PR

アプリでモザイクを解消できるのか?徹底検証をしてみました!

99:雑記・その他
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

カメラ付きスマートフォンが普及した現代社会においては、写真を撮ってSNSにアップするのが日常の一部となっていますね。しかし、写真には個人情報が含まれていたり予期せぬ人物が映り込むこともあります。これらを公開する際には、肖像権の侵害などの問題を避けるため、注意が必要です。そこで、プライバシー保護のためにモザイク処理という手法が選択されるわけです。

 

モザイクをかけるためのアプリは豊富に市場に出ていますが、一方でそのモザイクを取り除くアプリの存在についてはあまり耳にしません。専門機器での除去はあるものの、アプリを使って同様の作業が行えるかどうかは疑問です。

 

今回の記事ではそんな疑問に答えるべく、モザイクを消せるアプリが実際にどの程度機能するのかを検証してご紹介します。

モザイク除去アプリ

 

今日では、スマートフォンで簡単に写真やビデオを撮ることができるようになり、SNSで共有する際には画像の編集やモザイクの追加が行われることがありますね。モザイクを適用するシーンとは、主に映り込んだ人々のプライバシーや個人情報を保護するための手段です。テレビ放送でもよく見かける光景ですが、番組に関係のない企業名や商品名が表示されている場合にもモザイクは役立ちます。また、映画や古い番組の映像では権利関係のために、あるいはスポンサーの情報を伏せるためにも使用されます。懐かしいテレビのシーンを見て、「あ、これモザイクがかかってるな」と思ったことはありませんか?

 

最近では、ロケーション撮影時に場所を特定しづらくするためや、通りがかりの人々の顔や看板に書かれた電話番号、自動車のナンバープレートから個人情報を守るためにも、モザイクが使用されます。日本では、わいせつな画像や動画を伏せるためのモザイクが一般的に知られており、「モザイク=センシティブなコンテンツ」という印象が強いですが、現代ではそれに限らず、さまざまな理由でモザイクが重要になっています。

 

モザイクを解除する手段として、パソコンやアプリケーションが便利だと思いませんか?私もそれに挑戦しました。特定の処理を施すことで、画像を一定程度復元することは可能ですが、完全な復元は保証できません。モザイクが複雑で強い場合は、完全に解除することは困難です。つまり、情報が欠けている状態では、元の情報を補完することはできません。結論から言えば、2022年10月の時点では完璧なモザイク除去アプリは存在しません。

 

「モザイク」という言葉は元々フランスの美術用語で、写真やビデオにおいて表示したくない部分を不鮮明にするためのピクセル処理を指します。このモザイク処理では、非可逆的な変換が行われることもあります。ただし、あるアプリ「Remini」は、画像のクオリティを向上させる機能を持っており、場合によってはモザイクを少し修復することができると言われています。このアプリは、AndroidおよびiPhoneで無料で利用でき、一日5回の使用制限がありますが、高画質化機能が非常に便利です。ただし、Reminiは画像の復元を目的としたものではなく、改善された画像も完全に元の状態であるとは限りません。また、文字や顔などのモザイクを完全に解除するのは難しいままですが、モザイクが細かい部分については一部修復が可能です。試してみたい方は、写真の種類にもよりますが、少しでも雰囲気を取り戻すことが期待できるかもしれません。

 

興味深いことに、「Google」がモザイクを解除する技術の開発を進めています。初期の試みでは完全ではなかったものの、徐々に画像を改善する方法が見つかっており、今後さらなる進歩が期待されます。

写真や動画のモザイク除去に使えるアプリ

 

最近、画像の一部をぼかし(モザイク)を原型に復元するためのアプリ、Reminiの存在をお伝えしましたが、アプリを使用せずに同様の作業を行う他の手段は存在するのでしょうか?

