定形外の封筒,ダンボール,紙袋への正しい宛名の書き方 直接書いてはダメ?

皆さん、こんにちは。

風が暖かくなってきました。

毎年この季節になりますと必ず訪れてくるのが受験です。

高校受験や大学受験、ひょっとして中学受験をされる人もいるのではないでしょうか?

私も高校受験と大学受験を経験しましたが、今でも記憶に残っています。

大学は一人暮らしだったので、普通の生活というのもかなり大変で、親のありがたさを感じたのが大学時代です。

これから一人暮らしを始める人はたくさんいると思いますが、親孝行も忘れないでくださいね。

さて今日の話に入ります。

大学生活の時に、親から荷物を送られてくることがたくさんありました。

その時に、郵便物のうえに書いてある宛名に興味を持ちました。

わたいたち普段が書いている宛名は果たして正しいのでしょうか?

今日はその宛名について紹介します。

スポンサーリンク

1.そもそも定形外郵便とは何?

最初に紹介したいのは定形外郵便とはなんでしょうか?

私たちが送っている手紙や荷物、全て封筒に入れて出しています。

その荷物にはいろいろなものを入れて出します。

そんな中、定形外郵便とは危険物や生物、お金以外なら何でも送ることが出来る郵便のことです。

大きさは一辺の長さが60センチ以内で、縦、横、高さ合わせて90センチ以内となります。

重さは4キロまでで、料金は重さによって120~1150円の間で変わります。

つまり、普段私たちが送ってる荷物のほとんどが定形外郵便なのです。

スポンサーリンク

2.宛名の正しい書き方

次に宛名について紹介します。

宛名とは、手紙や荷物などを送る時、封筒などに書く送る相手の名前と住所のことを指しています。

宛名さえあれば、ほとんどの荷物は届きますが、正しく書かないと相手に失礼ですし、何より郵便局の人たちに迷惑かけることになります。

では、実際にはどう書けば良いのか見て見ましょう。

まず、切手は左上で、その横に郵便番号欄がありますので、郵便番号を書きます

次に一番右の数字の場所に合わせて、下に1文字開けて住所を書き始めます

ここで注意すべきなのは、縦書きであることなのです。

その左に、宛先の人の名前を書きます。

会社の方に送る際は、部署なども書いたほうがいいです。

さらに、名前を書く際は大きい文字で書くのが基本なので、そこも気をつけましょう。

和封筒の宛名は全部、縦書きで、住所から順に、右から真ん中に書きます。

真ん中に名前がくるのがベストなので、気をつけて書きましょう。

これは全部和封筒の書き方で、洋封筒の場合は、横書きになります。

3.宛名を直接かいてもいいのか?

では宛名を書く際によく考えることについて話します。

荷物を送る際に、宛名はどこに書けばいいのかに関して悩む人はよく見かけます。

確かに直接荷物の上に書けば便利ですし、間違いにくいのですが、輸送する途中で汚れたりすると嫌ですね。

逆にシールを貼り、その上に書くのも方法ですが、もしシールが何かの原因で剥がれてしまったら、荷物が届かない状況になりうる。

いずれにせよ、どっちにもメリットとデメリットがあります。

では一体どうすればよろしいのでしょうか?

実は、宛名は直接書いても大丈夫なのです。

先ほども言いましたが、住所と名前がはっきりしていれば、ほとんどの荷物は届きます。

ただ、せっかく正しい書き方を知ったので、ちゃんとしたシールを貼って、しっかりと宛名を書くのが良いでしょう。

今のシールは簡単には剥がれない作りになってますので、安心して貼っても大丈夫でしょう。

それに、郵便物を出す際は、郵便局の方もしっかりとチェックをしてくれますので、安心していいと思います。

どっちの方法を使っても、きちんと荷物を相手に送るのが目的なので、宛名を書く際は是非気をつけて、丁寧に書きましょう。

4.ラベルシールの簡単な作り方

今では、ハガキや荷物が家に届く時、ラベルシールが貼られている場合が多いと思います。

ネットで買い物をする時、ほとんどの荷物はラベルシールで届きます。

実際ラベルシールの方が今では便利だと考えられます。

では、宛名を書くためのシールの作り方を紹介します。

宛名シールを作る際はWordを使いますので、事前に準備しましょう。

Wordさえあれば、新規のファイルで、ラベルを選択し、相手の住所を入力するだけで結構です。

一つの住所をたくさん印刷するのもできますが、複数の住所のものを作ることもできます。

入力したら、書式の変更などの調整を行い、そのあと印刷を選択します。

シールの印刷はプリンタにシール用紙をセットする必要がありますので、そこも気をつけてください。

ちなみに、シールの作成は、会社の事業にも役にたちますので、是非やって見てください。

参考:

【エクセルとワードで年賀状!Part①】ハガキの宛名住所を自動で印刷

【エクセルとワードで年賀状!Part②】ハガキの宛名住所を自動で印刷

まとめ

いかがでしたか?

宛名は一見大したことないですが、その中の学問はかなり深いです。

必要の情報を全部書くのも当然大事なんですが、正しく書くことも非常に重要なのです。

特に会社を代表して書く場合、あるいは会社の人に送る場合は、正しく宛名を書くことは非常に重要なのです。

万が一間違いがあった場合、非常に失礼なことなので、くれぐれも気をつけてましょう。

では、また。