PR

コオロギの鳴き声の擬音とは?虫の鳴き声の擬音を集めてみました!

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

秋の深まりと共に、虫のさえずりが耳に心地よく響きます。秋を代表する虫と言えば、やはりコオロギを思い浮かべる方が多いでしょう。

さて、コオロギが発する鳴き声の擬音はどのようなものでしょうか?実は「コロコロ」と表現されることが多いんです。

そして、コオロギ以外にも秋に活動する虫たちは、それぞれユニークな声を持っています。今回は、そんな秋の虫たちの声を擬音を使って紹介します。

秋の虫たちの鳴き声を知ることで、秋の夜長がより豊かな時間になることでしょう。それでは、秋の虫たちの擬音を楽しんでみましょう。

 

コオロギの美しい鳴き声:その生成方法と特徴

コオロギは、キリギリス科に属し、体長が1〜4cmの小さな茶褐色の虫で、日本にはエンマコオロギやタンボコオロギなど、様々な種が存在しています。

 

コオロギの鳴き声の擬音

この虫たちの鳴き声は、その美しさで広く知られており、「コロコロコロ…」という擬音が一般的に使われます。また、「リリリリ」や「キチキチキチ」といった他の表現もあり、種によって異なる鳴き声を持っていますが、「コロコロ」が最も分かりやすい音とされています。

 

特に成虫のオスは、メスに対する求愛や他のオスとの領域争いの際に「コロコロ」と鳴くのが特徴です。また、コオロギたちはこの鳴き声を使って仲間同士でコミュニケーションをとることもあります。彼らは声帯ではなく、ギザギザの羽を擦り合わせることで音を出しています。

コオロギの鳴き声 こおろぎの鳴き声 虫の声
こおろぎの鳴き声エンマコオロギ#こおろぎ #コオロギ #バッタ

コオロギの鳴き声を聞けるのはいつ?

コオロギは5月頃に孵化し、8月に成虫になると、しっかりとした鳴き声を発するようになります。しかし、彼らの寿命は2〜3ヶ月程度と短く、主に8〜11月が鳴き声を聴くことができる時期です。涼しい夕方から夜にかけて活発に鳴きますが、寿命の終わりに近づくと、羽の摩耗により鳴き声が弱まることがあります。

 

コオロギの短い生涯と美しい鳴き声を思い浮かべると、秋の夜にその声に耳を傾けるのがより心地よい体験となるでしょう。

 

スポンサーリンク

秋の夜長を彩る虫の声:擬音で感じる自然のハーモニー

秋が深まるにつれて、虫たちの鳴き声が風情を増します。まるで童謡「虫のこえ」の世界のように、コオロギだけでなく、多種多様な虫たちが美しい旋律を奏でています。これらの虫たちの鳴き声の擬音や特徴を詳しく知ることは少ないかもしれませんが、それぞれの声には独自の魅力があります。子どもたちと一緒に、これらの虫の声を学ぶのも楽しいでしょう。

スズムシの鳴き声:

スズムシは涼しげな「リーン、リーン」という音色で知られ、オスが羽をこすり合わせてメスにアピールします。一人ぼっちの時は「リーリーリー」と異なる音を出すことも。8月から10月の夕方や夜によく聞こえます。

鈴虫(スズムシ)の鳴き声
有限会社グレンデルのライブラリーとして撮影進行中のスズムシからの抜粋です

キリギリスの鳴き声:

5~6cmの大きさを持つキリギリスは、長い触覚と足が特徴です。その鳴き声は「ギィーッチョン」と表現され、オスが羽をこすり合わせることで鳴きます。7月から9月にかけて、昼夜を問わず鳴くため、時にはうるさいと感じられることも。

キリギリスの鳴き声
2018/08/20 兵庫県神戸市

カンタンの鳴き声:

「ルルルルル」と静かに鳴くカンタンは、約1.5cmの小さな虫です。羽が透明で見つけにくいものの、湿った場所によく生息しています。夏の終わりから晩秋にかけて鳴くことが多いですが、神経質なため、人が近づくとすぐに静かになります。

カンタン 鳴き声
カンタンの鳴き声を撮りました、鳴いているところは、撮れませんでした・・・姿を見つけるのも、簡単ではないもので。。。2013/9/28 撮影音楽は、『甘茶の音楽工房』さんから、お借りしました。 てっちゃんワールド

マツムシの鳴き声:

2~4cmほどのマツムシは、薄茶色で活発な動きが特徴です。昔はスズムシと名前が逆だったとも言われており、「ピリリリ」という鋭い高音で鳴きます。その声は9月から11月の涼しい時期によく聞かれます。

これらの虫の声を通じて、秋の夜長をより深く感じることができるでしょう。

マツムシ(松虫)秋の鳴く虫

 

まとめ

秋の虫の声は、その美しい鳴き声で私たちに季節の移ろいを教えてくれます。特に「コオロギの鳴き声を擬音でどう表すか」という疑問をきっかけに、今回は秋の虫たちの声を紹介しました。

コオロギは、8月から11月の夕方から夜にかけて、「コロコロ」という美しい鳴き声で知られています。この鳴き声はオスがメスを引き付けるために、自身の羽をこすり合わせて発しています。

さらに、秋の虫たちには様々な鳴き声があります。例えば、スズムシは涼やかな「リーンリーン」という音で、キリギリスは特徴的な「ギーッチョン」という音を発します。カンタンは静かな「ルルルルル」で、マツムシは鋭い「ピリリリ」という音で鳴きます。

今年の秋は、虫の声に耳を傾けながら、それぞれの虫がどのような鳴き声を発しているのかを探ってみるのも楽しいかもしれません。秋の夜長に、自然の豊かなハーモニーを感じてみてください。

タイトルとURLをコピーしました