PR

不忍池(上野公園)の美しい蓮の花の見ごろ、開花時期とキレイに見える時間はいつ?

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

「暑い夏が続く中、外出が少し面倒でも、夏にしか楽しめない場所があります。

この季節、上野公園の不忍池では美しい蓮の花が咲き誇り、幻想的な雰囲気を堪能できます。

不忍池の弁天堂周辺では、蓮の花が美しく咲き誇り、日本の夏を彩ります。

今回は、不忍池での蓮の見頃や開花時期、そして見どころについてご紹介します。」

蓮の花の季節と見どころ

不忍池の蓮の開花時期は毎年7月初旬から8月中旬にかけてです。特に7月下旬から8月上旬にかけてが最も美しい時期とされています。不忍池には地蓮、明鏡蓮、大賀蓮など多種多様な蓮が育っており、6月中旬から咲き始める早咲きの蓮も楽しめます。7月上旬には、ピンク色の大輪の蓮が開花する光景は、特に見事です。

年による開花の変動

蓮の開花は天候に大きく左右されます。2015年には、8月下旬まで蓮の見頃が続きましたが、花の数は最初は少なめでした。一方、2016年は蓮の量が例年よりも多く、素晴らしい開花を見せました。その年の開花状況は次の通りです:

  • 2016年6月20日:蓮の開花が始まるが、見頃にはまだ時間がある。
  • 2016年7月初旬:蓮がちらほら咲き始めるが、まだまばら。
  • 2016年7月中旬〜8月初旬:見頃と予想される。
  • 2016年7月中旬:開花が進むが、満開には至らず。それでも朝早くから人々で賑わう。
  • 2016年7月下旬:蓮の見頃が始まる。
  • 2016年8月中旬:見頃は過ぎるが、まだ蓮を楽しむことが可能。

不忍池の蓮は、年ごとに異なる開花の様子を見せ、訪れる人々に自然の移ろいを感じさせてくれます。

キレイに見れる時間は早朝

不忍池の蓮は、「三日花」とも呼ばれており、その美しさは早朝から昼頃にかけての短い時間に咲き誇ります。この花は、わずか3日間でその美しい姿を閉じ、散ってしまいます。このため、蓮を楽しむには、朝早くから訪れることが推奨されます。特に涼しい早朝の時間帯は、日差しの強さを避けることができ、快適な観賞が可能です。

写真愛好家に人気のスポット

不忍池では、蓮の見頃の時期になると、カメラを構えた愛好家たちが訪れます。特に、2014年に完成した「蓮観察ゾーン」は、池の内部に設けられた歩道から蓮を間近で観察できる人気スポットです。ここでは、大賀蓮(古代ハス)や不忍池斑蓮、明鏡蓮など5種類の蓮を楽しむことができます。また、池を背景に弁天堂を眺めることもでき、写真撮影には絶好のロケーションです。

不忍池弁天堂:精神的な力をもたらす場所

不忍池の中心に位置する弁天堂は、多くの人々にパワースポットとして知られています。弁財天を祀るこの神社は、商売繁盛や財福、音楽や知恵のご利益があるとされ、特に金運アップのための参拝地として人気です。周辺にはユニークな石碑も点在しており、散策を楽しむのにも最適です。

スポンサーリンク

上野公園と不忍池の蓮の物語

上野公園に位置する不忍池は、江戸時代から浮世絵にも描かれるほど、蓮の美しさで知られています。この池は時代の変遷を経て、かつては戦時中に水田として利用されたこともありましたが、昭和30年代には再び水面を取り戻し、大都市東京の歴史の一部として存在しています。

 

 

アクセスと基本情報

車でのアクセスは、上野恩賜公園 第一駐車場が利用可能で、100台の駐車スペースがあります。早朝に訪れる場合は、近隣のコインパーキングを利用すると良いでしょう。また、電車でのアクセスも便利で、JRや地下鉄の各駅から徒歩で上野公園に到着することができます。上野公園内は広大な敷地を誇るため、歩きやすい靴を履いて訪れることをお勧めします。

  • 上野公園不忍池 基本情報
    • 住所:東京都台東区上野公園・池之端3丁目
    • 電話:03-3828-5644
    • 開園時間:午前5時~午後11時
    • 入園料:無料
    • 定休日:無休

不忍池とその蓮は、都会の喧騒から離れて自然の美しさを感じられる貴重な場所です。早朝の訪問をお勧めします。

まとめ

都会の夏は年々暑さが増していますが、不忍池の蓮は昔から夏の風物詩として親しまれています。ピンクの大輪を眺めると、時間がゆったりと流れているように感じられます。池の周りにはベンチも用意されており、日常の喧騒を忘れさせてくれるでしょう。ただし、真夏の午前中でも気温が高くなることがありますので、熱中症に気をつけてお出かけください。

タイトルとURLをコピーしました