PR

パソコンのコイル鳴きは危険性はない?放置しても大丈夫?

この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

パソコン使用時に耳にする異音の原因として、「コイル鳴き」という現象があります。これは、パソコンの通電時に発生する部品の振動音で、コイルという部品が発する音が原因で、「コイルノイズ」と呼ばれています。

では、このコイルノイズによって普段聞こえない音がパソコンから発生した場合、そのまま放置しても問題ないのでしょうか。この点について説明します。

 

コイル鳴きは基本的に放置しても大丈夫

もしパソコンからの音がコイルノイズである場合、基本的には放置しても問題ありません。コイル鳴きがパソコンの発火や故障の原因になることは稀です。コイルノイズは通常、故障とは見なされず、メーカー保証の対象外となることが多いため、「故障かどうか」の判断は難しいものです。しかし、コイルノイズが原因でパソコンが壊れたり、発火したりすることはほぼありませんので、心配は無用です。

・「音」への耐性

コイル鳴きを放置するかどうかの判断基準は、「自身がその音に耐えられるか」です。音が気にならなければ、そのまま使用しても問題なく、放置しても構いません。コイル鳴きはパソコンにおいてよくある現象で、新品時から聞こえることもありますし、経年劣化によって発生することもあります。

コイル鳴きがパソコンの故障や発火に直結することはないため、音が気にならない場合はそのまま使い続けても問題ありません。しかし、音に敏感で、コイルノイズの音が大きく気になる場合は、修理や対応が必要です。パソコンの安全性には問題ありませんが、音がストレスになる場合は、放置せずに対処することをお勧めします。

・「コイル鳴き」以外の音がする場合は対処が必要

前述した内容は、パソコンからの音が「コイル鳴き」である場合に限った話です。もし、パソコンから発せられる音がコイル鳴き以外のものである場合、それを放置すると重大なトラブルやパソコンの故障につながる可能性があります。自分で「これはコイル鳴きだ」と確信できる場合は問題ありませんが、そうでなければ専門家に相談するか、古いパソコンの場合は買い替えを検討することをお勧めします。コストや手間がかかるかもしれませんが、コイル鳴き以外の音は重大なトラブルを引き起こす可能性があるため、放置は避けた方が良いでしょう。

・修理が必要かどうかは微妙な問題

コイル鳴きの場合、機種によってはそのような音が発生しやすいものですが、それを「仕様」として修理の対象外とする場合もあります。また、コイル鳴きの音の大きさには個人差があり、微弱な音だと専門家に相談しても「問題ない」とされることもあります。故障かどうかの判断は、対応する人や状況によって異なるため、一概には言えません。経年劣化によるものであれば、コイル鳴き自体はパソコンの故障につながらないため、音が気にならなければ放置しても問題ないです。ただし、音が大きい場合は専門家に修理を依頼することも可能ですが、気にならないレベルの音であれば、特に心配する必要はありません。

スポンサーリンク

まとめ

パソコンから発せられる音が「コイル鳴き」である場合、特に異常がなく、音量が耐え難いほどではない限り、放置しても問題はありません。コイル鳴きが原因でパソコンが故障することはほぼありません。もしパソコンが故障した場合は、コイル鳴き以外の原因があるか、異音自体がコイル鳴きではなかった可能性が高いです。したがって、音がコイル鳴きに由来するものであれば、心配せずに使用を続けても概ね安全です。

タイトルとURLをコピーしました