PR

【スクリーンの世界へ】映画館での上映前の時間配分は?タイミングを逃したら?

99:雑記・その他
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

昨今は映画を楽しむ手段が多様化していますね。

ストリーミングで家庭で楽しむ人が増えている一方で、やはり映画館の大画面と迫力のサウンドは格別な体験を提供してくれます。

仲間や恋人との映画鑑賞は、特別な日のイベントとしても人気ですよね!

しかし、普段あまり映画館に足を運ばないと、どのくらい前に到着すればいいのか気になるところです。

上映時間はチケットやウェブサイトに明記されていますが、いつから映画館に入れるのでしょうか?

待ち時間が長すぎても、急いで駆け込むのも避けたい。

そこでこの記事では、映画館での理想的な入場タイミングについて、役立つ情報を集めました!

さらには、映画館でのんびりと楽しむための、シチュエーション別の時間計画についても詳しくご紹介します。

急ぐことなく、リラックスして映画の世界に浸るための参考にしてくださいね!

映画館の入場タイミングは?各劇場の事情を探る

まずは映画館への入場タイミングのお話から。

上映開始のどれくらい前から劇場に入れるのか、主要な映画館チェーンごとに見てみました!

映画館ごとに見てみましょう。

・イオンシネマ

イオンシネマの公式情報では、具体的な入場時間は見つかりませんでしたが、通常は上映の10分~15分前には開場されることが多いです。

映画館のロビーで待機していれば、案内アナウンスがあるので、それに従って入場ゲートへ向かいましょう。

早朝の上映に関しては、イオンモール内のシネマの場合、モールの開店時間前に映画が始まることもあるため、モールから映画館へのアクセスルートが限られています。モールの開店前に映画館に向かう方法は、それぞれのシネマのウェブサイトで確認できます。余裕を持って出かけることをおすすめします。

・TOHOシネマズ

TOHOシネマズでは、上映の10分前からスクリーンへの入場が可能です。ただし、混雑状況によっては開場時間が前後することがありますので、ロビーでの混雑を避けるためにも早めの到着が望ましいでしょう。特別なイベント上映の場合は開場時間が変更されることもあるので、事前に確認が必要です。

・ユナイテッド・シネマ

ユナイテッド・シネマの場合も、公式情報では入場時間の詳細は不明ですが、他の多くの映画館と同様に、おそらく上映の10分~15分前には入場が開始されるでしょう。開場を待つ間は、ロビーでのアナウンスを耳に入れておきましょう。

・シネマサンシャイン

シネマサンシャインについても、公式には入場時間の記載がありませんでした。しかし、前の回の上映が終わってからの準備作業を考慮すると、上映の10分~15分前に開場されるのが一般的です。その間にスナックやトイレを済ませ、アナウンスを待ちましょう。

・109シネマズ

109シネマズでは、劇場により若干の違いはあるものの、概ね上映の10分~15分前に入場が始まるとのことです。入場開始の前には必ずアナウンスがあるので、それに従って入場してください。

 

映画館への到着タイミング、どれくらい前が理想?

 

映画の上映前、劇場へはいつごろ足を運ぶのがベストなのでしょうか。劇場によって若干の違いはありますが、一般的には上映の15分前から入場が始まることが多いです。

それでは、映画鑑賞前の準備に適した到着時間を、シチュエーション別に見ていきましょう。

・チケットを事前に入手している場合は20分前
・当日券の購入を考えている場合は30分前
・映画館の特製グッズやスナックを楽しみたい場合も30分前

映画の楽しみ方は人それぞれですが、これらの目安を参考にして計画を立ててみてください。

1. 事前にチケットを確保しているなら20分前には到着

チケットをオンラインで購入している場合、映画開始20分前の到着をお勧めします。予期せぬ混雑にも対応でき、余裕をもって映画の世界に没入する準備が整います。

2. 当日券を求めるなら最低でも30分前

事前にチケットを確保できなかった場合は、特に人気のある映画では、チケット売り場の混雑が予想されるため、30分前の到着が望ましいでしょう。

3. 映画館での買い物を予定している場合も30分前が目安

映画館でのポップコーンや限定グッズ購入を考えているなら、やはり30分前に到着することをお勧めします。人気作の上映前は特に、ロビーの混雑が予測されるためです。

 

スポンサーリンク

映画館に遅れた時の対処法

映画館に遅れてしまった場合の対応は、映画館のポリシーにもよりますが、一般的な対処法をいくつかご紹介します。

万が一遅れてしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

多くの劇場では上映開始から20分程度まで途中入場が可能なことが一般的ですが、劇場によっては対応が異なるため、まずはスタッフにお尋ねください。

チケットを持っている場合は、暗闇の中でもスタッフが案内してくれますが、混雑しているときは端の席への案内になる場合も。

一方で、チケットを持っていない場合は入場できないことがほとんどですが、空席があれば例外的に入れることもあります。

いずれにせよ、スタッフの指示に従い、もし入場できなかったら、次の上映を楽しみに待ちましょう。

 

1. 【チケットの確認】

まずはチケットに記載された上映時間をチェックして、実際の遅れ時間を確認しましょう。

2. 【映画館への連絡】

可能であれば、映画館に連絡して遅れる旨を伝え、入場可能かどうかを確認するのが良いでしょう。

3. 【入場時の静かな行動】

遅れて入場する場合は、他の観客の迷惑にならないように、静かに席に着くことが大切です。

4. 【途中入場ポリシーの確認】

映画館によっては途中入場を禁止している場合もありますので、事前にそのポリシーを確認しておくと安心です。

5. 【次回上映の振替】

大幅に遅れてしまった場合や、入場を断られた場合は、次の上映への振替を依頼することも一つの手です。ただし、これは映画館の規定や混雑状況によって異なります。

6. 【遅れた時間分の鑑賞】

映画が始まってからも遅れて入場できる場合は、途中からでも映画を楽しむことができます。ただし、ストーリーの流れを理解するためには、事前にあらすじを把握しておくことをおすすめします。

遅れてしまった際は、他の観客に配慮し、映画館のスタッフの指示に従いながら対応しましょう。また、映画館によっては途中入場できない場合もあるので、上映時間には余裕をもって行動することが何よりも重要です。

 

本編が始まる前の予告は15~25分

 

映画館で上映される予告編の時間は、映画館や上映する映画によって異なります。一般的には、予告編と映画館の情報などを合わせて約15分から20分程度とされていることが多いです。しかし、劇場によっては10分未満の場合もあれば、25分以上かかる場合もあります。

特に大手シネコンでは、予め決められた本編開始時刻より前に予告編がスタートすることが一般的ですが、独立系映画館やアートハウス系の映画館では、予告編の時間が短い、または予告編を一切流さない場合もあります。

映画を見逃さないように、また余裕を持って座席につくためには、映画館のポリシーやその日のスケジュールを事前に確認しておくと良いでしょう。また、映画館に直接問い合わせてみるのも一つの方法です。

 

まとめ

 

映画館に行くときは余裕を持っていくことが大事です。

ただ、どうしても遅れてしまうことはあります。その時は冷静に対応しましょう。

本編開始前に予告編もあるので、多少は遅れても問題ないこともあります。

平日の空いた時間であれば、当日券を買えばお金はむだになりにくい。土日祝でも公開開始当日以外は満席は少ないように思います。

タイトルとURLをコピーしました