PR

マンションの住まい心地を左右するイスの音、どう感じますか?注意はちょっと待った!

99:雑記・その他
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

日常では、いろんな音が耳に入ってきますよね。

外の喧噪だけではなく、マンション内でも隣の部屋から漏れ聞こえる音が気になることがあります。

 

特に不快に感じる音は、ストレスの原因になります。

たとえば、イスを床に引きずった時のガリガリとした音がそうです。

 

このようなイスの引きずる音に、マンションで悩まされているという話はよく耳にしますが、それに対して注意をするのはどうなのでしょうか?

 

この記事では、そんな疑問を解明していきます。

 

イスのガリガリ音、マンションでは気になる存在?

 

私たちのまわりには常に様々な音が満ちています。

車の往来や子どもたちの元気な声など、外の音はもちろんのこと、

 

マンション内では、隣人の生活音や話し声も耳に入ることがあります。

ささいな音であれば気にならないかもしれませんが、中には心を乱す音も存在します。

 

静かに過ごしたい時に、足音や物を引きずる音が響くと、心穏やかでいられなくなります。

その中でも、イスの引きずる音は特に耳につきやすいですね。

マンションでは、この音がどれほど迷惑視されているのでしょうか?

 

実は、イスの引きずる音は、多くの人にとってはかなり厄介な存在です。

音には「固体音」と「空気音」の二つのタイプがあります。

固有音

例えば、何かを床に落とした時に生じる音は固体音。

 

空気音

そして、子供が走り回ることで起こる振動が床や壁を通して伝わる音は空気音に分類されます。

空気音は振動も伴うため、より不快に感じることが多いんです。

 

イスを引きずる時の音も、この空気音の一つであり、振動を伴うため、特に下の階には大きな影響を与えることが考えられます。

だからこそ、イスの引きずる音は、マンションでは迷惑な音と感じられることが多いでしょう。

 

実際に、住民からは

「よく聞こえてストレスが溜まる」
「急に聞こえると驚く」
「ちょっとした工夫で防げるはずなのに、どうしてしないのか」

といった声が上がっています。

 

 

マンションでのイスの鳴り声、対処法は?

マンションでイスを引きずる時の音、気になりますよね。この音に対してどのように対応すれば良いのでしょうか。

身近な問題としてよく耳にするイスの引きずり音。それについて指摘すべきかどうかは、住人にとって悩ましい問題です。

イスの引きずり音が気がかりなら、沈黙を守るよりもコミュニケーションを取ることが望ましいです。

ただし、直接の対話が近隣住民との間にわだかまりを生じさせる可能性もあるため、慎重さが求められます。

もし直接話すことに躊躇がある場合は、騒音の当事者にメモを渡すか、手紙を使う方法も有効です。

自らが直接伝えるのが難しいと感じる時には、管理者やオーナーへの相談も考えてみましょう。

また、「ただ声をかけて様子を見ている」とポジティブに捉える住民もいます。このような考え方をすることで、ストレスを感じることが少なくなるかもしれません。

ただし、この方法が万人にフィットするわけではないため、問題がある場合は、積極的に解決を図ることを推奨します。

 

スポンサーリンク

マンション生活で迷惑になる他の音

もちろん、マンションでは他にも様々な音が迷惑と感じられることがありますよ。

たとえば、深夜や早朝の洗濯機の稼働音、掃除機の音、ホームシアターや音楽の大音量での再生、足音、ドアのバタンと閉まる音、ペットの鳴き声や走り回る音などが挙げられます。

 

これらの音は、隣接する部屋だけでなく、上下階にも影響を及ぼすことがあり、住民間のトラブルの原因となることが少なくありません。

 

また、調理中のフライパンでの炒める音や食器を洗う音など、日常生活において自然に発生する音でも、静かに過ごしたい人にとっては気になることがあるでしょう。

 

マンションでは壁が薄いことが多く、また建物自体が音を伝えやすい構造であることも多いため、生活音が互いに影響し合うことは避けられない側面があります。ですので、お互いに配慮し合い、できるだけ静かに過ごすことが大切ですね。

 

夜間や早朝の作業は控える、防音対策を施す、床にカーペットを敷くなど、少しの心遣いで快適な共同生活が送れるようになるはずです。お互いに思いやりを持って、快適なマンションライフを目指しましょう。

 

迷惑な音を出さないための工夫

迷惑な音を出さないためにはいくつかの工夫ができます。以下に具体的な方法をいくつか示しますね。

1. イスの足にフェルトや専用のカバーをつける

イスを動かす時の音を軽減するためには、イスの足にフェルトなどの素材を貼り付けるか、市販されているイス用の静音カバーを使用すると良いでしょう。

2. 床にカーペットやラグを敷く

床全体にカーペットやラグを敷くことで、イスを引きずった時の音や、物を落とした時の衝撃音を吸収できます。

3. 生活音に気をつける

特に夜間や早朝は静かに行動するよう心掛けましょう。洗濯機や掃除機などは日中に使用する、テレビや音楽のボリュームは控えめにするなどが考えられます。

4. 防音対策を施す

防音シートや防音カーテンを使用して、音が外に漏れるのを防ぐことも一つの方法です。また、防音性の高いインテリアを選ぶことも有効です。

5. 家具の配置を工夫する

壁際に家具を配置することで、音が直接隣の部屋に伝わりにくくなります。

6. ペットの管理を徹底する

ペットが走り回る音や鳴き声も注意が必要です。ペット用の遊び場を設けたり、夜間は静かに過ごすようにトレーニングすることも大切です。

7. 挨拶やコミュニケーションを大切にする

日頃から近隣とのコミュニケーションを大切にし、相互理解を深めることで、万が一音が問題になった時にも話し合いやすくなります。

8. 定期的に自分の生活音をチェックする

自分が発している音がどれくらいの大きさなのか、時々チェックすることも重要です。自己認識が低いと、思わぬ大きな音を出していることがあります。

これらの工夫をすることで、快適なマンションライフを送るための一歩となり、お互いに気持ちよく過ごせる環境を作ることができるでしょう。

 

まとめ

 

音には「固体音」と「空気音」があり、イスの引きずり音は振動を伴う「空気音」に分類されます。この種の音は多くの人が不快に感じるため、マンションではしばしば問題になります。

イスの引きずり音に対しては、それを無視するという方法もありますが、それが全ての人にとって実行可能なわけではありません。そのため、問題を防ぐためにも、注意を促すことがストレスなく生活するための一つの方法です。直接対話することもできれば、オーナーや管理者に介入を求めることも可能です。

いずれにしても、近隣住民との関係を大切にしながら、適切な対処をすることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました