私も悩んだ書道…書き初めの名前の位置 全体を上手にまとめるためには?

2018年9月19日

小学校に入学して書道の授業が始まると、
冬休みの宿題に必ず出されるのが”書き初め”ですよね。

学年ごとに違う課題を一生懸命書いて、
上手な人はコンクールなどに出品されませんでしたか?

 

どうせ書くなら上手に書いて、コンクールで賞なんか取れたほうがうれしいですよね‼

せっかく受賞作品並みの字が書けてもいても、
名前が上手に書けていないので、コンクールは
別の人になってしまうなんてことも…?!

 

そんなことにならないように、これを読んで
書き初めの名前までこだわっていきましょう‼

スポンサーリンク

授業で名前の書き方指導してくれる?コンクールに名前の位置は関係ある?

実は、学校って課題の字の書き方は細かく
教えてもらえても、自分の名前ってそんなに
丁寧には教えてもらえませんよね?

 

今の時代はどういう指導をされているかわかりませんが、
少なくとも私が小学生の時には、読めないほど
雑な字でなければ名前ってそこまで突っ込まれませんでした。

 

コンクールって課題の字だけではなく、
全体のバランスが重要になりますから、
自分の名前も実は手を抜けないところなんです。

 

4文字熟語なのか、ひらがなが入っているのか、学年は書くのか、など、
条件によって”バランスのいい場所”って違うので
、一概に”ここが正しい位置”と断定することはできません。

 

しかし、名前だけに注目したときに、
「上手に書けてるな。」と思える書き方を紹介します。 

どの位置がいいの?全体が二文字の名前編

 普段書き慣れない書道で名前を書くには、字数が多かったり、画数が多いものは難しそうだなぁと感じて、少なければ書くのがラクだ!と思うかもしれませんが、そんなこともないんですよ。

 

それは、バランスの面です。字数が少ない分全体の
バランスを整えるのが非常に難しくなります。

 

合唱で小さな声で歌っていても、大人数で歌えば気になりませんが、二人きりで歌っていると、自分の声の小ささに気づかれてしまいますよね?(笑)それと近いかもしれません。

 

姓・名がそれぞれ1字の場合は「林〇〇湊」とに2文字分がよいバランスです。

スポンサーリンク

どの位置がいいの?全体が三文字の名前編

 3文字の場合、”姓1名2”または”姓2名1”というように分かれるかと思います。前者の場合は、「林〇〇悠真」と、いうように姓と名を2字分ほどあけて書いてあげるとバランスがいいです。

 

逆に、佐藤湊さんのような場合なら、「佐藤〇湊」というように姓と名の間は1文字分のほうが全体のバランスがきれいにとれます。

どの位置がいいの?全体が四文字の名前編

 4文字の場合、”姓2名2””姓1名3””姓3名1”の3通りが考えられます。

 

”姓2名2”のパターンなら「佐藤〇結菜」ですね。

1文字分がきれいなバランスになります。

 

ただ、このパターンの場合は、以前塾で働いていた時に、
自分が習ったことと違うと言って保護者の方から相談を
受けたことがあるのですが、
学校で等間隔で書くようにと
指導するところもあるようです。

 

後者の2つに関しては、三文字編と同じような間のあけ方になります。

名前のほうが多い場合は2文字分、名前が1字ならば
1文字分あけるときれいなバランスになります。

 

まとめ

 

 ここまで、名前のパターンによっていくつかご紹介しましたが、
これって「こう書くのが正解」というマニュアルがないので
”上手にかけている”の基準が非常にあいまいな話題なんですよね。

 

コンクールの話も少ししましたが、
審査基準が明確にあるかどうかっていうのはわからないですけど、
受賞するかは、ぶっちゃけ審査員の人の好みもあると思います・・(苦笑

 

私が中学校の時の書道の先生は、
「小学校は堂々と子供らしい字が書けているかが大事だったけど、
中学生になったらいかに見本通りに書けているかが大切だ。」と話していました。

 

ある書道家の方は、こんな風に紹介しています↓

だから、今回読んだことを参考にしつつ、
自分自身が「これはすごく上手に書けたぞ!」というものを
書き上げてもらえたらいいなと思います。