太ももの太い男の特徴とパンツ・ズボンの選び方とおすすめ5選

2018年1月19日

あなたのその太い太ももは、スポーツで鍛えた太ももですか?

指で押すと、ブヨ~ンとゴムの様に弾力のある、ただ太いだけの太ももではないですか?

太ももが太くなると、今まで履けていたズボンが履けなくなったり、短足にも見えますよね。

ファッションにも気を使っていることと思います。

あなたに、太ももの太い男の人の特徴とパンツ・ズボンの選び方について、

お知らせします。

スポンサーリンク

 太ももの太い男の5つの特徴

太ももの太い男性の特徴として以下の5つが考えられます。

1:体のバランスが良くない男性

2:筋肉が付きすぎている男性

3: 足がむくみやすい男性

4: 体が歪(ゆが)んでいる男性

5: 足を組む癖のある男性

これから1つずつ分かりやすく説明していきます。

1.体のバランスが良くない男性

重心が偏(かたよ)っていると全身のバランスが悪くなります。

そうすると、それを補おうと、脚の筋肉を使ってしまいます。

筋肉を使うことによって、脚が太くなると考えられています。

2.筋肉が付きすぎている男性

二つ目が筋肉が付きすぎている男性です。

運動するためには下半身の筋力の強化が必要です。

長年下半身の筋肉を、意識的につけるという習慣を続けてきていた結果、太ももが太くなってしまったのです。

筋トレだけの運動をしていた男性は、間違いなく太ももが太っています。

筋肉は使わなければ衰えていきます。

筋肉は使わないと、筋肉と脂肪が合わさって硬い脂肪になります。

筋肉の衰えにも関わらず、運動していた時と同じように食事を摂っていれば、それは、もちろん脂肪になっていきます。

見た目は筋肉のように見えますが、それは脂肪です。

そのことに気が付かずにいると、太ももはみるみる太くなる一方です。

3.足がむくみやすい男性

三つ目が、足がむくみやすい男性です。

一日中立ち仕事や、すわり仕事など同じ姿勢を続けていると、脚にむくみが起こります。

これは、老廃物が体の外に排出されないためです。

このむくみによって、足が太くなります。

4.体が歪(ゆが)んでいる男性

四つ目として身体が歪んでいる男性です。

体の歪みによって、それをカバーするために筋肉が変な付き方をしたり、筋肉を必要以上に使って、太ももが太くなってしまいます。

これは、毎日の立ち方や歩き方に悪い癖のある男性です。

悪い癖の姿勢や歩き方を毎日続けていれば、体全体の歪みを生じてきます。

5.足を組む癖のある男性

五つ目が足を組む癖のある男性です。

「足を組む」という動作は、体を歪ませます

体の歪みによって、筋肉が変な付き方をしてしまいます。

さらに、足を組むと血行が悪くなり下半身のむくみにも繋(つな)がります。

同じ側の足を組んでいると、これもバランスが悪くなって足が太くなります。

太ももが太い原因と対策

1.太ももが太い原因

太ももが太くなる原因は、以下の4つがあります

 

・姿勢の悪さ

・脂肪(セルライト)

・むくみ

・筋肉

 

次に4つの原因に対する対策をそれぞれ書いていきます。

2.太ももが太いときの対策

太ももが太いときの対策として、次の5つの対策があります。

 

1.姿勢の悪さを治す

2.寝返りを打つ

3.脂肪(セルライト)」対策

4.「むくみ」対策

5.「筋肉」対策

 

それでは、1つずつみていきましょう。

1.姿勢の悪さを治す

まず「姿勢の悪さ」を治すには、正しい座り方をすることです。

坐骨で座るということが、正しい姿勢を作るうえで大変重要なことです。

姿勢が悪くなる原因は、骨盤が前後にずれると、背骨や頭部でバランスを取ろうとするためなのです。

坐骨で座る方法は、坐骨が椅子の座面に当たるようにして座ります。

この時、猫背にならないように、骨盤をしっかりと意識して立てるようにしてください。

正しく座るために重要なポイントが3つあります。

それは
耳たぶのやや後ろ

肩の上腕骨のやや後ろ側

坐骨です。

これらが直線上にあることが、正しい姿勢の条件だと言われています。

そして正しい歩き方をマスターしましょう。

一般的にいわれている正しい歩き方は、

①目線は真っ直ぐに10m先を見る
②あごを引く
③胸を張り肩を下げる
④上に引っ張られるイメージで
⑤二本の直線の上を歩くイメージで
⑥歩幅は大きく
⑦足はカカトからつま先へ降ろす
⑧腕を振る

