PR

コース料理でのパンおかわり、皆はどこまで?食べる量についてのアンケートと節度を守る人の考え方

99:雑記・その他
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

結婚式の披露宴や洗練されたフレンチレストランでのコース料理。そこで出されるパン、おかわりは自由だってご存知でしたか?

食べ放題だけど、実際にはどのくらい食べてる?という疑問を持つ方も多いはず。食べるのを控えるべきだという人たちの考えも含め、みんなの実情を調べてみました。

高級ホテルやレストランで、どのくらいパンをおかわりするものなのか、ガッツリ派と控えめ派の意見を集めつつ、パンをおかわりする際の注意点も押さえておきましょう。

パンのおかわり、コース料理ではどうする?

コース料理とセットで出されるパンは、原則としておかわり自由です。

初めにテーブルに並べられたり、スープと一緒にサーブされることもありますよね。

パンがなくなれば、ウェイターが「もう少しいかがですか?」と声をかけてくれます。もちろん、自分からおかわりをお願いすることもマナーに反しません。

カジュアルな店舗なら特に気にすることはありませんが、格式ばった場所なら「いつ食べるか」の作法が大切です。

パンはコースの間に味をリセットするためのものですから、前菜やスープと一緒に味わうのが通例。料理を食べている最中にパンを挟むのは避け、料理の合間に食べるのがマナーとされています。

それでも、格式を重んじる場所でなければ、ルールを気にせずにいる人も少なくないですよ。

例えば、友人の結婚式などでは、美味しい食事と周りの人たちとの会話を楽しむことが何よりも大切です。

コース料理のパン、実際のおかわり数は?

「おかわり自由」となれば、たくさん食べないと損かもしれませんが、実際のところ他の人はどれぐらい食べてるんでしょう。

私はだいたい5個かな。

私は9個ぐらいですね。

実は10個も食べちゃいました。

調査結果によると、10個前後を食べる方が結構いるそうです。カジュアルなレストランではメインの料理が一皿だけで終わることも多く、10個以上食べる方も珍しくありません。

しかし、ホテルの結婚式やちょっと格式のあるレストランでは、コースの途中でお腹がいっぱいになってしまうことも多く、そうなるとそれほど多くは食べられませんよね。

コース料理でのパンは、あくまでサポート役。メイン料理をより美味しく感じられるよう、お腹と相談しながら、食べる量を決めるのがベストです。

 

スポンサーリンク

適度なパンのおかわりの境界線とは?自制心を持つ人の考え方

自由におかわりできるけれど、少なめにしている人の存在もあって、どこまでが適切か迷いがち。

おかわりを控える理由とは何なのでしょうか?他人の目はどの程度影響するのでしょうか?

パンを控える人々の考えには、以下のようなものがあります。

「メインディッシュを存分に味わうため」

コース料理はそれぞれの皿が精緻に作られており魅力的。しかし、コースをじっくり楽しむうちにお腹がいっぱいになることも。そのため、パンは食べたいけれども、メインのお料理をしっかりと堪能するために、最大でも2個に抑えている人が多いです。

「コースの流れの中でのタイミング」

フランス料理のエチケットを尊重するなら、コースの途中で口直しとしてパンを食べることになります。ソルベなど他の口直しを提供された場合は、それがパンの代わりになることもあります。

前菜からスープ、魚料理、肉料理へと続く中で、パンを食べるタイミングは自然と限定されます。多くのコースを扱う場合でも、5個までが適量といえるでしょう。

「周囲の視線を意識して」

ウェイターの対応も様々ですが、多彩なコースが特徴のホテルや高級レストランでは、お腹が満たされてしまいパンを多く食べられないケースが多いです。おかわりをたくさんすると珍しがられる可能性もあるので、他人の目を意識して適度な数、例えば3~4個に留めるのが無難です。

まとめ

レストランやホテルのコース料理では、パンのおかわりは基本的には自由にできます。

しかし、コース料理のボリュームを考慮すると、どのくらい食べられるかを見極め、お腹と相談しながらおかわりを決めることが大事です。

格式を重んじる場では、3~4個のおかわりが妥当とされていますが、10個以上食べる人もいます。マナーはその場の雰囲気や共に食事する人々の様子によって変わるものですので、状況に応じて基本的なマナーを守りつつ、何よりも食事を楽しむことを心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました