田舎から引っ越して来て1人暮らしする時の挨拶の時間はどうする?

2018年3月25日

これから新生活を送る学生さん、新社会人になる方は知ってほしい中の一つにお引越し
る際に知っておきたい社会的マナーです。

アパートの場合、隣人へのご挨拶は生活環境を知る手段としてはいい機会でありこれから住もうとする部屋での生活を左右する事でもあります。

また「引っ越し先へのご挨拶」「挨拶する時間帯」などの細かい点についても説明します。

スポンサーリンク

そもそも一人暮らしの時に挨拶はしたほうがいいの?

「引っ越し先へのご挨拶は絶対しないといけない」とは絶対に言えませんが隣人トラブル
やもめ事がもし起こった場合、隣人同士面識がないのは不味いですね。

挨拶の仕方の良い例として、軽く頭を下げ「お世話になります」と言えればそれで十分です。

菓子折りを持って行ったりするのは逆に相手側が恐縮させる結果になり、初対面の方にはどうしても手土産を渡したいときjはを手渡す場合は高価なものは極力避けてください。

また初対面の相手になれなれしく会話する事はNG、「親しくしたい」と言う素直な思いは裏返されて怪しく思われ手も仕方ありません。

節度ある行動と控えめな言動が隣人と仲良くやって行くコツ、隣人同士の関係を円滑に行う為にも引っ越し先の隣人には挨拶したほうがいいです

スポンサーリンク

引っ越しの挨拶するのならどの時間帯でいつまでにすればいい?

挨拶に行く時間帯も考慮すべき点、隣人の立場に立って考えない行動こそが災いをもたらすので、無礼極まりありません。

挨拶に行っても失礼ではない時間帯に行くべきです。

だから、「すみません隣に引っ越してきました者ですお時間よろしいですか?」と一言相手側に配慮した言葉を忘れないようにしましょう。

何度もドアフォンを鳴らす、一回でいいドアのノックを数回するなど相手側を不快にさせる行動をしてうまく挨拶ができるわけはありません。

挨拶をする時間帯で大事な点として食事される時間帯や来客中のご挨拶は避けましょう。

田舎と都会の近所付き合いの違いって分かりますか?

人と付き合う上で大事なのが挨拶です。

田舎での近所付き合い

その挨拶の考え方について田舎と都会では随分捉え方自体がかわっています、田舎の人にとって挨拶は呼吸と同じように日々行っています。

そのような対応ができる事でることで年上の方への挨拶の方法や挨拶することで相手側の気持ちに立って配慮する事ができるようになるのです。

近所の方の挨拶の声が小さいと「今日は疲れているのか」と気使う事ができます。田舎ではそのようなご近所付き合いが行われています。

都会での近所付き合い

一方、都会での挨拶は田舎の方と比べて重く考えられてなく、人同士が挨拶をしない代わり
にSNSがその役割を果たすようになり現実社会の「近所付き合い」は無くなっていき、
ネットの社会でのご近所付き合いが活発になります。

都会での挨拶は田舎の方と比べて重く考えられていません。

人同士が挨拶をしない代わりにSNSがその役割を果たすようになり現実社会の「近所付き合い」は無くなっていき、ネットの社会での交流ばかりになってしまうのが実情です。

まとめ

これから新たな生活をされる方に知ってほしい「引っ越しの挨拶」についてのマナーについ
て詳しく説目できたと思いますが、簡単なようで非常に神経をとがらせる部分が多い事
に驚かれた方もいらっしゃるでしょう。

相手側を思い図ることができる挨拶を心掛け、新たの引っ越し先で人間関係を作る為にもその際の挨拶は忘れてはおけないと思います。

引っ越し先で人間関係を作る為にもその際の挨拶は忘れてはいけないと思います。

確か私も慌ただしくアパートに一人住まいをした経験があります。誰にも頼らず一人で引
っ越しを済まそうとしていました。

その時、要領が悪い私に「寒いでしょ温まっていきなさい」と優しく声かけてくれたのは大家さんでした。

人と触れずに生きて行ける現代社会、引っ越し後に挨拶する習慣はもしかしたら古いのかもしれませんね。

ネット社会になったからこそ対面のコミュニケーションが苦手だったり、できない人が増えているので、引っ越しをした時には挨拶をするのは無理がないならばしたほうがいいんじゃないかなと思いました。

ネットはあくまでも便利なツールです。

ネット社会になっても方法が変わっただけで人と人との関わりは変わりませんので。

円滑な人間関係を保つのには挨拶の重要性は揺るがなく普遍的なものだと思います。