といわれています。

上記の8点について注意して歩いてみましょう。

いきなり完璧にするのは難しいので、少しずつ意識してやるといいですよ。

少しずつ意識してやることにより習慣化して自然にできるようになります。

毎日少しずつやり潜在意識に働きかけて習慣化するのです。

習慣化できればこちらのものです。

2.寝返りを打つ

そして寝返りを打つことです。

どんな人でも一晩に20回以上の寝返りをするということです。

寝返りは、あなたの身体にとって大変重要な事なのですよ。

寝返りによって、体内の血液やリンパ液の流れを良くしたり、体温の上昇を抑えているのです。

体が自然とおこなっているのですね。

さらに寝返りは骨や筋肉にとっても重要な動きなのです。

私たちの頭の重さは、体重の約10%といわれているほど、重いものです。

このため起きている間は、頭を支えるために背骨や関節などに負担を大きくかけています。

体を横にすることは、重力がかるくなって、日中起こっていた体の歪みなどを調整する働きがあるそうです。

寝返りをしやすくするためには、自分に合った寝具を選ぶことです。

柔らかすぎると腰が沈み、固すぎると背骨が反ってしまいます。

このような寝具では寝返りが自由に打てません。

自由に寝返りが打てる寝具を選んでくださいね。

3.脂肪(セルライト)対策

次に「脂肪(セルライト)」対策です

太ももの脂肪をなくすのに一番いい方法は、マッサージだといわれています。

体を温めることがマッサージの効果を上げます。

体の芯から温まり、血流が良くなった入浴中や入浴後におこなってください。

血流が良くなったことで、老廃物や脂肪が分解されやすくなっています。

そして、生活習慣の中では、食事の際には糖質や脂肪を摂りすぎないこと。

・体を冷やさないこと。

・運動不足にならないこと

を心がけてください。

4.むくみ対策

続いて「むくみ」対策です。

むくみの対策には、毎日身体に溜まった毒素を出すために血行を改善することが必要です。

立ち仕事やデスクワークの方は、同じ姿勢で血行不良となるか傾向が強いので、常にふくらはぎや足先を動かすことを意識しておこなってください。

自宅に帰ってからは、脚上げやストレッチ・リンパマッサージなどをおこなってください。

また食生活では、塩分の取り過ぎはむくみの原因ですから、取りすぎないようにしてください。

足のむくみ解消に効果があるといわれている食品は、カリウムを多く含む食品といわれていますので、積極的に摂るようにしてください。

5.筋肉対策

最後に「筋肉」対策です。

太ももの筋肉には細くなる筋肉と太くなる筋肉があります

細くなる筋肉を鍛える事で、太ももの太りをとり、ヒップアップにも効果があります。

細くなる筋肉とは、太ももの裏側の筋肉「ハムストリングス」と太ももの内側の筋肉「内転筋」を指します。

内転筋を鍛えると、太ももの間に隙間ができて、太ももが細く見えます。

スポンサーリンク

太ももが太い男のパンツ・ズボンの選び方・買う場所

1.太ももが太い男のパンツ・ズボンの選び方

まず、太ももが太い男のパンツ・ズボンの選び方のポイントは、

①尻が大きめか

②自分に合った太ももの太さの物か

③股上が深めか

(股上が浅いと、大きめなお尻の部分にパンツのウェスト部分がくるので、サイズが上がって、シルエットが太くなるということがおこります。)

④色は濃い目を(色が薄いと太く見えます。それと、太もも部分の色落ち加工が激しすぎても同様に太く見えます。)

これらのポイントで、選ぶことです。

ラベルなどに「細め」・「太め」と表記されていても、そのパンツが必ずしも細く・太く履けるわけではありません。

ブランドによって、ウェストの形状は違います。

細め…と書いてあっても、表記の通り受け取ることなく、あなた自身のお尻・太ももにあった形を探してください。

必ず買う前に試着するようにしましょう。

試着は面倒くさいですが、買ってから後悔するよりはましなので確実にやりましょう。

という私も試着は面倒くさいので嫌いなんですけど。涙

2.太ももが太い男のパンツ・ズボンを買う場所

デニム生地に興味があれば、児島ジーンズという店がおすすめです。
http://eshop.kojima-genes.com/

ユニクロでも豊富な商品を取り揃えています。

通販では「楽天」「ニッセン」「ベルーナ」でも、太もも太めの商品を通販しています。

おすすめのパンツ・ズボンを5つ選んでみました

太ももが太い男性が、スキニーパンツを穿いて、違和感を感じるのは「太もも」や「お尻」の部分ですよね。

太ももやお尻がパンパンになって、人に見せることが恥ずかしくなりますよね

そう思っているあなたに、オススメしたいパンツ・ズボンを5つ選んでみました。
選んだパンツ・ズボンは次の5つです。

1: テーパードパンツ

2: 素材にこだわる

3: スラックスパンツ

4: ワイドパンツ

5: スウェットパンツ

それでは、一つずつ説明していきます。

1.テーパードパンツ

最初に紹介するのが「テーパードパンツ」です。

テーパードパンツとは、太ももやお尻部分はゆったりしており、足首に向かって細くなっていくデザインのことを指します。

テーパードパンツを使うことによって、足の太い部分を隠してスタイリッシュな着こなしを作ることができます。

2.素材にこだわる

2つ目が素材にこだわることです。

パンツを選ぶとき、固い素材のチノパン、デニム、ツイル系だと足の太さが強調されるし、穿いていてもきついです。

スーツ素材だとゆるさがあるので楽ですし、足の太さも隠すことができますよ。

3.スラックスパンツを選ぶ

3つ目がスラックスパンツを選ぶことです。

スラックスパンツは股の部分に余裕があります。

足の太さを隠すコーディネートが出来ます。

4.ワイドパンツを使う

4つ目がワイドパンツを使うことです。

足の太さを完全に隠すことができるのが、ワイドパンツです。

太さが気になる場合は、シルエットを引き締める効果のある「ブラック色」をと入れてくださいね。

また、「ブラック色」はたくさん使うことによって、シャープな印象を作れます。

5.スエットパンツを選ぶ

最後に「スウェットパンツ」を選ぶことです。

スウェットパンツは、吸汗性に優れた素材でゆったりとしていて作られたパンツです。

太ももの太い男性も楽に穿けます。

まとめ

パンツを選ぶとき、太ももが太くて困っている男性はとても多いです。

無理やり細いパンツ・ズボンをはくのではなく、自分の体にあったパンツ・ズボンを選んでください。