PR

電子レンジだけで皿を温める方法はどうなの?オーブンは利用できる?

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

何と言っても暖かいお料理は格別ですよね。でも、作ったての料理がすぐに冷めてしまうのは残念な気持ちになります。冷え冷えの皿では美味しい料理も台無しです。そこで食器を事前に暖めておくわけですが、果たして電子レンジでの温めは実践可能なのでしょうか? また、オーブンを使った温め方についても見ていきたいと思います。このテクニックに焦点を当て、くわしい解説をご紹介していきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

食器の温め直し、電子レンジでも可能?

 

電子レンジの利便性を考えると、すぐにでも物を温められるので重宝しますね。それでは、食器そのものを温めるのに電子レンジが役立つかについて意見が分かれるところです。

 

この話に進む前に、電子レンジがどうやって働くのか、基礎からおさえておきましょう。マイクロ波という電磁波を使って物質を加熱するのですが、マイクロ波が物質を突き抜ける際に発生するエネルギーが物を温める原動力になります。

 

この加熱効果が際立つのは水分子がある場合で、水分子が振動して物質が暖まるという仕組みです。一般的な食物には水分が含まれていることが多いため、電子レンジで温めやすいのです。

 

さて、食器を温める場合についてですが、水分を含まない食器をそのまま電子レンジで温めても、ほとんど温かくなることは期待できません。

 

しかしもし食器に水を含ませたり、水滴がついていれば全く違う話で、しっかり温めることができるのです。食器が電子レンジから熱々で出てくるのは、食器に乗せられた食べ物が熱されて、その熱が食器に移った結果です。

 

結論としては、適切な状態を作り出せば、食器もしっかり温めることができるのです。

 

但し、電子レンジで食器を使う際には注意が必要です。例えば、陶器や金属が含まれた食器などは使えなかったり、特に金属が含まれる場合は危険で、故障や火災の原因となる恐れがあるので使用は避けましょう。

スポンサーリンク

食器をあたたかくするコツって?

前にも触れましたが、湿気のない状態の皿を電子レンジで温めても、あまり温度は上がらないんですね。でも、皿に水を含ませれば事情が変わり、電子レンジでの加熱が効果的になります。

 

皿を温める手段として、オーブンを使う方法もありますよ。オーブンは電子レンジとは異なり、熱エネルギーによって内部を暖めて、それで物を温めるんです。ですから、オーブンでは特別な水分を必要とせずに皿を温めることができるんです。

 

ですが注意点がありまして、通常の皿を使うと、高温による破損や変形、あるいは装飾の損傷リスクがあるんです。そこで、耐熱ガラスの皿や、それ用に設計された皿の使用がおすすめです。

 

また、オーブンから出した皿を冷水にさっと浸すと急激な温度変化で割れることも。ですので、安全な方法としてはこんな風に行います:

 

・皿にお湯を注ぐ ・温まった湿らせた布の上に皿を乗せる

 

こういった方法で温めることが一般的です。食器を温める際は、丁寧に作業しましょう。

 

まとめ

水分がなければ電子レンジはあまり役に立たないけれど、水を使えば皿も暖まります。ただし、金属や特殊な素材でできた食器を電子レンジで加熱すると、問題が起こる可能性があるので、気をつけてくださいね。オーブンなら、加熱のメカニズムが異なるため、皿を効果的に温められますが、対応した皿を選ぶことが大切です。オーブン使用後の皿に対しては、急な温度変化を避けるようにしましょう。いずれにせよ、皿を温める時は慎重さが不可欠です。

タイトルとURLをコピーしました