PR

「仕事初め」と「仕事始め」はどちらが正しい?御用始めとの違いも分かりやすく解説!

「仕事初め」と「仕事始め」はどちらが正しい?御用始めとの違いも分かりやすく解説!99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
どちらが正しいのか? 仕事のスタートと「仕事始め」と「仕事初め」の違いについて

なぜこれらが間違えられるのか?

それとも御用納めとの比較は?

この疑問に答えます!

「始め」と「初め」の適切な使用法と考え方、

調査結果から浮かび上がる一般的な誤用の傾向、

さらに、御用納めの正しい使い方についても

分かりやすく説明いたします。

「仕事初め」と「仕事始め」はどちらが正しい?

新年が開け、休み明けに初めて会社へ行く日を「仕事始め」と呼びますが、その正しい表記は何でしょうか。「仕事始め」と「仕事初め」、どちらが適切なのかを考えてみましょう。

「仕事始め」は、文字通り新しいスタートを意味しています。新年を迎えてからの業務再開は、新たな始まりを象徴するもので、「仕事始め」という表現が使われるのはそのためです。これは、英語で言う「start」の概念に近いです。

反対に、「仕事初め」の「初め」は「first」という意味になります。「初め」は、「最初」や「初めての体験」を指す言葉で、新年に初めて行う「書き初め」はその年の最初の書道を意味します。しかし、「仕事始め」は仕事を再び始めることを指すだけで、最初の経験とは限りません。

したがって、新年の業務開始に際しては「仕事始め」が正確な表現となります。ビジネスコミュニケーションでは、このような正しい用語の使用が重要です。相手に誤解を与えないためにも、適切な表現を心がけましょう。

「仕事初め」が書かれる理由

年の瀬にビジネスメールでよく見かける「1月4日から業務を開始します」という言い回しには、正しい表記があります。SNSでの調査結果によると、77%の人々が「仕事始め」を選び、残りの23%は「仕事初め」を使っていることが分かりました。

「仕事初め」が誤用される理由とは?

「仕事初め」という誤った表現が使われる主な原因は、パソコンやスマートフォンでの漢字変換にあります。個人のデバイスでは「仕事始め」が主に変換されますが、共有のPCでは「仕事始め」と「仕事初め」が両方表示されることがあります。このため、変換候補から「仕事初め」を選ぶ人が出てくるのです。

さらに、新年には「初日の出」や「初夢」など「初」の字を含む言葉がよく使われます。この文化的な背景も、「仕事初め」という誤った用法の一因と考えられます。

とはいえ、適切な表現は「仕事始め」です。これは新年に業務を再スタートすることを意味し、「初めての仕事」ではありません。正しい用法を理解し、適切に使用することが大切です。

スポンサーリンク

「仕事始め」と「御用始め」の違い

年末年始におけるビジネスシーンでは、「仕事納め」と「御用納め」、また「仕事始め」と「御用始め」という言葉が使用されます。

これらの言葉は同じ日を指すことが多いですが、それぞれに歴史的な背景があります。

 

仕事納め&御用納め:これは年内の最後の業務日を指します。

仕事始め&御用始め:こちらは新年に最初に行う業務日を示します。

 

「御用」という表現は、「公務」という意味で長い間使われてきました。時代劇で耳にする「御用だ!」というフレーズは、官命に従って犯人を捕らえる際に使用されることがあります。

 

もともと、「御用納め・御用始め」という言葉は宮中や幕府の業務で使われていましたが、1960年代までは民間企業でも広く使われていたんですね。しかし、「役人=偉い人」というイメージや堅苦しさから、「仕事納め・仕事始め」が一般的になりました。

現在では、NHKを含む多くのメディアや官庁で「仕事納め・仕事始め」が標準的に使われていますが、公務員の間では未だに「御用納め・御用始め」を使う人もいます。

証券取引所の独自の年末年始用語

証券取引所では、独自の年末年始の表現があります。「仕事納め」と「仕事始め」に相当する日を、「大納会」と「大発会」と呼びます。これらは金融業界特有の伝統的な用語で、年末年始の特別な日として位置づけられています。

まとめ

「仕事はじめ」は正確には「仕事始め」が正しい表現です。

「仕事始め」の「始め」は、英語で言うところの「start(スタート)」と同じ意味です。

年明けから業務を開始する際は、「仕事をスタートする」と考えるので、「仕事始め」が適切な表現です。

似た言葉に「御用始め」がありますが、基本的に「仕事納め・仕事始め」と「御用納め・御用始め」は同じ意味です。

「仕事始め」を「仕事初め」と誤って表記する人が4人に1人いますが、言葉は時代と共に変化する可能性があるため、「仕事初め」が正しい表現とされる日が来るかもしれません。ただし、現時点では「仕事始め」が正しい表記です。

ビジネスメールや挨拶状などでご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました