PR

祭る/祀るの違いの違いは何?「まつり」の語源から探るから徹底考察!

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

最近、多くの人が御朱印帳を持って神社やお寺を訪れるようになり、これらの場所が日常生活により身近に感じられるようになっています。神社を訪れると、なんとなくパワーを感じるのは不思議な感覚ですね。

神社には多くの神様が祀られていますが、それに関連して「祭る」と「祀る」の二つの言葉があり、これらの違いについて疑問を持つ人もいるかもしれません。

実は、現代ではこれらの言葉は同じ意味として扱われることが多いですが、歴史を振り返ると、異なる意味で使われていた時期もあります。「祭る」という言葉は元々葬儀を意味し、現代のお盆に関連していました。一方、「祀る」は神様への祈りや儀式を指し、厄除けなどに使われていました。

しかし、時が経つにつれて、これらの言葉は再び一つの言葉として統合されることになりました。

この記事では、「祭る」と「祀る」の違いや、それぞれの語源について詳しく解説しています。この情報が、あなたの疑問を解消する助けになれば幸いです。

 

「祭る」と「祀る」の違い

古代日本において、「祭る」と「祀る」は神様を奉る行為やその儀式に関連して、同じ意味で使用されていました。しかし、中国から漢字が伝わってくると、これらの言葉はさらに細分化され、「祭る」と「祀る」に分けられるようになりました。

『祭る』は、命や魂、霊を慰めることを指し、元々は葬儀のことを意味していました。現代では、お盆の行事がこの「祭る」に該当します。

一方で『祀る』は、神様への祈りや儀式を指し、現在で言えば神職が行う祈祷などがこれに当たります。身近な例では、地鎮祭やお宮参り、厄除けなどの祈願があります。

ただし、「祀」は常用漢字ではないため、公式な文書では「祭」に統一されることが多いです。広辞苑などの辞書でも、これらは一括りにされており、現代では両語を区別して使う必要は特にありません。

古い言葉を引き継いでいる神社などでは「祀る」という表現が使われることがあり、これは伝統を守る意味合いがあるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

「まつり」の語源について:複数の説を探る

「まつり」の語源に関しては、複数の説が存在し、どれが絶対的に正しいというものはありません。この記事では、その中から特に代表的な2つの説をご紹介します。

物を献上する意味の「まつる」から派生:

「まつる」という言葉にはいくつかの意味がありますが、「奉る」「献る」といった言葉は、貴族や神様など目上の人に対して何かを差し上げる、すなわち奉ることを意味します。これが神様に何かを捧げる行為と結びつき、神事に関連する言葉として使われるようになりました。そこから派生し、「祭る」「祀る」といった言葉が生まれ、それぞれ独自の意味を持つようになったとされています。

古来の祭事や神事の言葉から変化:

古代の祭事や神事においては、「待つ」「順う(まつろう)」「参る」といった言葉が使われていました。これらは「神が下りてくるのを待つ」、「神様に付き従う」、「神様の側にいて祭りに参加する」といった意味合いで用いられていました。この「まつ」「まつろう」「まいる」が時間を経て変化し、現代の「まつり」という言葉になったと考えられています。

これらの説を通じて、「まつり」の語源が多様であることが理解されます。この背景には、日本の長い歴史と文化の深さが反映されていると言えるでしょう。

まとめ

流行語というものがあるように、言葉は時代によって変化し続けるものです。昔広く使われていた言葉が使われなくなることは、時に寂しさを感じさせます。しかし、その一方で、伝統を重んじる神社が古い言葉を守り続けていることもあります。

特に、神社を訪れる際には、「まつる」という言葉がどのように用いられているのか注目してみるのも興味深いでしょう。この言葉の使われ方一つを見るだけでも、その神社の歴史や文化に対する姿勢が垣間見えるかもしれません。言葉の変遷を通して、日本の文化や伝統がいかに受け継がれてきたかを感じ取ることができます。

タイトルとURLをコピーしました