PR

夜泣きしない赤ちゃんの理由とは?その違いに迫る!

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

親にとっての初めての育児の挑戦が「夜泣き」。

夜泣きによる睡眠不足は育児の大きな負担となりますが、仕事や家事は待ってくれません。

「赤ちゃんが夜泣きしなければどれだけ楽だろう」と考えるのは、どの親も共感するところでしょう。

多くの人は夜泣きを赤ちゃんの普通の行動と思っていますが、実は夜泣きしない赤ちゃんもいるんです。

夜泣きしない赤ちゃんの特徴を知ることで、夜泣きへの対策に役立つ可能性があります。

そこで、夜泣きの原因や夜泣きしない赤ちゃんの特徴、そして夜泣きへの効果的な対処法をご紹介します。

穏やかな夜を取り戻すために、一緒に解明してみましょう!

夜泣きの本質って?

夜泣きとは、生後6ヶ月から1歳半頃の赤ちゃんが、夜間に特定の理由なく泣くことを指します。

赤ちゃんが夜に泣く理由は、まだ明確にはわかっていません。

主な説としては、赤ちゃんの脳の発達が完全でなく、大人のような睡眠サイクルがまだ確立していないため、浅い睡眠に陥りやすいとされています。

このことが、スムーズに眠れないストレスの原因となり、泣いてしまうと考えられています。

その他、頻繁に空腹を感じたり、昼夜の区別がつかないための混乱なども原因として挙げられます。

大人でも疲れているのに眠れないときはイライラしますよね。

大人なら様々なリラックス方法を試せますが、自分で対処できない赤ちゃんは泣くことしかできません。

夜泣きしない赤ちゃんの特徴とは何か?

ママ友や先輩ママたちの間で聞くと、 「うちの子は夜泣きしなかった」という声がたまに聞かれます。

夜泣きの経験がある親からすると、 「本当にそんな子がいるの?」と驚き、羨ましく思うことでしょう。

しかし、実際に夜泣きしない赤ちゃんが存在することは、事実です。

そこで気になるのは、「夜泣きしない赤ちゃんってどんな子?」「うちの子と何が違うの?」ということ。

医学的には、「このタイプの子は夜泣きしない」という明確な特徴はありませんが、 仮説レベルでいくつかの特徴が考えられています。

寝かしつけ方などではなく、赤ちゃん自身の特性や環境が関係していると言われています。

それでは、夜泣きしない赤ちゃんの特徴を見ていきましょう。

・男の子の方が夜泣きしないとされる理由

夜泣きしない赤ちゃんの中で、男の子が女の子より多いという話があります。 女の子の方が脳の発達が早く、リアルな夢を見ることが原因かもしれません。

大人でも、リアルな夢で夜中に目が覚めることがあります。 女の子の赤ちゃんも、リアルな夢で目を覚ます可能性があるのです。

・ベビー布団で寝る赤ちゃんが夜泣きしない?

ベビーベッドよりベビー布団で寝る赤ちゃんの方が、夜泣きしにくいという説もあります。 ベビーベッドだと四方が柵に囲まれ、夜中に目覚めた際に孤独感を感じやすいのかもしれません。

・穏やかな性格の赤ちゃんは夜泣きしにくい?

赤ちゃんにもさまざまな性格があります。 寂しがり屋や泣き虫な赤ちゃんもいれば、鈍感であまり動じない赤ちゃんもいます。

これは赤ちゃんの性格が夜泣きに関係している可能性を示唆しています。

・ミルク育児の赤ちゃんは夜泣きしにくい?

ミルク育児の方が腹持ちが良いため、夜中に空腹で泣くことが少ないとされています。 ただし、ミルクも母乳に近づいているため、これは一概には言えないかもしれません。

スポンサーリンク

夜泣きをしない赤ちゃんの特質を理解しよう

夜泣きをしない赤ちゃんの特徴を知ることで、様々な対策を試すことができます。これにより、夜泣きが大幅に減少する可能性があります。しかし、それでも夜泣きが改善されない場合は、効果的に対処することが重要です。

歴史を通じて、私たちの先祖たちは多様な方法を試みてきました。21世紀に入っても、これらの試みは続いています。

夜泣きしない子の特徴を知っても、実際には、限られた方法しか試せないこともあります。また、一つの方法が特定の赤ちゃんに効果的でも、別の赤ちゃんには効果がないこともあります。

100%の解決策は存在しないことを受け入れる

重要なのは、夜泣きを完全に防ぐ方法は存在しないということを認めることです。また、夜泣きが起こるのは、親の対応が不十分だからではありません。

この理解をもとに、効果的な対処法をご紹介します。

・抱っこによる安心感

赤ちゃんが泣いている場合、まずは抱っこして慰めることが大切です。不安や孤独感が原因の場合、抱っこで泣き止むことが多いです。しかし、布団に戻すとまた泣き始めることもあります。長時間抱っこするのは大変ですが、抱っこひもやスリングが役立ちます。特にスリングは、多くの赤ちゃんが寝やすいと言われています。

・癒しの音を聞かせる

オルゴールやベッドメリー、リラックスできる音楽を聞かせると、赤ちゃんが落ち着いて眠ることがあります。昔のテレビの砂嵐の音のような「ホワイトノイズ」も効果的です。これらの音はインターネットで簡単に見つけることができます。

・起こしてみる試み

不眠症の対策としても知られていますが、眠れないときは無理に寝ようとせず、一度起こしてみるのも一つの方法です。心配する必要はありません。赤ちゃんの成長に悪影響を与えたり、夜更かしの習慣をつけることはありません。少し遊ばせて疲れさせると、ぐっすり眠ることがあります。

まとめ

大人であろうとも、夜が更けて周りの灯りが一つずつ消え、静寂がすべてを覆い始めると、何となく孤独を感じてしまう時、心にふと不安が湧いてくること、ありますよね。大人がそう感じるのですから、赤ちゃんにとってはその感覚がもっと強烈なのかもしれませんね。

 

成長する赤ちゃんにとって、お父さんやお母さんはまさに世界のすべて。だから、夜中にぐっすり眠りについたとき、親がそばにいない孤独を感じて涙することもあるんです。

 

このことを考えれば、「泣くのはなぜ?」と感じる苛立ちも少しは和らぐかもしれませんね。

 

昼間の忙しい仕事の後には夜泣きの対応も本当に大変。ですが、上手に休息を取ったり気分転換をしたりして、その困難な夜泣きの期間を乗り切っていただきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました