学生証の代わりになるものを3つ紹介!使えない場所や学割についても解説!
PR

学生証の代わりになるものを3つ紹介!使えない場所や学割についても解説!

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

たとえばカラオケや映画観賞、新幹線の利用時に割引を享受するため、学生であることを証明する必要がある場合がありますね。学生証はその際に必要な身分証明書です。

だけど、時にこんな事態が起こるかもしれません。

「学生証、どこかに置き忘れたかも」

「家に置いてきちゃったよ」

「他にも何か証明できるものはないのかな?」

こんな風に困ってしまうこともありますよね。

今回は、そんな時のために、学生証の代役となる身分証明書をご紹介します。これからの話がお役に立てば幸いです。

学生証の代替となる身分証明書

学生証の代替として認められる証明書は、「自分が学生であること、そして現在学校に通っていること」を示せるものです。

それでは、どんな証明書がこれらの要件をクリアできるのでしょうか。主に以下の3つが挙げられます。

通学用の定期券 健康保険証 生徒手帳 ただし、これらが全ての状況で学生証として機能するわけではありません。それぞれについて詳しい説明をしていきましょう。

●通学用の定期券

 

学生証に代わる最適な証明書として推奨されるのが、通学用の定期券です。

この定期券は学生でなければ購入できないため、持っていること自体が学生である証明になるのです。

そのため、多くの場合で通学用の定期券は学生証として受け入れられます。

ただし、一部の場合では「学生証以外は受け付けない」という規定がある場所もありますので、そういった場合は注意が必要です。

●健康保険証

 

健康保険証も、状況によっては学生証の代わりになり得ます。

ただし、健康保険証には年齢しか記載されておらず、直接的に学生であることを証明する情報は含まれていません。16歳や17歳の人が全員学生であるとは限らないためです。

それでも、その年代の多くの人が学校に通っていると想定されるため、健康保険証をもって学生証として扱ってくれることもあります。

しかし、通常は学生証を持参する人がほとんどなので、

「学生証がないの?」

「それじゃあちょっと難しいね」

となることも少なくありません。

中学生に関しては義務教育の範囲内なので、12歳から15歳の人々は中学校に通っているとみなされ、高校生よりも健康保険証が学生証として受け入れられる確率は高くなります。しかし、やはり保険証だけでは十分とは言えない場合が多いです。

●生徒手帳

生徒手帳は、名称は異なるものの、学生証とほとんど同じ機能を果たします。

そのため、生徒手帳を持っていれば、学生証の代わりになることは間違いありません。また、生徒手帳を提示するよう求められた場合も、学生証で対応可能です。

学生証の代わりになるものが使えないときはある?

学生証がない時に役立つ代替品としては、公的な身分証明書(運転免許証やパスポート、マイナンバーカード等)、学校から発行される他の証明書、あるいは学生証の複製やデジタル画像などがあります。

しかし、これらの代替品が使えないケースも存在します。例を挙げると以下の通りです。

学校施設の利用に本物の学生証が求められる場合

図書館での本の借り出しなど、学生証を使ったサービスを利用する際に、正式な学生証が必要とされることがあります。

特殊機能が組み込まれた学生証が必要な場合

図書館の貸出機能や食堂での支払いに使う機能など、学生証自体に特別な機能が付いている場合、代替品ではその機能を使うことはできません。

公的または法的手続きで公式な身分証明が必要な場合

試験や契約など、公的機関が正規の身分証明を求めるケースでは、学生証以外のものは受け入れられない可能性があります。

学生証のコピーまたはデジタル画像が認められない場合

偽造防止のために、学生証のコピーまたは画像は使用できないことが多いです。

これらの状況を避けるためにも、代替品が適切かどうかは、使用する都度、確認することが大切です。不安な時は、事前に管理者や窓口への確認をおすすめします。

スポンサーリンク

代替の身分証明書でも学割は適用される?

場合によっては他の身分証明書でも学割が適用されることがあります。ただし、これは各サービスや店舗の方針によって異なりますし、学割を受けるためには「学生であること」を明確に証明する必要があります。

たとえば、公的な身分証明書に加えて、学校が発行する在籍証明書や、学生であることを示す書類があれば、学割が適用される場合があります。しかし、すべての場所やサービスで一律に他の身分証明書が認められるわけではありません。

学割を利用したい場合は、事前にそのサービスや店舗の学割の規定を確認することが重要です。また、不明点がある時は、直接そのサービスの提供者に問い合わせて確認するのが確実です。

時には学生証のみが唯一の証明として認められることもあるので、用意しておくと安心ですね。

まとめ

今回ご紹介した内容をまとめますと、

通学用の定期券は学生証の代替として最も信頼性が高い 健康保険証は必ずしも学生証の代わりとならず、確率も高くないので、他に手段がない時の最終手段として考えるべき 生徒手帳は学生証と同等なので、代替として問題なく使用可能

以上が、学生証の代わりになり得る身分証明書の概要です。

タイトルとURLをコピーしました