PR

除夜の鐘は何歳からさせてもいい?深夜の年越し行事に子供を参加させる時のポイントと参加させない親の意見も紹介!

04:冬(12~2月)
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

除夜の鐘を子供と共に体験するには、どのくらいの年齢が適切だと思いますか?

この行事は、新年を迎える際に寺で108回の鐘を鳴らし、一年間の心の迷いを清める意味を持っています。

長年にわたり日本の文化として受け継がれてきたこの伝統には、年末に多くの人々が集まります。

しかし、夜遅くに子供を連れて行くことへの懸念もありますよね。周りからどう思われるか気になる方も少なくないでしょう。

そんな疑問に答えるため、子供を除夜の鐘に連れて行く最適な年齢について様々な見解を集め、ここにご紹介したいと思います。

除夜の鐘と子供:ママたちの経験とアドバイス

除夜の鐘に子供を連れて行くべきかどうか、多くの親御さんが悩んでいます。子供がどの年齢で参加するのが適切かは、特に気になる点です。

たとえば、私も上の子が小学校の高学年になるまでは、毎年大晦日に子供を連れて行くかどうか迷っていました。

でも、下の子がまだ幼い(未就学児)で、すぐ眠ってしまうため、今のところは一緒に行けていません。そこで、実際に除夜の鐘に参加したママたちの話や参加しない理由を集めてみました。

子供を連れて除夜の鐘に行く派の意見

子供と一緒に除夜の鐘に行く家庭では、さまざまな考え方があります。

・恒例行事として

例えば、「子供が寝ていなければ、近くの神社に行くこともある」と話す1歳の子のママがいます。

別の家庭では、「昨年は子供たちを連れて行ったので、今年も花火を見た後、初詣に行く予定」と11歳と5歳の子供のママが言います。

・祖父母との時間

「上の子は祖父母と除夜の鐘に行き、下の子は家で私と過ごす」と10歳の子供のママが話し、「上の子は祖母と行くが、下の子と私は家で過ごす」と8歳の子供のママも言います。

・子供の希望に応えて

「今年は子供2人と妊婦の私で、近くの寺に行く予定です。子供たちが行きたがっています」という家庭も。昨年はイベントに行きましたが、下の子が眠くなり、車で年を越しました。

除夜の鐘に行かない派の意見

除夜の鐘に行かない選択をする家庭も多いです。

・深夜の外出は避ける

多くのママは、「寒い中、子供を外に連れ出すのは可哀想」と考え、寒さ対策の必要性や、小さい子供がいることを理由に参加しないと言います。

・昼間の初詣

「寒いのが苦手なので、深夜には出かけない。初詣は明るい時間に行く」と言うママもいます。また、「子供たちは普通夜10時には寝るので、大人だけで新年を迎え、家族全員で朝から初詣に行く」という家庭もあります。

子供と除夜の鐘に行く際のポイント

子供を連れて除夜の鐘に行く際は、いくつかのポイントに注意しましょう。

・しっかり防寒を

大晦日は寒いので、しっかりとした防寒対策が必要です。また、子供は普段の睡眠時間に活動するため、体調を崩しやすいです。

・人混みでの安全確保

特に大きな神社では、大晦日の夜は混雑します。お酒を飲んでいる人やお祭り騒ぎの人もいるので、子供が迷子にならないよう気をつけましょう。田舎の暗い道では、転倒のリスクもあります。大人と手を繋いで移動するのが安全です。

・短時間で終える

子供にとってはいつもの就寝時間なので、できるだけ短時間で終えるようにしましょう。

スポンサーリンク

子供への教育としての除夜の鐘:新年を迎える特別な時

大晦日に子供と共に除夜の鐘を体験することは、特別な思い出となるでしょう。そのためには、除夜の鐘の背景や意味を子供に教えることが重要です。

例えば、人間には108の煩悩があるとされ、その数に合わせて鐘を鳴らします。通常、107回は旧年中に、最後の1回は新年に入ってから鳴らすのが慣わしです。鐘や鈴の音には心を浄める効果があるとも言われています。一年の終わりにさまざまな出来事を鐘の音に託して、心新たに新年を迎えるのが、除夜の鐘の素晴らしい伝統です。

まとめ

除夜の鐘は、子供にとって新年の始まりを実感する貴重な機会です。しかし、深夜に行われるため、子供の体調や関心、周りの状況を考慮し、参加するかどうかを決めるべきです。

深夜の除夜の鐘に参加しない場合、多くの家庭は明るい時間帯の初詣を選びます。騒音の問題から、昼間に鐘を鳴らす寺も増えています。

子供が夜遅くまで起きるのが難しい場合は、無理をせず、昼間の参拝を選ぶと良いでしょう。家から除夜の鐘が聞こえる環境なら、家で静かに年末を過ごし、新しい年への希望を持つのも素敵です。

タイトルとURLをコピーしました