PR

バリ島にはもう行かない人が多い?バリ島の魅力と留意点:物価、治安、セブ島との違いを徹底解説!

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

バリ島は非常に人気のあるリゾート地です。多くの人が一度は訪れてみたいと思うでしょう。しかし、実際にどうなのか気になりますよね。今回は、私たちが3泊5日でバリ島を訪れ、その魅力と留意点について詳しく紹介します。物価や治安、そしてセブ島との違いについても説明しますので、バリ島旅行の際の参考にしてください。

バリ島の魅力と特徴

バリ島は、インドネシアに位置し、約430万人の人々が生活している魅力的なリゾート地です。この島は、東南アジア特有の豊かな歴史を有し、多くの観光客に愛されています。

東京からバリ島までの距離は、直行便で約7時間半の飛行時間を要し、約5500km離れています。日本との時差は僅か1時間であり、時差ボケの心配がほぼないため、日本国内の友人とのコミュニケーションも容易です。

バリ島は一年を通して温暖な気候が特徴で、日本の夏期に似た天候です。したがって、夏服だけで十分ですが、時には気候が不安定になることがあり、急なスコールや雨季の湿気には注意が必要です。晴天の日は日差しが強いため、日焼け止めやラッシュガードの準備をお勧めします。

セブ島についてはこちら

セブ島にもう二度と行かない理由について徹底考察!治安やwifi環境、物価、日差しなども問題?
セブ島への旅行は多くの人にとって魅力的ですが、中には「二度と訪れたくない」と感じる人もいます。 私も最近セブ島を訪れたばかりで、そこで感じた不満点を率直に共有したいと思います。 日本と比べて異なる環境がセブ島にはあり、一方で魅力的な点も多い...

バリ島への旅行についての注意点

バリ島への旅行を検討する際に考慮すべきいくつかの要因を挙げてみましょう。

・環境の側面

バリ島の環境は日本と比較して劣っている点が見られます。例えば、高級ホテルの外側では、路上で商売をする人や放浪する犬が見られることがあります。また、地元の子供たちが観光客から食べ物やお金を求める光景も珍しくありません。

・治安の状況

バリ島の治安は完全ではありません。タクシー利用時は、ブルーバードタクシーなど信頼できる業者を選ぶことが大切です。言葉が通じないことから、過剰な料金を要求されるケースもあります。

・物価の実情

かつては低かったバリ島の物価が上昇しており、現在では日本と比べても格安とは言えなくなっています。地元のマーケットでは野菜や果物が安く手に入りますが、一般的な商品は日本と同様の価格帯です。

・フライト時間に関して

バリ島へのフライト時間は約7時間30分と、ハワイ行きと同等です。経済的な観点からマレーシア経由のルートを選ぶ旅行者も多く、その場合全体の移動時間はさらに延びることがあります。長い移動時間が苦手な方は、バリ島旅行の計画を見直すことをお勧めします。

スポンサーリンク

バリ島とセブ島の特徴と違い

バリ島とセブ島はどちらも人気の高い旅行先ですが、それぞれに独自の魅力と特徴があります。私は両島を訪問した経験があり、その体験から両島の異なる点について詳しくご紹介します。

以下に、私の体験をもとに作成したバリ島とセブ島の比較表を示します。

 

バリ島はインドネシアに、セブ島はフィリピンに位置します。バリ島へは約7時間半、セブ島へは約5時間のフライトが必要で、セブ島の方が日本からのアクセスが良いです。

海の美しさに関しては、私個人の感想として、セブ島の海がよりクリアで美しいと感じました。

治安に関しては、バリ島の方が比較的良好で、セブ島では街中での売り込みや声掛けに注意が必要です。

交通手段については、どちらの島にも電車は運行しておらず、主にタクシーや配車アプリ「grab」を利用します。私自身も「grab」を利用しましたが、非常に便利でした。

食事面では、バリ島とセブ島の間に大きな差は感じませんでしたが、セブ島の料理はやや味付けが濃い傾向にありました。

全体として、バリ島は文化的な体験を求める旅行者に、セブ島はビーチリゾートを楽しみたい旅行者に適しています。

セブ島についてはこちら

セブ島にもう二度と行かない理由について徹底考察!治安やwifi環境、物価、日差しなども問題?
セブ島への旅行は多くの人にとって魅力的ですが、中には「二度と訪れたくない」と感じる人もいます。 私も最近セブ島を訪れたばかりで、そこで感じた不満点を率直に共有したいと思います。 日本と比べて異なる環境がセブ島にはあり、一方で魅力的な点も多い...

バリ島旅行の際の留意点

バリ島への旅行を計画する際に注意すべき点もいくつかあります。

多くの旅行情報サイトでは、主にポジティブな面が取り上げられますが、実際の旅行では良い点だけでなく、注意すべき点も把握しておくことが大切です。

・食事について

高級レストランでは美味しい料理を楽しめますが、地域によっては衛生状態が懸念される場合があります。特に路面店などの低価格の飲食店では衛生面での問題が発生しやすいため、注意が必要です。

・外出時の対策

バリ島の市街地では、路上で商品を売る人々や野良犬が多く見られます。観光雑誌に掲載される美しい海岸とは異なり、一部の地域ではスラム街のような雰囲気を感じることもあります。

・スリへの対策

バリ島ではスリのリスクが日本よりも高く、貴重品の管理には特に注意を払う必要があります。安全性を重視する場合、旅行の計画を見直すことも一つの選択肢です。

関連記事:スリ対策にはカバンの選び方が重要です。

海外で安心して使えるバッグの選び方:リュックはスリのリスクがある?
海外旅行は魅力的ですが、日本とは異なり治安の面で懸念する点もありますね。特にスリや置き引きのような問題は頭に入れておく必要があり、持ち物を安全に保つことが大切です。 リュックサックを背負うと、荷物が背中側にくるため、気が付かないうちに物を盗...

まとめ

バリ島は行かないほうがいいのか? という疑問に対して、注意点やセブ島との違いなど、さまざまな情報を提供しました。しかし、バリ島について悩む人々もいます。日本と比べると治安の悪さや環境への懸念があるため、どこが良いのか分からないと感じることもあるでしょう。

バリ島を訪れる際には、東南アジアの国としての特性を理解しておくことが重要です。マイナスな側面もあることを予備知識として持つことで、実際に訪れてみて「予想よりも酷くなかった」という印象を持つこともできます。したがって、懸念事項を調査しておくことは、バリ島旅行を検討する際に役立つでしょう。

セブ島についてはこちら

セブ島にもう二度と行かない理由について徹底考察!治安やwifi環境、物価、日差しなども問題?
セブ島への旅行は多くの人にとって魅力的ですが、中には「二度と訪れたくない」と感じる人もいます。 私も最近セブ島を訪れたばかりで、そこで感じた不満点を率直に共有したいと思います。 日本と比べて異なる環境がセブ島にはあり、一方で魅力的な点も多い...
タイトルとURLをコピーしました