PR

クリスマスプレゼントは何歳から何歳まであげればいいの?

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

年末が近づくと、多くの親が子どもに何をクリスマスプレゼントとして贈るかに頭を悩ませます。

特に、小さな子どもたちの場合、

自分の欲しいものを言葉で表現できないため、

親は何を選ぶべきか苦労します。子どもが成長するにつれ、

「クリスマスプレゼントはいつまで続けるべきか」という疑問も生じます。

 

子どもが大きくなるにつれて、

「親からクリスマスプレゼントを渡すのは適切か」という疑問が生じることもあります。

 

中学生、高校生、大学生と年齢が上がるにつれ、

プレゼントを続けるべきかの線引きは難しくなります。

0歳の赤ちゃんへのクリスマスプレゼント

0歳の赤ちゃんにクリスマスプレゼントを贈ることは早いと考える人もいますが、

実際には0歳からプレゼントを贈る家庭も多いことが分かりました。

0歳の赤ちゃんはプレゼントの意味を理解できなくても、

赤ちゃんが生まれた喜びを形にして表現したいという親の気持ちは強く、

新しい家族の誕生を祝う意味でクリスマスプレゼントを贈ることもあります。

 

保育園や幼稚園入園後のクリスマスプレゼント

保育園や幼稚園の時期になると、

先生たちが子どもたちにクリスマスのお話をしてくれたり、

クリスマスに関連した工作を楽しむことがあります。

このような体験を通じて、子どもたちはクリスマスプレゼントに対する期待を膨らませます。

多くの家庭では、子どもがクリスマスの意味を理解し始める保育園や幼稚園の年齢から、

プレゼントを渡すようになります。

 

ただし、兄弟がいる場合、事情は少し異なります。

もし上の子だけにプレゼントを渡し、下の子には渡さないと、

子どもたちはサンタクロースの存在を疑うかもしれません。

 

そのため、兄弟がいる家庭では、

下の子にも年齢に関わらずプレゼントを渡すことが多いです。

スポンサーリンク

いつまでクリスマスプレゼントをあげるべきか

子どもたちがどの年齢までクリスマスプレゼントを受け取るかについては、

家庭によって意見が分かれます。

中には10歳まで、あるいは小学校や中学校を卒業するまでという考え方があります。

平均的には、中学校卒業時点でプレゼントをやめる家庭が多いようです。

高校生になると、

友人とのプレゼント交換を楽しむ年頃になり、

自分でアルバイトをして欲しいものを購入することも増えます。

 

サンタクロースの正体を知ったらプレゼント終了

多くの家庭では、子どもがサンタクロースの正体を知った時点で、

クリスマスプレゼントの習慣を終えます。

サンタクロースが実在すると信じる期間は、

子どもたちにとって特別なワクワク感をもたらします。

 

しかし、サンタクロースの正体がバレると、

クリスマスに対する思い入れも変わります。

その後は、一緒に欲しいものを買いに行ったり、

クリスマスを食事を楽しむ日として過ごす家庭も増えています。

 

家庭ごとのクリスマスプレゼントの習慣

家庭によって、子どもにクリスマスプレゼントをいつまで渡すかはさまざまです。

毎年クリスマスプレゼントを選ぶ際には、

どのような物を選ぶか決めるのが一つの悩みです。

そこで大切なのが、

夫婦で子どもたちに何歳から何歳までプレゼントを渡すかを事前に話し合い、

決めておくことです。

 

事前に年齢を決めておけば、

上の子どもに合わせて下の子どもにもプレゼントを渡すことができ、

毎年「今年で終わりにするかどうか」を悩む必要がなくなります。

 

この記事では、「クリスマスプレゼントは何歳から何歳まで渡すか、

いつまで続けるのか」についてご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました