PR

建国記念の日ってどんな日?祝日の意味と由来・日本人の休みの実情

04:冬(12~2月)
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

「建国記念の日」は、毎年2月に訪れる祝祭日の1つです。一般的にこの日がどういった背景を持ち、なぜ祝日となったのか、そして学校や仕事は休むことができるのかなど、普段考えることのない事柄を含め、この日に関する情報をわかりやすく解説します。

建国記念日は何日に設定されていますか?

 

「建国記念の日」は毎年、2月11日に設けられており、この日は日本全国の多くの学校でお休みになります。日曜に該当する年は、その翌日の月曜日が休日になるので、日程のチェックが必要です。土曜日が建国記念の日である場合は、振り替え休日がないため、特に注意が欠かせません。

 

祝日としては変動しない固定日ですが、各年のカレンダーでは、この日は2月の祝祭日の中で第3番目にあたり、2月の休日の幕開けを告げる日となっています。

 

・建国記念の日はいつ制定されましたか?

 

この祝日は1966年に定められ、実際に祝日として施行されたのは翌1967年の2月11日でした。その起源は1800年代まで遡りますが、一度1948年に廃止された後、1966年に現行の建国記念の日として復活しました。

 

・この祝日の意義は何ですか?

 

法律上の定義では、「建国を記念し、国愛の精神を育む」となっています。つまり、単純に「日本の建国の日をお祝いする」という意味合いです。しかし、それが重苦しい義務を伴うものではなく、単なる楽しい休日として受け取っていいでしょう。

 

・学校は休みになりますか?

 

一般に、建国記念の日は学校休業日となることが多いです。ただし、学校行事の振替や、クラブ活動などの理由で例外はありえます。もしも建国記念日が日曜日だった場合は翌月曜が休業日になることが多いですが、土曜にあたった際には振替え休日は設けられていませんので、通常土曜休みの学校であれば休みが増えるわけではないことを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

・職場によって祝日にお休みがあるかどうかは違うの?

 

職場の決まりによりますよ。 一部の職場では週末が休みですが、週末に勤務し平日に休む職場もあり、祝日が必ずしも休日とは限らない人もいるでしょう。あなたの職場が祝日を休む方針なら、社会人になっても建国記念の日に休めることが期待できるでしょう。しかしながら、全ての祝日が休みであるわけではないので、社会人になったからといって必ずその日が休みになるとは言い切れません。

 

建国記念の日は日本が創立された日を祝うわけですが、実際のところ日本がいつ創立されたのかは明らかではないため、その具体的な日をお祝いすることはなかなか難しいのです。

 

・特別なイベントはあるの?

 

基本的に、建国記念の日に特別なイベントを開催することは少ないですね。ショッピングセンターなどでこの日にちなんだセールを実施することも珍しいでしょう。

 

元の意味はともかく、実際にはただの休日として扱われることが多いです。一部で特別な催しを行うところはありますが、クリスマスのような顕著な社会的変化をもたらすほどではなく、普通の祝日としての様子が多く見られます。

 

・知っておくと面白い豆知識

 

他の祝日は「祝日法」によって定められていますが、建国記念の日だけは「政令で定められる日」として設けられています。これが日常生活にどんな影響を与えるかというと、実際にはほとんど影響がないので気にする必要はありません。ただ、その事実からこの日が少し特別だと感じられるでしょう。

 

それでも、我々一般の人にとっては、単なる祝日であるという認識で十分です。複雑なことは考えず、休日であれば楽しむことが最良ですよね。

 

まとめ

 

今回は特定の祝日に焦点を当ててみました。 一見、日本の創始を祝う日のように思われるかもしれませんが、実は色々と背景があるのです。しかし、詳細にこだわるより、休日をしっかり楽しみ、豊かな一日を送りたいですね。社会人になり休みが少なくなっても、代わりに別の機会にしっかりと休息を取りましょう。

タイトルとURLをコピーしました