PR

新しいPCへiTunesデータを移す:USBのみできる簡単な方法を紹介!USBメモリ、外付けHDDの違い・使い分けについても解説!

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

新しいコンピュータの購入時には、 以前のコンピュータからのデータ転送作業が、 技術的に不慣れな方々にとっては一苦労となります。

中でもiTunesのデータ移行は特に重要です。 自らの好みで調整したiTunesのプレイリストや、 再生履歴等のデータを新しいPCにも適用したいものです。

USBフラッシュドライブや外付けハードディスクを用いた、 簡便な転送手法をこちらで丁寧に説明します。

旧PCから新PCへの移行:準備するべきこと

新しいPCへのiTunesデータ移行の際、 初めに古いPCでiTunesデータを整理することが必要です。

データを一元化しておくと、 新しいPCへの転送がスムーズに進みます。 また、PCが故障する可能性も考慮し、 他のPCに迅速に移行できるようバックアップは欠かせません。

iTunesデータを効率的に管理する方法

iTunesのライブラリ等を適切に管理しなければ、 新しいPCでの音楽再生が不可能になります。

別途、音楽ファイル等のデータ移行が必要となるため、 あらかじめ確実に整理しておく必要があります。

整理方法は次のとおりです。

iTunesを起動し、左上の[ファイル]を選択後、 表示されるメニューから[ライブラリ]を選択し、 続いて[ライブラリを整理]をクリックします。

次に表示される[ライブラリを整理]画面で、 [ファイルを統合]にチェックを入れ、[OK]をクリックしてください。

これで、散在していた音楽ファイル等が、 一つの場所に集約されます。

スポンサーリンク

新PCへのiTunes移行プロセス

最初に、旧PCにUSBメモリや外付けHDDを接続し、 [ミュージックライブラリ]内の[iTunes]フォルダを複製します。

データ移動手段は、iTunesデータのサイズに応じて選びます。

8GBから32GBのデータ量であればUSBメモリを、

32GB以上の場合は外付けHDDを使用します。

適切なデータ転送方法を選択し、フォルダのコピー後はデバイスを取り外します。

次に、新しいPCにiTunesをインストールし、一度起動後に終了させます。

マイドキュメント内のマイミュージックフォルダにある、 [iTunes]フォルダを移動または削除します。

その後、先に使用したUSBメモリや外付けHDDを新PCに接続し、削除した場所に 旧PCからコピーした[iTunes]フォルダを貼り付けます。

iTunesを再起動すれば、新PCへの移行が完了します。

もしライブラリが正常に復元されない場合は、 Shiftキーを押しながらiTunesアイコンをクリックして起動し、 出てきたライブラリ選択画面で[ライブラリを選択]をクリックします。

旧PCから移行した[iTunes]フォルダ内の「iTunes Library.itl」を選択することで、 移行作業が完了します。

USBメモリーと外付けHDDの使い分け

コンピュータのファイルを携帯したり、バックアップする際に、USBメモリーと外付けHDDどちらを使用すべきか悩むことはよくあります。以下で、それぞれの特徴を解説します。

・USBメモリーとは何か?

USBメモリーは、フラッシュメモリを記憶媒体とし、USB接続で使用されるストレージデバイスです。そのサイズは板ガムほどで、持ち運びに便利な軽さが特徴です。

保存容量は数GBから256GB、512GBと多様で、2021年現在、1TBを超えるモデルも存在しますが、その価格は約2万円とやや高価です。

USBメモリの利点は、その携帯性や衝撃耐性にあります。しかし、書き換え可能な回数に限界があり、頻繁な使用で故障する可能性がある点には注意が必要です。

・外付けHDDとは何か?

外付けHDDは、パソコンの内蔵ハードディスクドライブを外部で利用するストレージです。一部はACアダプターでの電源供給が必要ですが、ポータブルタイプのものは補助電源なしで使用できます。

2021年現在、外付けHDDの容量は1TBから20TB以上までと幅広く、4TB以下のモデルは約1万円程度で購入可能です。しかし、容量が大きくなるにつれ価格も高くなる点には注意が必要です。

HDDの長所は、その大容量にあり、大量のデータを保存できます。寿命が明確でなく、データ損失のリスクも低いです。一方で、衝撃や磁気に弱く、重量もあるのが短所です。

・USBメモリと外付けHDDの使い分け

USBメモリと外付けHDDを比較すると、USBメモリは軽量で持ち運びやすく、外付けHDDは大容量での使用に適しています。

データを多くのデバイスに接続し、持ち歩く必要がある場合、USBメモリが推奨されます。多くの機器との互換性があり、データの移動や印刷に便利です。

一方で、家や職場など限定された場所でのデータ使用や、PCのデータバックアップには、外付けHDDが適しています。その大容量はテレビ録画の保存やPCのデータ移行に有効です。

まとめ

ここまでいかがだったでしょうか。

新しいPCに変えるのは勇気がいることですが、思い切ってやれば性能スペックが上がりあなたのパソコンライフが快適になることでしょう。

ひとが住む部屋のように、

いらないファイルを整理、削除して断舎離するのもいいですよ。

やってみれば意外に簡単だったというひとも多いので、よかったらやってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました