【運転免許の更新】ギリギリになってからの受付が意外とお得?その理由と気をつけるべきポイントをご紹介
PR

【運転免許の更新】ギリギリになってからの受付が意外とお得?その理由と気をつけるべきポイントをご紹介

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

「免許の更新時には直前での手続きがおすすめと聞いたが、それは真実なのか?」

この疑念に対し、詳細をお伝えします。

 

●この記事を通して明らかになること

1)免許の更新において、直前の手続きが有利である理由

2)予め手続きを済ませるとなぜ時間を無駄にするのか

3)直前で手続きをする際のポイント

4)心配ならば、予め手続きをしておくべき理由

 

免許の更新に最適な時期については常に頭を悩ませるものです。

前回更新してから3年以上が経過してしまい、記憶も薄れがちです。

 

では、予め手続きを済ませた方が良いのか、それとも直前がベストなのか。

 

その答えは、直前で手続きを行うことで、混雑を避けてスムーズに手続きが完了する可能性が高まるというものです。 ただし、その場合は余裕がないため、注意が必要です。

 

この記事では、直前で手続きをするメリットとデメリットを詳しく解説していますので、迷っている方はぜひ読んでみてください。

 

免許の更新において、直前での手続きが有利な理由

 

免許の更新を受付時間ギリギリで行うと、待ち時間が減少します。

 

これは、多くの人が時間内に講習を受けられるよう予め手続きを済ませようとするためです。

 

私も安心感を求めて早めに行ってみましたが、どこもかしこも人で溢れていて、講習前に疲れ果ててしまったことがあります。

 

受付時間ギリギリであっても間に合えば、最終講習を受けることができます。待つことや並ぶことが苦手な方にとっては、特にギリギリの方が好ましいかもしれません。

 

予め手続きを済ませることのデメリット

多くの人が確実に講習を受けたいと考え、

余裕を持って手続きをすることで、

実際には手続きにかかる時間が長くなる傾向にあります。

 

手続きから講習、そして免許証の交付に至るまでの流れを確認しておきましょう。

 

①受付・申請書の記入
②証紙の購入(→申請書に貼付)
③適性検査(視力検査など)
④更新審査
⑤写真撮影
⑥法定講習の受講
⑦免許証の交付

 

講習を受けるまでには4つのステップがあり、それぞれに30分から1時間程度かかるとされています。

混雑している場合、手続きそのものよりも待機時間が長くなりがちですし、講習を待つ間、待機スペースが満席でどこかで時間を潰さざるを得ないこともあります。

一方で、直前に来場した場合は、受付場所で待つことなくスムーズに進められ、講習室へもすぐに入ることができるでしょう。

 

スポンサーリンク

遅刻ギリギリになる前に押さえておくべきポイント

遅刻ギリギリになることは避けたいものですが、そうなってしまった場合には様々なリスクが伴います。

・心理的なプレッシャーが増す ・遅れてしまう可能性がある ・帰宅時間が遅くなる ここで、それぞれのポイントを深掘りしていきましょう。

①心理的なプレッシャーが増す

多くの人が「間に合うかどうか」という心配を持つことでしょう。特に、写真撮影がある場合はさらに心配が増します。なぜなら、免許証の写真は、なぜかいつも思い通りに撮れないものです。メイクを施したり、髪を整えたりする余裕がなくなれば、余計にその心配は大きくなります。

②遅れてしまう可能性がある

試験場が市街地から離れている場合、遅刻してしまうリスクはさらに高まります。遅刻してしまった場合の無駄になる時間や費用を考えると、早めに行って待つほうが賢明です。また、受付の方にも迷惑をかけてしまうことがありますので、時間には余裕をもって行動しましょう。

③帰宅時間が遅くなる

最後の時間帯に予約してしまうと、帰宅が遅くなりがちです。特に違反者講習や初回の更新者は長時間を要するため、その後の予定も考慮に入れた方がよいでしょう。

 

不安なら余裕を持って行動を

特定の日に受講が必要な場合は、早めに行動することをお勧めします。人数が多くなると早めに始まる場合もあるため、早く行くことで予想外にスムーズに事が運ぶかもしれません。午後の方が空いていることもありますので、その情報をもとに計画を立てると良いでしょう。

 

まとめ

・早めに行くことで待ち時間が長くなる可能性がある ・遅刻ギリギリになると、間に合わないリスクや帰宅時間の遅れが生じる ・少しでも心配がある場合は、余裕をもって行動することを推奨します 免許更新時の受付時間に関する注意点を紹介しました。早めに行くか遅く行くかにはそれぞれ利点と欠点がありますが、最終的には自分の性格や状況に合わせて選択することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました