PR

深夜バスでのミス!目的地を寝過ごし…その時どうする?運転手の反応と予防策

99:雑記・その他
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

長時間バスに揺られながら、いつの間にか夢の中。気がつけば、行き過ぎていた…そんな心配、ありますよね?

どれだけ気を付けていても、ふとした瞬間に睡魔が勝ってしまうことってあります。

電車や市内バスと違って、夜行バスでは寝過ごすと大問題。今回は、そんな時の対策と予防法をお伝えします。

夜行バスで寝過ごし!次はどうする?

夜行バスで目的地を通り過ぎたら、誰も起こしてはくれません。特に、一人で乗っている場合は注意が必要です。ある日、目覚めたら終点だったということも。

こんな話もありますよ。
「まさかの県外へ!こんな時、迎えを頼むわけにもいきませんよね。」

降りるべき場所でまだ寝ていたら、運転手はどう対応するのでしょうか?

運転手はどう対応する?

運転手は基本的に、乗客が寝ていることに気を配ることはありません。アナウンスを聞いて、自分で降りるタイミングを見計らう必要があります。

ただ、夜行バスには乗客リストがあり、予定の降車地に達したら声をかけてくれる運転手もいるかもしれません。

でも、それに期待するのは避けたほうがいいですよ。

終点で運転手に声をかけられることもあるでしょうが、自己管理は大切です。

寝過ごしの料金、どうなる?

寝過ごしてしまった区間の料金は、支払う必要があります。

夜行バスは、乗る前に目的地までの料金を支払うのが普通ですので、寝過ごした場合は、差額を降車時に払います。

ただし、寝過ごした区間の料金が変わらなければ、追加で払う必要はありません。

夜行バス利用時は、もしものことを考えて、少し余分にお金を持っておくと安心ですね。

寝過ごしたらどうする?

万が一寝過ごしてしまったら、落ち着いて次の停車場で降りましょう。

その時は、運転手に事情を話し、もし必要なら追加料金を支払います。そして、どこで降りるか、しっかりと確認してくださいね。

降りた後は、できれば近くの交通機関を利用して目的地に戻ります。でも、夜行バスは深夜に運行していることが多く、その時間帯は交通機関が動いていないこともあります。

そんな時は、タクシーに乗るのが一案です。見知らぬ土地でも、タクシーの運転手なら、目的地までしっかり案内してくれるはずです。

寒い時期の寝過ごしは特に注意してください。降りる場所によっては暖をとれないところもあり、命にかかわります。

 

スポンサーリンク

夜行バスでのうたた寝、その理由とは?

夜行バスで目的地を過ぎてしまうことはよくある話です。その原因は何でしょうか?さっそく探ってみましょう。

●快適な車内環境が眠りを誘う

車内の適温や空調の心地よさが、ぐっすり眠ってしまう大きな要因です。人は暖かい環境に身を置くとリラックスし、自然と眠気が増します。

冬にストーブで暖をとりながら、ついウトウトしてしまった経験はありませんか?バスの中でも同じように、快適な環境は眠りを深める原因になります。

●揺れるバスが「揺りかご」状態に

バスのリズミカルな揺れは、人を安心させる効果があります。子どもを寝かしつける時に揺りかごを使ったり、軽くたたいてあげたりするのと同じ理由です。ハンモックのような揺れによって、人はリラックスして眠りやすくなるのです。

個人的にも、電車やバスの揺れによってすぐに眠れるタイプです。一度、揺れるバスの中で寝落ちし、立ったまま軽く膝が折れてしまったことがありましたよ。

●視覚と聴覚の遮断

夜遅くに移動する際、多くの乗客は快適に過ごしたい一心で、耳栓やアイマスクを使うことがあります。便利なこれらのアイテムですが、乗り物の停止や乗客の動きなどの変化に気づきにくくなり、寝過ごしのリスクを高めます。

特に耳を塞いでしまうと、運転手のアナウンスを聞き逃すことも。完全に視覚と聴覚を遮断するのは控えた方が良いでしょう。

●アルコールの影響

お酒を飲んでリラックスしたいと考える方もいるでしょうが、飲酒は寝過ごしのリスクを格段に上げます。深い眠りについてしまったり、意識があっても集中力が散漫になりがちです。

また、乗り物酔いやいびきの原因になることもありますし、時にはアルコールの匂いが車内に広がることも。注意が必要です。

飲み過ぎには注意しましょう。

特にストロングは寝過ごしのリスクを大幅にあげると思います。

心配ならば、ノンアル、炭酸水にしておきましょう。

夜行バスでの寝過ごし防止策

原因を知った上で、寝過ごしを防ぐ方法を考えてみましょう。

●スマホアプリとイヤホンの賢い活用

スマホの目覚まし機能は有効ですが、公共の場では音を鳴らすわけにはいきません。そこで役立つのが、目的地が近づいたら教えてくれるアプリ。イヤホンを使用していれば、他の乗客を気にせずに済みます。

アプリによっては、スヌーズ機能や徐々に音量を上げる設定もあり、再度寝入るのを防ぐのに役立ちます。iPhoneやAndroidのストアでさまざまなアプリが提供されていますから、選択肢は豊富です。

●スマホのバイブ機能を活用

バイブ機能だけを使えば、音漏れの心配もなく、指定した時間に気づけるようになります。ポケットなど、身体に触れる場所にスマホを入れておくと、バイブによる振動を直接感じられます。

●座席選びでリスクマネジメント

バスの前方座席を選ぶのも一つの手です。運転手の近くにいれば、アナウンスを聞き逃しにくいですし、前のガラス越しに外の状況がわかりやすいです。乗降口に近いので、他の乗客の動きに気づきやすいというメリットもあります。前方が埋まっていたら、窓際の席がおすすめです。朝の光で目覚めやすくなります。

●意識的に起きるための行動

集中して何か作業をすることも、眠気を避ける一つの方法です。読書やゲーム、動画視聴など、Wi-Fiが使えるバスならなおさら楽しめます。Wi-Fiが利用できない場合も、事前にダウンロードしたコンテンツを楽しめます。

●眠らないことを選択

寝てしまうと起きられないという人は、眠らないことを選ぶのも手です。ガムや清涼感のあるタブレットを口にする、冷たい飲み物を飲むなどして、眠気を飛ばしましょう。特にガムは脳を活性化させるので、眠気対策に効果的です。

まとめ

今回は夜行バスでの寝過ごしの原因と防止策についてご紹介しました。大切なのは、自分で起きる意識を持つことと、寝過ごした際には追加料金がかかることを理解しておくことです。

 

また、心地よい車内環境やアルコールなどが寝過ごしを招く原因になることも覚えておきましょう。

そして、スマホのアプリやバイブ機能の活用、座席選び、集中して作業をすること、または眠らない選択をすることが、寝過ごしを防ぐ対策となります。

これらの対策を講じて、もし寝過ごしても冷静に対応できる準備をしておきましょう。

安心して夜行バスを利用できるようになることを願っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。次の旅も快適なものになりますように。

タイトルとURLをコピーしました