PR

熊野大社と熊野本宮大社の違いは何?どっちから行くべき?

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

熊野大社と熊野本宮大社について、違いは何でしょうか?

熊野大社は全国に広く存在し、似た名前の熊野本宮大社も存在します。

この記事では、熊野大社と熊野本宮大社の違いについて調査しました。

熊野本宮大社と全国の熊野神社の違い

熊野本宮大社:信仰の核心

熊野本宮大社は、日本全土に広がる4700社以上の熊野神社の中心に位置します。この神社は熊野三山の一つで、本宮、速玉、那智大社が同じ神様を祀るものの、それぞれが異なる場所に存在しています。

全国に存在する熊野大社

日本には二つの「熊野大社」があります。一つは島根県出雲國一宮に、もう一つは山形県南陽市に位置しています。

熊野神社の広がり

日本中に散らばる熊野神社は、熊野三山からの勧請を受けた神社です。これらの神社の中でも熊野本宮大社は特に重要で、熊野信仰の中心地としての役割を担っています。

熊野本宮大社を中心に、熊野神社や熊野大社が全国に広がることは、神道の信仰の深さと多様性を示しています。

 

熊野本宮大社と熊野那智大社はどちらに行くのがよい?

熊野三山とは、熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉神社の三つの神社を指します。通常、これらの神社はすべて参拝することが推奨されていますが、もし一つだけ選ぶなら、熊野那智大社が特におすすめです。理由は、那智の滝や青岸渡寺、歴史ある熊野古道など、自然と文化の豊かな景観が楽しめるからです。

移動の所要時間とおすすめルート

熊野本宮大社から熊野那智大社までは車で約30分です。那智大社から熊野速玉神社へも、さらに速玉神社から熊野本宮大社へもそれぞれ約30分の距離にあります。

三社を巡る最良のルート

三社全てを巡拝する場合、最適なルートは出発地点によって変わります。例えば大阪からであれば、熊野速水大社→熊野那智大社→熊野本宮大社の順序が便利です。名古屋からであれば、熊野本宮大社→熊野那智大社→熊野速玉神社の順になります。空港からバスを利用する際は、熊野速玉大社→熊野那智大社→熊野本宮大社が良いでしょう。

各神社へのアクセス方法

熊野本宮大社へは熊野駅からバスで約25分、熊野速玉大社は新宮駅から徒歩20分の距離にあります。熊野那智神社へは紀伊勝浦駅からバスで35分で到達可能です。途中、熊野古道のバス停から那智の滝へ向かう道があります。

 

スポンサーリンク

熊野神社がたくさんある理由

 

熊野神社は、そのルーツを熊野三山の伝統と深く結びつけています。これらの神社は、もともと熊野三山からの神々の威光を日本全国に拡散する目的で設けられました。

かつて、熊野三山へ遠くからの参拝は大変な労力を要したため、多くの人々は自分たちの地域で熊野の神々を祀ることを望みました。こうした希望に応える形で、熊野神社は徐々に日本全土に広まり始めたのです。

現代では、熊野神社は秋田県から沖縄県にかけて、国内各地に3,000社以上が建立されています。これほど広範囲に渡る熊野神社の存在は、熊野信仰が日本のあちこちに深く根ざしていることを物語っています。

 

まとめ

これまで、熊野大社と熊野本宮大社の違いについて説明しました。

簡単に言えば、熊野本宮大社は全国に存在する4700以上の熊野神社の総本山です。

タイトルとURLをコピーしました