 

多くの無料やプレミアムのソフトウェアが、この問題の解決に役立つようです。

 

GMASK

 

この無料のツールは、「CPマスク」という特定の種類のモザイクを取り除くことができます。CPマスクとは、モザイクを掛ける際に設定される16文字以下のパスワードで、そのパスワードを使ってモザイクを解除するシステムです。GMASKでは、もしパスワードが不明でも画像のCPマスクを除去し、元の状態に近づけることが可能です。心配なく使用できる合法的なフリーウェアです。

 

DeepMosaic

 

このアプリケーションの利点は、静止画だけでなく動画のモザイク部分も解消可能である点です。動画編集のプロセスを容易にするため人工知能技術を使用しており、対象の物体を特定します。使用するためには、Windows 10または11が搭載されたPC、8GB以上のメモリ、10GB以上の空き容量が求められます。ソフトウェアはオンラインで簡単にダウンロードでき、公式サイトで使い方が確認できます。初心者にも使いやすく、無料でありながら高い再現性を誇ります。

 

Demosaic

 

漫画やアニメのモザイク除去に特化した無料ダウンロード可能なソフトもあります。これは特に2次元の画像向けです。

 

PULSE

 

デューク大学の研究チームが開発したこのソフトウェアは、モザイクを除去できるものの、顔写真の場合、本人が誰であるか判別しづらくなる場合もあります。スマートフォンでの操作も可能です。

 

モザイクリーン(有料)

 

フリーではないこのソフトは、わずかな操作で画像のモザイク部分を修復できます。パラメータを手動で調整する必要なく、モザイク除去が行われるのです。まさに有料ならではの充実した機能性を持ち合わせています。

 

モザイク除去装置(ハードウェア)

さらに、これらのソフトウェアやアプリで満足な結果を得られない場合、モザイクを取り除くための特化したハードウェアも市場に出回っており、ウェブ通販で購入可能ですが、価格が高めなので注意が必要です。

スポンサーリンク

画像のモザイク除去装置

画像からモザイクを消去する機能を有する装置について耳にしたことはありますか?理論上可能な技術ではあるものの、実際にどれほど効果的なのかは見極めが必要です。

 

この類の装置はオンラインショップで容易に手に入れることができ、モザイクの種類はその解像度や形によって多様です。適用されたモザイクの方式によって、装置の効果は大きく変わります。

 

特定のモザイクタイプに特化した装置もあるため、それとは違うタイプのモザイクには効かない可能性があります。高価な機械も存在しますが、その投資が確実に報われるかは確約されていません。

 

実際に使用した人々の評価を見ると、「期待したほどの効果は得られなかった」「望んだ結果にならなかった」との意見も多く見受けられます。

 

完璧に元の画像を復元できるわけではなく、改善される部分もあれば、画像がぼやけたり他の部分が傷んだりすることもあるため、支払った金額に見合うだけの価値があるかは疑わしいです。

まとめ

画像からモザイクを取り除くことは技術的に困難であり、現在市販されているアプリやソフトウェアによる完璧な解除方法は存在しません。「Remini」のようなアプリではある程度の画質改善が見込めますが、完全な復元は保証されていません。GMASKやモザイククリーンなどのツールも提案されていますが、効果には疑問が残ります。さらに、いくつかの高価なモザイク取り除き機材が市場に出ていますが、高いリスクを伴うため検討には慎重さが要されます。画像や動画をモザイクなしの元の状態へ戻すのは、技術的にまだ大きな挑戦です。

 

モザイクが施される理由には、個人情報のセキュリティや知的財産の保護など、重要な動機があります。そのため、簡単にモザイクを解除できる手段が提供されることは稀です。

 

しかし、画像復元に関する研究は継続しており、単純な文字や数字の復元は人工知能を用いた技術の進歩により可能になりつつあります。また、動物や果物の輪郭なども認識可能なレベルまで復元技術は向上してきました。

 

将来的には開発者によってモザイクを解除できるソフトウェアが登場することを期待し、それまでは待つしかない状況です。

タイトルとURLをコピーしました