PR

お年玉はあげたくないという気持ちは非常識?ケチなだけ?やめる方法、理由を考察!

04:冬(12~2月)
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

新年が訪れると、多くの人が「お年玉を渡したくない」と考えることがあります。

子供のころは心待ちにしていたお年玉も、大人になると正月の家族集まりを重荷と感じることがありますね。

親しくない親戚の子供たちにまでお金を渡す必要性に疑問を抱く人も多いです。

子供のいない家庭から見れば、子供のいる家庭への贈り物が一方的で、不公平に感じられることもあるでしょう。

自分の家族が多くのお年玉を受け取ることがあっても、人数の差による気遣いが必要で、その感覚は共感できます。

この記事では、お年玉を渡したくないという人々の声を集め、その背景と解決策を探っています。

新年を心地よく過ごすために、お年玉に関する悩みを持っている方は、ぜひこの記事をお読みください。

お年玉のジレンマ:贈りたくない気持ちとその理由

お年玉を渡すことに対して抵抗を感じる人々は、その背景に多様な理由を持っています。それらの理由を探ってみましょう。

・無償の贈り物による損失感

特に独身や子どもがいない人、または贈る側が多い場合には、無償の贈り物によって「損している」との感覚を抱きやすくなります。お年玉は基本的には謝礼を伴わないため、単なる出費の増加と感じられることがあります。受け取る子どもたちからの感謝の言葉があれば、少しは気持ちが和らぐかもしれません。

・親しくない子どもへの贈り物

特に親しいわけでもない子どもや、特別に愛情を感じない場合、お年玉を渡すことに躊躇することがあります。感謝の言葉がなかったり、不満そうな反応をされると、なおさら贈ることに疑問を感じるようになります。これは特に、日頃あまり交流がない子どもたちに対しては、形式的な行為と捉えられがちです。

・家計が苦しい場合

経済的に余裕がない時、お年玉は一層の負担になります。年末年始は様々な出費が重なるため、お年玉を贈ることによる追加の負担は避けたいものです。

 お年玉をやめることが難しい理由

お年玉をやめたいと思っても、実際にはやめることが困難です。

・常識としてのお年玉

多くの人々は、お年玉の贈与を常識として捉えています。調査によると、多数の人々がお年玉を贈るつもりでいることが明らかになっています。子どもたちへの贈り物、または正月の慣習として、お年玉を贈らない選択は抵抗が伴うものです。

・子供たちの期待感

家族が集まる正月には、子供たちはお年玉を大いに楽しみにしています。たとえ親しくない子供であっても、彼らの期待を裏切ることには躊躇を感じるものです。子供が失望する姿を目の当たりにするのは、心苦しい経験です。

・催促される場合

お年玉を贈ることが一般的であると、子供やその親、さらには祖父母から催促されることがあります。これは特に、家族や親戚との関係によって、感じ方が異なることがあります。大人からの催促は、特に複雑な感情を引き起こすことがあります。

 お年玉を贈るかどうかの心理的な対応策

お年玉を贈るかどうかで悩んだとき、心の整理をするための方法をご紹介します。

次のようなアプローチを試してみましょう。

・お年玉のみに絞る

たとえば、他のお祝い事(クリスマスプレゼントや誕生日プレゼントなど)は行わず、お年玉だけに専念するという方法です。これにより、他のお祝いにかかるコストを削減できます。また、直接手渡しをすることで、子供たちが感謝の気持ちを表しやすくなる効果もあります。

・一定額を設定する

全ての子供に対して、年齢に関係なく同じ金額を贈ることで、年々の負担を軽減できます。例えば、いつも一定の額(例: 3000円)を設定する方法です。

・お年玉の期限を定めて宣言する

「いつまでお年玉を贈るか」を事前に決め、それを明言することが効果的です。例えば、「高校生まで」といった具体的な条件を設定し、それを伝えることで、将来の計画が立てやすくなります。

・親同士で協議する

子供には大人の事情が理解しにくいため、親同士で金額や期限について話し合い、合意を形成することが大切です。

スポンサーリンク

お年玉を贈らない選択:その妥当な理由と注意点

お年玉を贈りたくないという決断をすることも一つの選択です。お年玉は義務ではなく、贈らない決断をしても問題ありません。

次のような代替案や注意点を検討してみましょう。

・代替の贈り物を検討する

お年玉の代わりに、別のプレゼントやお菓子、商品券などを贈る方法です。

・正月の集まりを避ける お年玉を贈る機会を避けるために、年始の家族集まりに参加しない、または参加する時期を変更する選択肢もあります。

・贈らないことをはっきり宣言する

「もうお年玉はあげない」と明確に宣言することも一つの方法です。これには勇気が必要ですが、自分の意志をしっかり示すことができます。

 お年玉を贈らない場合の配慮と影響

お年玉を贈らない選択には、いくつかのリスクや影響が伴います。

・親戚の反応に配慮する

お年玉を贈らない選択をした場合、親戚からの反応には注意が必要です。場合によっては、将来的な関係に影響を及ぼす可能性があります。

・自分の子供への影響を考慮する

もし自分に子供がいる場合、お年玉を受け取ることが困難になる可能性があります。この点を踏まえ、将来子供が生まれた際には、贈り物の交換を再開することも考えると良いでしょう。

 

まとめ

今回のお年玉に関する検討を通じて、お金にまつわる問題のデリケートさを改めて感じました。

お年玉の贈与は、本質的には気持ちの問題です。しかし、多くの人がお年玉を贈ることや受け取ることを当然とみなしている現状があります。このような状況は、多くの人々にとって心のもやもやを引き起こしていると思われます。

今回のまとめで感じたのは、お年玉を受け取る側が、それを当然と捉えてしまうことの問題点です。受け取る側が傲慢な態度をとることは、誰にとっても不快です。

これを踏まえると、自分が贈る側になった時のことを考えると、より明確になります。自分の子供が素直に「ありがとうございます」と感謝の気持ちを表現できるように育てることの大切さを、強く実感しました。

タイトルとURLをコピーしました