PR

鶴岡八幡宮で御朱印をもらえる時間や場所はどこ?夕方以降についてもご案内します!

99:雑記・その他
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

源頼義によって創建され、後に源頼朝が現在地に移した鶴岡八幡宮は、日本の歴史に深く根差しています。その起源は、京都の岩清水八幡宮の分社として、由比ガ浜に建立されたことにあります。時を経て、現在の社殿は1828年に建てられ、典型的な江戸時代の建築様式を反映し、国の重要文化財としても認定されています。この神社の長い歴史を理解すると、訪れた際の感動も一層深まります。

御朱印受付時間

御朱印は、朝5時30分から夜8時30分頃まで受け付けており、10月から3月は朝6時30分から夜8時30分頃までとなっています。訪問した5月の土曜日は、御朱印を求める人々の列ができており、筆を執る4人の方々が丁寧に一筆一筆記していました。御朱印の代金は300円です。

このように、鶴岡八幡宮は、その豊かな歴史と便利な参拝時間で、多くの人々に愛され続ける神聖な場所です。

御朱印の場所と時間

鶴岡八幡宮での御朱印受取は時間によって場所が変わるので、注意が必要です。早朝の5時30分から8時30分までは社務所で、8時30分から18時までは祈祷受付所で、そして夕方18時以降は再び社務所で受け取れます。10月から3月の期間は開門時間が6時になるため、御朱印の受付も6時30分から開始します。祈祷受付所は大石段を下りたあたりに位置しています。

参拝可能時間

鶴岡八幡宮は、朝5時から夜9時まで(最終入門は20時50分)開門しており、10月から3月は朝6時からの開門になります。多くの神社や寺が夕方に閉門する中、この神社は長い時間参拝が可能なため、鎌倉を訪れる観光客にとっては大変便利です。

 

スポンサーリンク

参拝の順番とおみくじ

参拝を先に済ませてから御朱印をいただくのが良い流れです。ここでは、お守り購入やおみくじを引くことも可能。鶴岡八幡宮のおみくじには凶も含まれており、私も過去に凶を引いた経験があります。しかし、凶運も前向きに捉えれば強運へと変わると考えています。また、鳩みくじには可愛らしい鳩のお守りも付いており、特別な記念となります。

夜の参拝と小町通り

18時から20時30分までの御朱印は社務所で受け取れます。夜間は観光客が減り、静かな雰囲気の中で参拝を楽しめます。ただし、小町通りの多くの店舗は夕方に閉店するため、食事やお土産は早めに済ませることをお勧めします。

まとめ

鶴岡八幡宮は、春の桜、夏の蓮、秋の紅葉、冬の椿など、季節ごとに異なる美しさを見せてくれる魅力的な場所です。鎌倉を訪れる際には、この歴史ある神社をぜひ訪れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました