PR

効果的なツバメの巣を作らせない対策9選!これがおすすめ!

99:雑記・その他
この記事は約8分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ツバメの巣は縁起物とされていますが、それも一部の話。実際には、巣が作られることによる様々な問題も無視できませんよね。

 

ツバメの巣がある家では、フンの掃除はもちろん、寄生虫の問題に直面したり、ヒナを狙って蛇やイタチが現れる可能性もあり、唯一の利点だけではないリスクも伴います。

 

つらいかも知れませんが、巣を作らせない方が良い理由がその存在のメリットを上回る場合、最初から巣作りを断絶させ、早めにその計画を断念させるべきです。

 

そこで、その方法について詳しく見ていきましょう。「ツバメの巣の縁起の良さは知っているけど、我が家では避けたい」と思っている方々に、ツバメの巣を作らせない最善の方法をご紹介します。

 

ツバメが巣を作るのを防ぐためには、いつ始めるべきか?

 

ツバメの巣立ちを未然に防ぐには、早めの対策が鍵となります!

 

自宅の車庫や裏庭など、ツバメが巣を作る可能性がある場所は、事前に特定し、ツバメにとって居心地が悪いように改変することが一番の解決策です。

 

ツバメは一度好きな場所を見つけるとそれを離れない傾向があるため、特に昨年巣立ち場所となった場所には注意が必要です。ツバメが移動する時期を予測し、その前に対策を施すことが効果的です。

 

既に巣作りが始まっている場所についても、直ちに対策を取り、ツバメが諦めるまで対策を続けることが大切です。

 

ツバメの産卵後に巣を壊すと、法的な問題が起こる可能性があるので、注意しましょう!

 

ツバメの巣を防ぐための対策は、ツバメが卵を産む前に開始することが最重要です。ツバメが卵を産んだ後に巣を壊す行為は、「野生生物保護法」に違反し、刑罰の対象となる可能性があるからです。

 

心配であれば、行政、法律の専門家に相談するようにしましょう。

 

巣を取り除く際に、都道府県知事や市町村長の許可があると確実ですが、それはなかなか手間がかかります。そのため、ツバメが卵を産む前に巣立つことを十分に阻止するのが最良の手段とされています。

 

 

 

では、具体的な対策と、それを開始すべき適切なタイミングについて詳しく述べていきましょう。

 

対策1:敵性動物のおもちゃを設置する!

 

以前にツバメに巣を作られた経験があり、今年こそは阻止したいという思いがあるなら、ツバメの天敵であるカラスやヘビのおもちゃを事前に置くといいでしょう。

 

これはとても簡単な対策ですが、巣作りの場所を探している段階でツバメがおもちゃを見つけ、巣立ちをあきらめるケースもあるので、その効果に期待が持てます。

 

ヘビやカラスのおもちゃは、おもちゃ屋さんやネットで手に入れることができますから、ツバメの飛来時期の前に事前に対策を取ると良いでしょう。

 

ツバメにとっては少々厳しいかもしれませんが、早い段階で巣作り意欲を阻止することで、ツバメ自身の損失も最小限に抑えることが可能です。だからこそ、巣を作らせない対策として、この方法が最も推奨されます。

 

対策2:アルミホイルを使用したツバメの巣対策

ツバメが巣を作らないようにする一つの方法として、光るアルミホイルを利用する手法があります。ツバメが巣を作りそうな場所にアルミホイルを広範囲に貼ったり、短冊のように何本も吊るすことが効果的です。場所や状況に応じて、最適な方法を選んでください。アルミホイルは手軽に手に入り、コストもかからないため、早めに試してみるのがおすすめです。

対策3:ガムテープを使ったツバメの巣対策

ツバメが外壁に巣を作るのを防ぐ別の手法として、ガムテープの使用があります。ツバメは凹凸のある壁に巣を作りやすいため、滑らかなガムテープを壁に貼ることで巣作りを妨げることができます。過去に巣が作られた箇所にガムテープを貼ると、ツバメが巣作りを始めるのを防げます。しかし、ガムテープを多用すると見た目が損なわれる可能性があるので、注意が必要です。

対策4:ヒモを利用したツバメの巣対策

ツバメの巣作りを防ぐためには、ツバメの飛行を妨げる方法も有効です。この方法では、ツバメが巣作りを始める前に、巣を作りそうな場所の周辺に荷造り紐や縄をたくさん垂らしておきます。これにより、ツバメはその場所が飛びにくいと感じて、他の場所を探すようになります。ただし、この方法は見た目に影響を与えるので、外観を気にしない場合に適しています。

 ツバメの巣作りを防ぐための紐の活用法

 

ツバメから巣を守るには、飛行経路に障害を作り新しい巣作りをあきらめさせる方法が効果的です。細かく説明すると、ツバメが新しい巣を探し始める前に、紐やロープなどをたくさん、ツバメの巣作りが予想る場所に吊るしておきます。これを試すと、その場所が飛びづらいと感じたツバメは他の場所を探し始めるでしょう。これにより、トラブルを起こさずにツバメを遠ざけることが可能になります。すでに巣作りが始まっている場所でも、新しい巣に近づけないようにこの対策は実施する価値があります。ただし、紐がたくさん吊るしてあると見かけが悪く、訪問者を驚かせるかもしれません。それでも、巣を作らせないことが最優先であれば、この対策は効果が期待できます。

 

対策5:壁にビニールシートを張り付ける

 

壁にビニールシートを貼ることも、ツバメを遠ざける一つの策です。ツバメは揺れる物を嫌う傾向があるため、ビニールシートは上部だけを壁に固定し、下部は自由に揺れるように設置します。その際、風に揺れる薄手の素材がおすすめです。たとえば、透明のゴミ袋を平たく切り、上部をテープで固定すると良いですよ。ビニールを張るという方法は、巣作りが始まる前でも始まった後でも適用可能で、準備も簡単、費用効果も高いです。季節が変わって巣作りが終われば、簡単に取り外すことができますので、見た目がいくらか悪くなるとしても、これは非常に有効な対策だといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

対策6:竿にビニール袋をつるす

 

に軒下はツバメがよく巣を作る場所なので、そこに対しては別の手段で対策を取ることをお勧めします。具体的には、竿の先端に黒いビニール袋をつけてその場所に立てかけるだけです。重要なポイントは、可能な巣作りの場所に竿の先端がしっかりと届くようにすることです。これによって、ツバメは物理的に巣作りを難しく感じるはずです。また、ビニール袋が風で揺れることもツバメが嫌がる要素となり、これにより巣を作らせない対策としてとても効果的です。美観はあまりよくないかもしれませんが、軒先や壁に直接手を加える必要がない点、そしてシーズンが終われば簡単に撤去できる点がメリットとなります。

 

対策7:排気口にラミネート板を貼り付ける

 

排気口もまたツバメがよく巣を作る場所の一つですが、排気口に対する防止策としては、ラミネート板を貼りつけて覆う方法が効果的で、おすすめします。重要なことは、ラミネート板と天井の間に隙間を作らないようにし、排気口の上部を完全に覆うことです。この場所は既にツバメが狙っていて、対策が施されているにも関わらず、ツバメがしつこくやってきます。そのため、ツバメが巣作りをしっかりと断念するよう、ツバメが巣作りをする余地を完全に無くすことが大切です。

対策8:防錆スプレーを用いる

 

ツバメが既に巣作りを始めている場合、様々な手法を練り、実践して茨の道を乗り越えることが求められます。以前紹介したフェイクのヘビを設置し、加えて、防錆スプレーを壁に塗って二重の防護を行っています。これは映像内でも確認できます。

 

ちなみに、ツバメの巣の近傍にはCDも下げられていますが、既にその効果は見られません。映像から明確に見て取れるように、ヘビのオモチャは一定の効果を発揮しますが、段々とツバメはその場所を避け、巣の建設を続けます。

 

そのため、最後に行った試みとして、潤滑油として使われるクレ556を、ツバメに巣を作らせないエリアに吹き付ける方法があります。映像では、クレ556を壁全体に吹き付けた後、ツバメは巣作りを諦めて飛び去っています。このことから、これが非常に効果的な手段だと理解されます。

 

ツバメも良い環境で子育てを行おうと必死なため、ツバメの巣作りを阻止するためには、積極的な対策をとることが絶対必要です。

 

ツバメの巣作りを避ける対策9:ハトやカラス用の忌避剤スプレーの使用

 

ツバメの巣作りを防ぐ選択肢の一つとして、ハトやカラス用の忌避剤スプレーを用いてツバメを追い払う方法も考えられます。先述の忌避剤、「ディフェンスメル」は、鳥たちが嫌がる成分を含んでおり、ツバメが巣を作ろうとする場所に吹き付ければ効果が期待できます。

 

ツバメが巣を探しているようなら、即座に壁や軒下にスプレーを吹き付け、巣作りを阻止することが期待できます。スプレーは1~2日ごとに新しく吹き付けることで効果が持続しますので、ツバメを定期的に撃退すれば安心できます。

 

ツバメの巣作りを防ぐためには、早急な対策が必要!

 

このように、短期間で実施可能なツバメの巣作りを防ぐ対策のアイディアをいくつか紹介しました。ツバメが巣を作ると、愛らしい幼鳥とその親鳥たちが美しく生活する光景を目にすることができますが、一方でいくつか問題も引き起こします。

 

巣を作らせないと決めたら、それはツバメにとっては困難な決断です。しかし、絶対に早期に巣作りを断念させるためには、巣作りを断固として阻止する対策を講じるべきです。

タイトルとURLをコピーしました