人の少ない場所では天敵が寄り付きやすいからです。ただし、過度に騒がしい環境は避けられるので、程よい活気のある環境が理想です。

ツバメが選ぶ巣作り場所の条件2:凹凸のある壁面

ツバメは滑らかな壁よりも凹凸がある壁を好んで巣作りに使います。滑らかな壁面では巣作りが難しいため、必要に応じてホームセンターなどで凹凸のある材料を購入し、巣作りに適した場所に設置すると良いでしょう。

ツバメが選ぶ巣作り場所の条件3:風通しの良いスポット

ツバメは風通しが良い場所で巣作りを好む習性を持っています。巣材の乾燥に必要なため、風通しの良い場所が選ばれます。巣作りの場所を選ぶ際は、電線などの障害物がないかも確認が必要です。

ツバメが選ぶ巣作り場所の条件4:適度な日照と温度

ツバメは過度に暑くも寒くもない、日当たりの良い場所で巣作りを行います。快適な温度で子育てを行うために、日照と温度は重要な選択基準となります。日当たりが悪くなってしまう場所は、巣作りの前に木の剪定などを行うことが推奨されます。

 

 

 

ツバメの巣作りと子育てへの適切な関わり方

ツバメの巣作りへの過剰な干渉は避ける

ツバメが巣を作っても、巣の覗き見や卵、ヒナへの接触は避けるべきです。これらの行為は鳥獣保護法に抵触する恐れがあり、巣立ちまでツバメを優しく見守ることが望ましいです。ツバメのフンや鳴き声に悩む場合は、巣作りの初期に適切な対処を行い、ツバメに移動してもらうことが重要です。

天敵やトラブルへの対応

巣が壊れる、ヒナが落ちるなどのトラブルが発生した場合は、自然のままに任せるか、適切な介入をするかの判断が求められます。巣が落ちた場合、代用の箱を用意するなどの対応が可能です。また、カラスや蛇などの天敵からツバメを保護するための対策も考慮すると良いでしょう。フンの適切な処理を行うことも、外敵の寄り付きを防ぐ効果があります。

 

 

 

まとめ:ツバメの巣作りの時期を把握して、彼らの到来を準備しよう!

この記事では、ツバメの巣作りに関する重要なポイントを総合的に紹介しました。巣作りの最適な時期、活動時間帯、所要期間、ツバメが好む巣作りの場所の特徴、さらに巣作りを助ける方法などについて詳しく解説しました。

 

ツバメの巣は一部の人には敬遠されがちですが、縁起が良いとも言われています。もし自宅の軒下などでツバメが巣作りを始めたら、できるだけ温かい目で見守り、彼らの生活を尊重してあげましょう。ツバメの巣作りの時期を理解し、彼らがやってくるのを心待ちにしていると、春の訪れがより一層楽しみになるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました