PR

スキーウェアがない場合の雪遊び対策、適切な服装(インナー)と必要なアイテムは?

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

お子様が雪遊びを計画しているが、スキーウェアが手元にない場合、どう対応すれば良いのでしょうか?

 

毎年数回しか利用しないスキーウェアを購入するのは無駄だと感じるのは自然なことです。

 

そんな状況下でも、すでにお持ちの服で十分対応可能です。

 

したがって、今回はスキーウェアの代わりにどのような服装で雪遊びを楽しむべきかについて詳しく説明します。

 

 雪遊びには専用ウェアが必要か?

年に数度の雪遊びなら、高価なスキーウェアを用意する必要はないかもしれません。特に子どもの場合、短時間の遊びであれば、家にある服で代用可能です。サイズアウトの心配も少なく、経済的です。それでは、どのような服が適しているか見てみましょう。

家庭で見つける代用アウター

・防風性ウィンドブレーカー

・ナイロン製パーカー

・撥水レインウェア

風を防ぐウィンドブレーカーやナイロンパーカーは、軽量で扱いやすく、撥水生地であれば蒸れにくいというメリットがあります。防水スプレーの使用で、さらに雪から身を守れます。一方、防水性の高いレインウェアは水を通さないメリットがありますが、通気性が劣るので蒸れやすい点に注意が必要です。

 適切なボトムスの選び方

雪の上で遊ぶ子どもには、撥水加工されたポリエステルパンツが適しています。防水スプレーをかけることで、さらに効果が高まります。撥水パンツがない場合は、動きやすい普段着のパンツの上にレインウェアを履くのも一つの方法です。

 雪遊びに最適なインナーの選び方

雪遊びでは、重ね着が肝心です。アウターの下には適切なインナーとトップスを着用しましょう。

インナー選びのポイント

雪遊び中は意外にも汗をかくもの。そのため、保温性の高いインナーや綿素材は避け、速乾性のあるポリエステル製のインナーを選ぶと良いでしょう。これにより、汗で濡れても快適に過ごせます。

 適切なトップスの選択

ミドルレイヤーとして、汗処理や保湿機能のあるトップスを選ぶと便利です。普段着のトレーナーも使えますが、フリースや薄手のダウンジャケットなどが、体温調節を容易にします。気温が高い日は、フリースを脱ぐなどして適切に体温を調整することが重要です。

雪遊びの必需品:小物編

雪遊びを楽しむ際、アウターやボトムスだけでなく、以下のような小物も準備しましょう。

・長靴

雪遊びには必須です。足が濡れると寒さが増すため、スノーブーツが理想的。通常の長靴を使う場合は、防寒対策として厚手の靴下と中敷きを利用します。

・手袋

濡れにくい手袋が適しています。毛糸製は避け、防水性の高いスキー手袋を用意しましょう。子ども用には着脱しやすいミトンタイプがお勧めです。

・帽子

寒さを防ぐために帽子は必須。フリース素材は濡れても乾きやすく、耳を覆うタイプがさらに暖かいです。

・ネックウォーマー

首元を暖かく保つために、長いマフラーよりネックウォーマーが便利です。

長靴から雪の侵入を防ぐ方法

雪遊び中、長靴に雪が入ると寒くなりがち。雪よけの足カバーが効果的です。足カバーがない場合は、レインウェアの裾を長靴の外に出し、ゴムバンドで固定すると良いでしょう。

スポンサーリンク

 雪遊び用の着替えの準備

雪遊びでは、濡れる可能性が高いので、着替えを十分に準備します。服、下着、靴下などは2セットあると安心です。もし持ち運びに制限がある場合は、少なくとも1セットは用意しておきましょう。

雪遊びで役立つその他のアイテム

・日焼け止め:

雪の反射による日焼けを防ぎます。

・ティッシュ&タオル:

鼻水対策に。

・ゴミ袋&濡れた服用の袋:

使い終わったティッシュや濡れた服を入れるのに便利。

・小銭入れ&保険証:

緊急時に備えて。

・遊び道具:

例えばお砂場セットなど。

・飲み物&おやつ:

体力回復に。

まとめ

 

子どもの雪遊びのためには、手持ちのウィンドブレーカー等でスキーウェアの代用が可能です。

 

頻繁に遊ぶようになったり、遊ぶ時間が長くなる場合には、スキーウェアを購入する選択肢を考慮してみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました