PR

「ごきげんよう」は別れ際によく使うけど、本当の意味と適切な返答、そして便利な活用方法を紹介!

「仕事初め」と「仕事始め」はどちらが正しい?御用始めとの違いも分かりやすく解説!99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

「ごきげんよう」の言葉の中身とは何でしょう?それはどんなタイミングで使えば良いのでしょうか?そして、「ごきげんよう」と言われたときにどう返答すれば適切なのでしょうか?これらの疑問に、全てお答えします!

 

「ごきげんよう」は初対面の挨拶時に使う言葉でしょうか。それとも、別れ際に使う表現でしょうか。また、日常会話中でよく耳にするフレーズなのでしょうか。その使い方についても考慮し、分かりやすく説明します。

日本文化に根付く「ごきげんよう」の挨拶

「ごきげんよう」という挨拶は、日本文化に深く根付いています。

特に、NHKの朝の連続テレビ小説で頻繁に使われ、多くの人に印象を残しました。この言葉は、ドラマの実在のヒロインが、自身が出演していたラジオ番組で用いたことで知られています。さらに、ナレーションで番組の終わりに「ごきげんよう、さようなら」と言うシーンも記憶に残っています。

この挨拶は、アニメでもよく使われ、キャラクターたちが学校や寮で互いに交わすシーンがあります。実際に、一部の私立学校では授業の始まりや終わりに「ごきげんよう」と言うことがあります。

ラジオではレギュラーの男性芸人が番組の始まりにこの挨拶を使用していました。私が習字を学んだ際の先生も、生徒が教室に入るときや出るときに「ごきげんよう」と声をかけていました。また、フジテレビの同名の長寿番組でも、この挨拶がタイトルとして使われていました。

「ごきげんよう」の意味と文化的背景

「ごきげんよう」という言葉は、東京の伝統的な「山の手言葉」の一つです。この言葉は、江戸時代の旗本や御家人の言葉を起源とし、明治時代以降、特に山の手地域に住む知識階級の間で使われてきました。

この挨拶は、漢字で「ご機嫌良う」と表記され、「機嫌」は気分や様子を、「よう」は良い状態を意味します。したがって、この言葉は相手の健康や安否を気遣う挨拶であり、同時に祈りの意味も込められています。

「ご機嫌いかがですか?」や「ご機嫌良くありますように」といった形で使われ、相手への思いやりや配慮を表す深い意味を持つ日本の伝統的な表現です。

友人の母校では、「ごきげんよう」には「自分の機嫌が悪い時は良くしよう、良い時はそのままで」という教えがあったといいます。

これは、いかなる状況でも積極的に振る舞い、周囲に良い影響を与えるという思想を示しています。

このように、「ごきげんよう」は、相手だけでなく自分自身にも気遣いを示す、温かい挨拶の言葉として、日本の文化に深く浸透しています。

日常で活用する「ごきげんよう」の挨拶

「ごきげんよう」という挨拶は、日々の生活で頻繁に使われる人もいれば、まだ使い慣れていない人もいます。

性別や時間帯に関係なく、出会った時も別れる時も使える便利な挨拶です。

例えば、朝の「おはようございます」や昼の「こんにちは」の代わり、また「さようなら」の時にも「ごきげんよう」と言うことが可能です。

この挨拶には、特別な意味が込められており、出会いや別れの際に深い感謝の気持ちを伝えることができます。

出会いのシーンでの「ごきげんよう」

以前、塾のアルバイトをしていた時、生徒たちが「先生、ごきげんよう!」と元気よく挨拶していました。

友人の学校では、「ごきげんよう、◯◯さん」と相手の名前をつけて挨拶する習慣がありました。

私が地元に帰ると、近所の方々にも「ごきげんよう」と挨拶を交わすことが多いです。

この言葉には、相手の健康や心の状態を気遣い、祈りを込める意味があります。

別れ際に使う「ごきげんよう」

NHKのラジオ番組やテレビのバラエティ番組で、番組の終わりに「ごきげんよう」という挨拶を聞くことがあります。

「しばらくお別れですが、健康で、気持ちよく過ごせますように」という祈りの意味を持っています。

出会った時と同じように、別れの際にも祈りを込めて使われる言葉です。

スポンサーリンク

「ごきげんよう」と挨拶された時の応答方法

「ごきげんよう」と挨拶された時、どう返答すれば良いか迷うことはありません。簡単に「ごきげんよう」と応答するのが一般的です。

もっと丁寧に表現したい場合は「ごきげんようお過ごしください」と言うこともできますが、無理に堅苦しくする必要はありません。

微笑みを添えて「ごきげんよう」と返すと、自然で心地良いコミュニケーションにつながります。

上司や目上の方にも使える?

「ごきげんよう」は上下関係を表す言葉ではないため、上司や目上の方に対しても適切に使うことができます。

ただし、挨拶の際には笑顔を忘れないようにしましょう。友人の母校では、先生や校長先生にも「ごきげんよう」という挨拶が一般的でした。

このように、「ごきげんよう」は、様々な場面で使える便利で心温まる挨拶です。

まとめ

「ごきげんよう」という挨拶は、同時に祈りの言葉でもあります。

漢字で「ご機嫌良う」と表される「ごきげんよう」は、相手の健康や気分を気遣い、心遣いを示す日本特有の表現です。

 

「ご機嫌いかがですか?」「ご機嫌良くありますように」というフレーズは、相手の日々の体調や感情を尋ね、それに対する配慮を表します。

この挨拶は決して誇張されたものでも、堅苦しいものでもありません。

どのような場面や相手に対しても、失礼にならない適切な表現が「ごきげんよう」です。

 

また、この言葉には上下関係を示す要素は含まれていないため、どなたに対しても「ごきげんよう」と応えることが適切です。

出会う際にも、別れ際にも「ごきげんよう」と、時には「ごきげんよう、さようなら」と明るく笑顔で挨拶することで、相手との心の交流がより和やかで品のあるものとなります。

タイトルとURLをコピーしました