ゴールデンウィークGWは大阪に行こう!気候と服装を知らないと寒くてヤバイ!?

2018年4月20日

連休が近づいてきましたね。

せっかくの長めの連休だし「ゴールデンウィークはどこに行こう?」と考える機会も増える時期です。

国外もいいけど準備も大変だし、連休の終わり頃にはちょっとは休みたい…そんな風にも思いますよね。

そんな時、大阪なんていかがでしょうか?

ベタな観光スポットも多くあるし、「食い倒れ」なんて言われるくらい美味しいものもたくさん!

行ったことがある人もない人も、何度でも楽しめる場所だと私は思っています。

「せっかく行くんだからめいっぱい楽しみたい!」

そう思っているのに天候や気温で余計な荷物や出費は避けたいところ。

では!事前にゴールデンウィークの大阪の気候や準備しておきたい服装を調べておかないと!ということで、ゴールデンウィークの大阪はこんな感じってことを書きたいと思います。

スポンサーリンク

ゴールデンウィークの大阪の気温、どんな感じ?

今年のゴールデンウィークは4月28日~5月6日が一般的だそうです。

高気圧と低気圧が交互に通過することによって短い時間で天気が変わってしまうそうです。

なんと後半は低気圧や前線の影響を受けて強い雨が降る日がある、と言われています。

なんだか気候が安定しないようですね…。

気温は九州から東北では平年よりも少し高めの予想になっていて、薄着でも気持ち良い陽気になると予想されています。

晴れていれば半袖でも暑いかも?

スポンサーリンク

ゴールデンウィークに大阪に行く時の服装はこれでバッチリ!

大阪の予想気温は20~25度とやや高めの気温予想なので半袖に薄めの上着を羽織るくらいで丁度いい気がします。

日焼け予防でUVカットのオプション付きのカーディガンを準備しておけばオッケー!

小さなお子さんは帽子を被せて半袖で行けば元気いっぱい遊べる気温ですね!

お着替えの量も少なくて済むので、半袖半ズボンなら1組持ち歩いてあげられそうです。

ゴールデンウィークの後半に行く場合は、雨の心配もあるので折り畳み傘と防水加工がしてある靴、お子さんはカッパなどがあれば急な気候の変化にも対応できてより楽しめそうですね。

ゴールデンウィークに大阪に行くべき理由

ゴールデンウィークは毎年各地でたくさんのイベントをやっています。

大阪でパッと思い浮かぶ所といえば、やっぱり「USJ」なんじゃないでしょうか。

「あべのハルカス」の展望台からの景色も見てみたいし、「大阪城」みたいに歴史のある場所を巡るのも楽しそうで行きたくなりますよね!

アメリカ村で買い物もしたいし、道頓堀とかで食い倒れちゃうのもまた一興ですが、それ以外にもきっと楽しいイベントがあるはず。

そんな訳で大阪ではどんなイベントをやっているのか、少し調べてみました。

「ロハスフェスタ万博2018spring」 大阪府吹田市 万博記念公園

開催期間 → 1st week 4月20日~22日 2nd week 27日~30日 両日9時30分~16時30分

最近よく言われている「ロハス」にスポットを当てたイベントです。

手作りを主にした自然派な考えや健康的な食材を使った食べ物、エコを考えてエコバッグやマイ箸などを持参して行くこともこのイベントの特徴なんだそうです!

「ロハスって何だろう?」

そんな人たちにも、身近でできるロハスやエコを知ってもらうためのイベントで親子でも気軽にできるワークショップもあるみたいです。

地球温暖化だのなんだのと言われている昨今ですが、「ロハス」という聞きなれない言葉を体感するにはとってもいいイベントかも。

「こいのぼりフェスタ1000」 大阪府高槻市 芥川桜堤公園

開催期間 → 4月23日~5月5日 イベント開催日 → 4月29日 10時~16時

ゴールデンウィークにある1日、こどもの日のイベントです!

なんと1000匹ものこいのぼりが揚げられるんだそうです!

あ、圧巻…。

イベント開催日にはステージイベントもあって模擬店も並び、「お祭り!」って感じを味わえそうですね。

ただこのイベントは天気や河川状況によっては中止になる場合もあるそうなので、ぜひこの日は晴れてほしいと願っちゃいます。

他にも調べると外国人観光客の方々もたくさんいる大阪では多種多様に嗜好を凝らしたイベントが調べきれないくらいたくさん開催されています。

どのイベントに行っても楽しそうで選ぶのも大変でしたが、私はこの2つのイベントに行ってみたいな、と思いました。

皆さんはどんなイベントに行きますか?

考えるだでもウキウキしてしまいますね☆

まとめ

どうでしたか?

なんだか書いている内に私も大阪に行きたくなってしまいました。

気候や服装など、少しでも参考になればいいと思います。

大人旅の方も、お子様連れの方も、楽しくてハッピーな旅になるといいですね!