PR

厳しい寒さの季節にふさわしい挨拶と結びの言葉:「寒さ厳しき折」の意味と使用タイミング

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

「寒さ厳しき折」や「寒さ厳しき折柄」の意味について、そしていつ、どのような場面で使うのか、具体的な月や例文とともにご説明します。この表現は、寒い時期に相手に対する思いやりを表す時候の挨拶として使用されます。「折」と「折柄」の意味、それを活用した文書の書き出しや結びの文例を、明確に理解しやすい形でお伝えします。これを読めば、寒い季節の挨拶や手紙に使う際の疑問が解消されるでしょう。

冬の挨拶「寒さ厳しき折」と「寒さ厳しき折柄」の使い方と意味

「寒さ厳しき折」という言葉は、どんな意味を持ち、いつ使うのでしょうか。このフレーズは、二十四節気の一つ「立冬」から「立春」にかけての冬の期間に使われる、季節を感じさせる挨拶です。二十四節気は、春分を基点に1年を24に分けた古代中国の季節の基準です。

手紙やはがきでの「時候の挨拶」では、このような季語を用いるのが一般的です。「寒さ厳しき折」は直訳で「寒さが厳しい時期」という意味を持ち、季節や時節を指す「折」という言葉が用いられています。普段の会話で「折を見て伺います」という表現にも使われます。

「寒さ厳しき折柄」は、この「折」を強調する表現で、「折から」を漢字で表したものです。「柄」という接尾語は、状況や性質を表す際に使われ、例えば「場所柄」や「仕事柄」といった使い方をします。「寒さ厳しき折柄」は「寒さ厳しき折」と同様の意味ですが、「寒さ厳しき」をより強調するニュアンスを持っています。

「寒さ厳しき折」「寒さ厳しき折柄」の使用時期とその意味

「寒さ厳しき折」「寒さ厳しき折柄」の使用時期については、厳密な規定はありませんが、一般的には12月からの使用が適しています。立冬(11月7日頃)を過ぎると暦上は冬となりますが、11月初旬はまだ秋の感覚が残り、冬の訪れを実感するには早いことが多いです。この時期を「初冬」と称します。

暦上の冬は、「初冬」「仲冬」「晩冬」の三冬に分類されます。これらはそれぞれ陰暦の10・11・12月に相当し、二十四節気に基づいて以下のように区分されます。

  • 初冬:立冬から大雪の前日まで
  • 仲冬:大雪から小寒の前日まで
  • 晩冬:小寒から立春の前日まで

この三冬の中で、特に「寒さ厳しき折」と感じるのは、仲冬から晩冬の時期です。この頃には冬型の気圧配置が定着し、日本海側で雪が降ることも増え、体感的にも寒さが深まります。

したがって、「寒さ厳しき折」は12月から立春の前日(2月4日頃)までが最も適しています。立春を迎えると、暦の上では春になるため、この言葉を使うのはそれ以降では不適切になります。

スポンサーリンク

冬の時候の挨拶「寒さ厳しき折」の活用法と例文集

「寒さ厳しき折」は、時候の挨拶として手紙などで使われるフレーズです。この表現は、主に相手に対する思いやりや気遣いを伝える際に活用されます。手紙の書き出しや結びに用いられることが多く、以下はその使用例です。

書き出しの例:

  • 「寒さ厳しき折、いかがお過ごしですか」
  • 「寒さ厳しき折、皆様にはお元気にてお過ごしでしょうか」
  • 「寒さ厳しき折、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」
  • 「寒さ厳しき折、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます」
  • 「寒さ厳しき折、皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます」

結びの例:

  • 「寒さ厳しき折、お風邪など召しませぬようお気を付けください」
  • 「寒さ厳しき折、ご自愛下さい」
  • 「寒さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいませ」
  • 「寒さ厳しき折、一層ご自愛のほどお祈り申し上げます」
  • 「寒さ厳しき折、皆様どうぞご自愛の上お過ごしください」

「寒さ厳しき折」は、冬の季節感を反映した言葉遣いであり、相手への配慮と敬意を示すのに適しています。また、「寒さ厳しき折柄」という表現も同じ文脈で使われることがあります。これらの言葉を使うことで、手紙やメッセージがより丁寧で心温まるものになるでしょう。

 

「寒さ厳しき折」って何?いつ使うべき?敬意ある挨拶と締めの一例20選まとめ!

 

「寒さ厳しき折(さむさきびしきおり)」と「寒さ厳しき折柄(さむさきびしきおりから)」は、同じ意味を表します。

 

「厳しい寒さが訪れました」 「極寒の季節になりましたが」 というような文脈で利用することができます。

 

「寒さ厳しき折」のフレーズは、主に12月から「立春」(だいたい2月4日前後)の直前までの期間に使われます。

 

手紙やメッセージで「時候の挨拶」として用いる際には、 『相手の感情を思いやる形』 で表されます。

 

「寒さ厳しき折」は文の始めにも、結びの言葉にも使えます。

 

時候の挨拶は、季節の変化を示すだけでなく、相手の健康への配慮も含めた意味合いになります。

 

堅苦しい相手や、親しい人へ向ける書き方は、提供した例文を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました