PR

ダウンジャケットの季節、いつから? 気温別着こなしガイド&選び方のポイント紹介!

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

冷え込みが増すと、街中でダウンジャケットをまとう人の姿が目立ち始めます。豊富なデザインと、中には羽毛や中綿が詰まった暖かいアイテムが揃っており、寒さのレベルや環境に合わせて自由に選べるのが魅力的です。

 

では、ダウンの羽織り時は具体的にいつからが適切なのでしょうか。この疑問は意外と共通しており、皆がどの時期に切り替えるか悩む点ですよね。

 

この記事では、ダウンを取り入れるべき気温と、それぞれの素材の特徴や違いについて丁寧に説明していきますから、新しいダウンの購入を検討中の方や、毎年「いつダウンを着ればいいか」で頭を抱える方も、ぜひ最後までご覧になって、これからの選択の参考にしてください。

ダウンジャケット適切着用の温度はいくつ?熱保持の仕組み

寒さが忍び寄る時期、多くの人々がダウンジャケットをどうして選ぶのでしょうか?日々の生活に溶け込んだファッションとして、秋冬季にはダウンジャケットが人気ですが、このアイテムが提供する暖かさの秘密を完全に理解している人は数少ないかもしれません。

 

ダウンというのは、水鳥の保護羽毛であり、コットンボールのような形状をしていて非常に柔らかいです。この柔らかさは、植物の綿毛に例えられることがありますが、その秘密は羽根の中心軸が無いことにあります。大量の空気を含みやすい構造のため、断熱性が極めて高くなっています。その結果、閉じ込められた空気が保温層として機能するわけです。

 

軽さと保温性を兼ね備えたダウンジャケットは、そうした特性によって暖かさを提供します。そして、羽毛の保温だけでなく、湿気を調節する吸放湿性も特筆すべきポイントです。寒い時期、暖かい室内で過ごす際に発した汗を効果的に処理してくれるのです。

 

ダウンの量や色なども品質と外見に影響し、豊富なバリエーションの中で価格や品質が変わってきます。そうしたダウンは、驚くほど限られた量しか得られないため、価値のある素材として扱われています。

 

ダウンに加えて、「フェザー」という素材が良く使われます。フェザーは水鳥の外側の羽で、弾力があって通気性が良いものの、ダウンと比較するとそこまでの保温性はありません。

 

また「中綿」という、化学繊維により生成されたダウンの代用品についても知っておくと良いでしょう。湿気耐性に優れ経済性にも優れた中綿は、カジュアルな利用に便利です。

 

こうしてダウン、フェザー、中綿の三つの異なる素材をご紹介しました。各々で保温性能と軽量性が異なりますので、ダウンジャケットを手に取る時はタグの素材比率をぜひ確認し、寒さを乗り切るための選択をしましょう。

ダウンジャケットはいつ取り入れる?

肌寒さが感じ始める時期、ダウンジャケットをどのタイミングで手に入れるべきか、多くの人が疑問に思うことでしょう。所定の温度を目安に適切な時を見極めましょう。つまり、日中の気温が13度以下に落ち着く時がそのサインですね。14度程度だとダウンを着るには温か過ぎるかもしれませんし、これから寒くなる時期に向けての体の適応も念頭に置くべきです。13度以上ならジャケットやコートの出番です。また、マフラーやストールは朝夕の冷え込み対策にも重宝します。首に暖かさを与えれば、体全体も寒さを感じにくくなります。

 

さぁ、日中最高気温が13度を切る時期は一体いつなのでしょうか。地域によって差があるものの、概ね札幌なら11月から4月、東京・名古屋・大阪・福岡では12月から2月頃が目安になります。寒さが増してくれば、ダウンジャケットの出番も増えることでしょう。気温を目安にすれば、着用を開始するタイミングが見えてきます。

 

スポンサーリンク

ダウンジャケットの適切な気温とは?

 

ダウンジャケットをいつから取り入れるか、その疑問にお答えしましたが、種類に応じた最良の時を見極めることが肝心です。ライトダウンのような薄型のものは、季節の変わり目に気軽に着れる一方、冬の寒さではより温かいダウンが役立ちます。また、春の始まりでも、変わりやすい天気にフィットするアイテムとして機能します。

 

暑さ寒さも彼岸までとは言いますが、ダウンジャケットの適用範囲はそれに準じます。街中での移動が多い方や温度差の大きい環境では、着脱が簡単な薄手タイプが便利ですし、外での時間が長い方は保温性の高い厚手のダウンがオススメです。気温に応じた柔軟な選択が可能なダウンは、秋冬必須のアイテムです。自分にとって最良のダウンを見つけ、冬の準備をしましょう。

 

まとめ

ダウンジャケットというと、詰め物の種類にダウン、フェザー、合成繊維などがあり、それぞれ特徴が異なります。ダウンジャケットを衣類に加える適切な時期は、1日の最高気温が13度以下になる頃ですね。日本国内でいうと、概ね12月から2月の間が着用に適しているとされています。薄手から厚手まで種類が豊富なので、ご自身がどの気候でどんなシーンに使いたいかに応じてセレクトが可能です。この記事ではダウンジャケットの着用開始温度や、様々なタイプをご紹介してきました。

 

気温を判断基準とするのも一つの方法ですし、それぞれの状況や必要性に合わせて選択するのも良いでしょう。今年初めてのダウンジャケット購入を検討中の方や、どんなスタイルにするかお悩みの方にも、この内容が役立てば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました