PR

元日に窓を開けるべきか?窓を開けるメリットを詳しく解説!

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

日常生活で、清掃作業中に窓を開けることは一般的です。

掃除機をかける際やほこりを取るためにも、部屋を換気するのが効果的です。

 

しかし、元日には「掃除をすべきではない」という言い伝えがあるため、

この日に限り窓を開けての換気が適切かどうか疑問に思うこともあるでしょう。

 

実際、冬季には寒さのために窓を開けるのを避けたいと感じる人も少なくありません。

しかし、元日に窓を開ける行為自体が悪いわけではありません。

実際には、換気によって得られるメリットが多数存在します。

この記事では、元日に窓を開けることの利点、さらには元日に避けるべき他の行動についてもご紹介します。

 

元日の掃除に関する言い伝え

一般的に元日には掃除を行うべきではないとされています。

この背景には、新年を迎える年神様が家庭に幸福をもたらすという信仰があります。

掃除をしてしまうと、

年神様を家から追い出してしまうという考え方から、

元日の掃除は避けるべきとされています。

 

しかし、これは窓を開ける行為にまで及ぶものではありません。

冬の期間における窓の開放は、多くの利点があります。

 

元日に窓を開けることのメリット

元日に窓を開けることには、

以下のようなメリットがあります。

運気の向上:

 

新年の初めに窓を開けて新鮮な空気を取り込むことは、

年神様を歓迎し、運気を向上させる効果があるとされています。

 

感染症予防:

窓を開けることで風邪やインフルエンザ、新型コロナウイルス、ハウスダストなどが外に排出され、感染症やアレルギーのリスクを減らすことができます。

 

湿気の排出:

 

冬は室内外の気温差により結露が発生しやすいですが、換気により室内の湿気を逃がし、結露やカビの発生を防ぐことが可能です。

 

二酸化炭素濃度の調整:

長時間窓を閉め切っていると、室内の二酸化炭素濃度が高まり、頭痛や思考力の低下などの問題が生じる可能性があります。

換気によりこれを防ぐことができます。

 

スポンサーリンク

換気の重要性とその方法

元旦に窓を開けることの利点を踏まえ、

効果的な換気の方法についてお話しします。

適切な換気は、1日に数回、それぞれ5分から10分の間行うことが望ましいとされています。

理想的には、空気の流れを最適化するために、

部屋の2箇所の窓を対角線上に開けることが勧められています。

 

しかし、これが難しい場合でも、

1箇所の窓と扇風機やサーキュレーターを使って空気を循環させる方法も効果的です。

 

元旦に避けるべきこと

元旦には掃除を控えるべきという言い伝えがありますが、

これはあくまでもジンクスに過ぎません。

さらに、元旦に避けた方が良いとされる行動がいくつかあります。

 

刃物の使用:

刃物を使うことは、

縁を断つことを象徴し、避けるべきとされています。

豚肉・牛肉の摂取:

古くから神仏に捧げる供物には豚肉や牛肉が含まれていないとされ、

これは天武天皇が僧侶に肉食を禁じたことに由来します。

鶏肉は例外とされることがあります。

お金の使用:

元旦にお金を使うと財運が下がるという言い伝えがありますが、

お賽銭の使用は問題ありません。

元旦の窓開けについてのまとめ

元旦には避けるべきことがいくつかありますが、

窓を開けることはその中に含まれていません。

 

新鮮な空気を室内に取り入れることは、

気分をリフレッシュさせるだけでなく、

幸福を運んでくれる年神様を招き入れることにも繋がります。

 

新年のスタートを、

健康的で幸せな一年にするために、換気を積極的に行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました