PR

ランニングを習慣化する際の他人の目と、欠かせない周囲への気配り

99:雑記・その他
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

毎日ランニングの話をする時、それが迷惑だと感じる人がいることを知っていますか?一歩を踏み出すだけでいい、身体を動かすという良い趣味だと思われるランニングですが、どういうわけか苦手とする人もいます。

 

老若男女を問わず参加できる活動で、多くの装備がいらないため、子供からお年寄りまで幅広く楽しめます。近頃はおしゃれなランングウェアも豊富で、女性ランナーが増えています。

 

ですが、この広く受け入れられたスポーツをするにあたって、周囲への配慮は不可欠です。多くの人が日々取り組む中で、どうもある行動が他人の限界を試しているようです。

 

一体どのような行為が人の反感を買うのでしょうか?この記事では、ランニング愛好者のどんな振る舞いが周囲に不快感を与えるのかを詳しく説明します。

 

ランニング愛好家が気をつけたい!社交上の3つの注意点

ランニングが趣味の方が時に周囲から反感を買ってしまう原因、それはもしかすると、人づき合いにおける気配りが足りないからかもしれません。では具体的に、どういった行為がそんな反感を招くのか、順に見ていきましょう。

●過剰なアピールかも?SNSでの完走自慢

例えば、ランニングイベントでの成果をSNSで報告する行為。たとえば、以前の上司がマラン愛好家だったとします。 彼は大会完走を周りに自慢するのが常でした。

・日本各地で開催される大規模ランニング大会

・東京マラソン

・大阪マラソン

・NAHAマラソン

こうしたイベントは年間を通じて日本全国で行われ、多くの人々が参加しています。それゆえに参加情報は広く共有されがちです。しかし、ランニングに興味のない方から見れば、「完走しました!」という報告はピンとこないかもしれません。自分の努力の成果を共有したい気持ちはわかりますが、相手の関心がない場合、それが迷惑と感じられることもあります。

●健康への自負心?他人への不適切なマウンティング

また、自分の健康的な生活習慣を他者に誇示する傾向も注意が必要です。ランニングでの汗と努力、食事管理による体形維持などの日々の努力は立派なことです。

しかし、それを理由に、運動していない人々に対して優越感を示すのは適切ではありません。私の前の上司は食事のカロリーにも神経を使っていましたが、それを他人に強要するのは好ましくありません。ランニングの良さを伝えようとする心は理解できますが、相手にその必要性を感じてもらえないと、ただの押し付けになってしまいます。自らの興味に共感してくれる人と話す場合は別ですが、そうでない場合は控えた方が賢明です。

●運動の喜びを分かち合いたい!でも押し付けはNG

3点目は、ランニングの楽しさや魅力を他人にも伝えたくなる気持ちです。私自身、上司からランニングへの誘いは受けませんでしたが、代わりにハイキングに誘われたことがあります。

ランニングのいろいろな利点を共有したいという気持ちは自然なことですが、関心のない人にランニングへの情熱を押し付けたり、無理に誘うのは避けるべきです。

・ランニングによるメリットはたくさんあります

心も体もリフレッシュでき、ストレスを減らすことができます 筋力がつき、動作がスムーズになります 寝つが良くなり、質の高い睡眠が得られるようになります 血行が促進され、新陳代謝が活発になり、便秘症が改善されます

こうしたメリットで、よりポジティブな気持ちになることも可能です。ランニングは気軽に始められるスポーツなのですから、興味がある人に提案するのはいいでしょう。しかし、関心がない方に対するランニングへの熱い想いは、相手にとっては迷惑に感じられる場合がほとんどです。相手があなたの話に耳を傾けているかどうか、慎重に見定める必要があります。

家庭内で語られないランニング愛好家の裏側

ランニングなどのアクティブな趣味を楽しむことで、家族に無自覚な負担をかけてしまうことも珍しくありません。

ランニングに熱中する人は少なくないですね。それで、家族が胸に隠している不平を抱えているのでしょうか? この部分では、家族が感じている本当の感情を探りますが、ランナーのパートナーは知らないかもしれません。

家族時間が奪われることへの気づき

ランナーと生活する家族から聞いた不満は、ランニングによって家族と過ごす貴重な時間が削られてしまっている点です。

運動がもたらす肉体的な恩恵は否定できませんが、それにかかる時間管理を見失っては意味がありません。平日だとランニングと体調管理に平均2時間、休日や大会の日はそれ以上も少なくありません。

運動をするのは悪いことではないですが、配偶者や子どもとの大事なひとときは見逃せないもの。考慮に入れるべきは、継続的な愛趣味と家族生活のバランスです。

苦労話:大会当日の送迎と応援

国内外で開催されるマラソン大会への送迎は大変で、大抵の場合はパートナーや家族の仕事になりがちです。

知らない場所で行われる大会では、より一層の労力を要求されます。夫が走っている間の応援も大切な役割ですが、家族が快く思っていない場合、無理強いは控えた方が良いでしょう。

衣類管理は自己責任で

ランニングウェアはトレーニング後に洗濯するべきもの。1年を通じて汗をかく運動ですから、洗濯が増えがちです。

生活共有者は配偶者のサポートに期待しており、衣類管理もその一環です。配偶者に全て任せず、ランナー自らが率先して家事の一部を担うと喜ばれます。

スポンサーリンク

健康志向ランナーへのプレゼントアイデア

これまでに触れた家族の内心や、ランナーが時に煩わしいと思われるポイントについて説明しましたが、では、家族に対する感謝の気持ちを表すには?

ここでは、ランナーが家族に選ぶべき最適なプレゼントを提案します。

●第1の候補:家庭用マッサージャー

普段からサポートしてくれるパートナーへの感謝を表すとき、マッサージ器がうってつけです。

ルルドのマッサージクッションは、家庭で本格的なマッサージを享受できて、見た目もおしゃれなデザインです。

肉体を支えるグッズは夫婦共用でも問題なく、ランナーもパートナーもリラックスできるためです。

●第2の候補:添加物フリーのスイーツ

特別なサプライズにはケーキが定番です。普段の感謝の気持ちをメッセージに込めれば、この上ないプレゼントになります。

無添加スイーツ専門店のデコレーションケーキは、見た目も美しく、大きなホワイトチョコのメッセージプレートでさらに感動を与えることができます。

まとめ

熱心にランニングをすることが、時に他の人々に迷惑となる場合もあります。他人の理解を得たいのであれば、相手の立場に立って行動することが重要です。みんながランニングの楽しさに共感するわけではありませんから、無理に勧めるのではなく、周囲の人々とのバランスを大事にしましょう。

ランニングに夢中になり過ぎて、家族との大切な時間をないがしろにしないように、気をつけることも大切です。大会に参加する際には、無償で交通手段や応援を提供してくれる家族へ、感謝の気持ちを忘れずに、日々の生活での彼らの協力にも積極的に参加しましょう。

家事や子育てに忙しいパートナーに対しては、健康を配慮したプレゼントが喜ばれます。例えば、疲れた身体を癒やすホームマッサージ器が理想的です。甘いものを好む方には、無添加で安全なスイーツのデリバリーサービスを贈ると喜ばれるでしょう。

趣味を持たない人が増えているとはいえ、趣味を通して得られる色々な経験は人生を豊かにしてくれます。

大会から帰宅した際には、記念のお土産を選ぶなどして、家族への感謝の意を表すことは、とても心温まる行為になります。

タイトルとURLをコピーしました