PR

年賀状コスト削減!料金上昇への対応策

この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

2024年の秋以降、はがきの料金が上昇することが予定されており、これに伴い年賀状のコストも増加する見込みです。ただし、今後年賀状が値上げ対象外となる例外措置が発表される可能性も完全には否定できません。

この料金上昇は、2024年の年末を迎えるにあたり、特に2025年以降の年賀状に対する経済的な負担を増やすことになります。年賀状を出さない方や少ない枚数で済ませる方にはあまり影響がないかもしれませんが、多くの年賀状を出す方にとっては、このコスト増は大きな負担となります。

そこで、はがきの値上げに伴う年賀状のコスト増にどう対応するかについて考えてみましょう。

はがき料金の値上げはいつから影響する?

はがきの値上げは、2024年秋から開始される予定で、これにより年賀状の料金も上昇する見込みです。はがきの価格が63円から85円へと大幅に上昇するため、例えば100枚の年賀状を出す場合には、そのコスト増は無視できないものになります。

正確な時期や、年賀状が具体的にどう影響を受けるかについては、今後の公式発表に注目が必要です。では、この料金上昇にどのような対策を講じることができるか、以下で詳しく見ていきましょう。

・年賀状をやめる選択肢

はがきの料金が上がる中、最も効果的な対策として、年賀状の交換を完全にやめることが挙げられます。今は年賀状を交換する人が減ってきていますし、値上げは年賀状をやめる絶好のタイミングです。面倒に感じていた人にとっては、値上げはやめる理由として十分になります。価格の上昇を機に年賀状から卒業することは、コスト削減に非常に効果的です。

・年賀状の枚数を減らす

年賀状を完全にやめるまではいかなくても、送る枚数を減らすことも一つの方法です。たとえば、これまで30枚送っていたのを20枚に減らすなどです。疎遠になった知人や、年賀状の返信が少ない人、他の方法で連絡が取れる人を見直すことで、年賀状の枚数を減らし、経済的な負担を軽減できます。

・印刷費用を節約する

年賀状の印刷を業者に頼んでいる場合は、その費用を節約することも出費を減らす方法です。印刷業者を比較して安いところを選ぶ、自宅で印刷する、手書きにするなど、様々な選択肢があります。はがきの枚数を減らせない場合でも、印刷やその他のコストを抑えることで節約に繋がります。

・デジタルで挨拶を済ませる

新年の挨拶は、年賀状でなくても大丈夫です。現在ではメールやLINE、SNSなど多様なデジタル手段が利用できます。これらを使えば、通信料や電気代程度の費用で済みます。年賀状にこだわりがなければ、これらのデジタル手段を活用することで、費用も時間も節約できます。

・年賀状をやめることを伝える

年賀状をやめる際は、急にやめて誤解を招くことがあるので注意が必要です。普段から連絡を取り合う相手には「来年から年賀状をやめる」と伝えると良いでしょう。値上げを理由にすれば、多くの人が理解しやすいです。普段連絡を取り合わない相手には、年賀状に「今年で最後にします」というメッセージを入れると良いでしょう。

・費用の問題がない場合…

もし費用について心配がなければ、年賀状をこれまで通り送り続けるのも一つの選択です。年賀状の値上げが気になるかどうかは、個人の判断次第です。費用のことが気にならないなら、そのまま年賀状の交換を続けても問題ありません。

ただし、自分が年賀状の交換を続ける場合でも、相手に強制しないことが大切です。自分は構わなくても、相手が年賀状を出すことに消極的かもしれないので、お互いが気持ちよく交換できることが大切です。相手が嫌がる場合は、メールでの返事でも構わないなどの配慮が重要です。

 

スポンサーリンク

まとめ

年賀状の値上げに対する最大の対策は、「年賀状自体をやめる」ということになります。しかし、今の時代、新年の挨拶は年賀状以外でもさまざまな方法で行えます。それらを活用しながら、値上げによる負担を上手にカバーしていきましょう。ただし、相手に自分のやり方を押し付けないように注意が必要です!

タイトルとURLをコピーしました