PR

タイムシフトマシンのメリットとデメリットは?

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

レグザという東芝のテレビやブルーレイレコーダーの一部機種にはタイムシフトマシンという機能が付いています。

タイムシフトマシンは地デジ放送の複数chを自動的に録画してくれる機能です。

予約する必要がないので、録画し忘れる心配がありません。

タイムシフトマシンは便利な機能のように見えますが、本当に使えるのでしょうか?

また、タイムシフトマシンにも欠点があるかもしれません。 タイムシフトマシンの欠点はどんなものがあるのでしょうか?

今回はこのような疑問に答えるために調査しましたので、ご覧ください。

 

タイムシフトマシンのメリットとデメリット

タイムシフトマシンはレグザという東芝のテレビやブルーレイレコーダーの一部機種に付いている機能です。

地デジ放送の複数chを自動的に録画してくれます。

録画できる時間は機種や番組やハードディスク容量によって違いますが、24時間から80時間まであります。

予約する必要がないので、録画し忘れる心配がありません。

タイムシフトマシンはどんな人に向いているのでしょうか?

メリット

タイムシフトマシンには以下のようなメリットがあります。

 

・予約が面倒な人にとっては便利

・予約録画に失敗するリスクがない

・見逃した番組や気になる番組を後で見ることができる

・テレビ番組をたくさん見たい人にとっては嬉しい

 

SNSで話題になった番組や友達に勧められた番組など、見たいと思った番組があっても、タイムシフトマシンなら録画してくれているので、いつでも見ることができます。

デメリット

しかし、タイムシフトマシンには以下のようなデメリットもあります。

 

 

・テレビを長時間見る時間がない人にとっては無駄

・リアルタイムで見たい人にとっては必要ない

 

上記の条件に当てはまる人はタイムシフトマシンを使わないかもしれません。

ただし、タイムシフトマシンで録画した番組は“シーン検索”という機能で早送りや巻き戻しができます。

テレビを長時間見る時間がない人でも、この機能を使えば時短できるかもしれません。

関連記事:タイムシフトマシンを選ぶならテレビとレコーダーどちらを選んだほうがいいのか?

おすすめ機種も紹介します。

テレビとレコーダー、どちらにタイムシフトマシンを選ぶべき?
タイムシフトマシンというのは、東芝“REGZA(レグザ)”のテレビとレコーダーの一部機種に備わっている機能です。 タイムシフトマシンを使えば、予約する必要がなくなります。 その仕組みやメリットについて、詳しくご紹介します。 テレビとレコーダ...

 

タイムシフトマシンにはどんな欠点がある?

タイムシフトマシンは録画に便利な機能ですが、欠点があるならそれを把握してから購入したいですよね。

タイムシフトマシンにはどんな欠点があるのでしょうか?

・欠点①:電気代が高くなる

タイムシフトマシンは24時間ずっと動いている状態です。

24時間でなくても設定した時間帯は動いています。

そのため普通のテレビに比べて電気代が高くなります。

・欠点②:外付けHDDの数が増える

録画の設定によっては外付けHDDを追加する必要があります。

そうすると置く場所も必要になりますし、それに伴って電源コンセントも必要になります。

・欠点③:地デジしか対応しない

タイムシフトマシンは地デジ放送を自動で録画する機能です。

つまり地デジ以外のBS番組は対応していません。

なのでBS番組が好きな人には向いていない機能と言えるでしょう。

欠点もありますが、タイムシフトマシンは便利な機能です。

 

予約が面倒くさいと思う人は対応しているレグザのテレビやブルーレイレコーダーを買ってみるのもいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

タイムシフトマシンを使った感想

タイムシフトマシンは私にとって画期的な機能です。

私は仕事が忙しくてテレビを見る時間があまりありません。

でも好きな番組がたくさんあります。

タイムシフトマシンがあれば、予約する必要もなく、好きな時間に好きな番組を見ることができます。

録画した番組は外付けHDDに保存されるので、いつでも見返すことができます。

電気代やHDDの問題はありますが、それは私にとって大した問題ではありません。

私は地デジの番組が好きなので、BS番組は気にしません。

タイムシフトマシンは私のテレビライフを豊かにしてくれました。

デジタル放送になりテレビは画質だけでなく、機能的にも大きく進化

TVerも便利だけど、テレビも便利で昔と比べていろいろな機能があります。アナログ時代はテレビはただ見るだけのものでしたが、デジタル放送になっていろいろな機能が追加されて便利になっています。

最初はデジタル放送に変えるメリットはテレビを売りたいだけのメーカーの策略と思ってた一人ですが、いい意味でそうではなかったです。そういう面もあるとは思いますが。

最後に他にも使えるテレビの便利な機能を紹介します。

 

他にも使えるテレビの便利な機能

テレビにはさまざまな便利な機能があります。例えば、以下のようなものが挙げられます。

音声アシスタント機能:

リモコンやテレビに話しかけるだけで、アプリの起動や番組の検索などができます。GoogleアシスタントやAlexaなどが対応しています。

ゲーム向け機能:

テレビの画面遅延や応答速度を改善するモードや、ゲーム機との連携機能などがあります。ゲームをより快適に楽しめます。

ミラーリング機能:

スマホやタブレットの画面をテレビに無線で映せます。スマホで撮った写真や動画を大画面で見たり、スマホのアプリをテレビで操作したりできます。

録画機能:

地デジやBS/CSの番組を外付けHDDに録画できます。気に入った番組を何度でも見返せます。一部のモデルは2番組や3番組同時録画にも対応しています。

まとめ

レグザのテレビとブルーレイレコーダーに搭載されているタイムシフトマシンは複数chの地デジ放送を自動で長時間録画する機能です。

予約の必要がなくて便利な機能ですが、テレビをあまり見なかったり地デジ以外の番組が好きな人には不要な機能かもしれません。

録画中はもちろん動いているので普通のテレビより電気代が高くなります。

録画の状況によっては外付けHDDも増やす必要があるので置く場所や電源コンセントの問題も起こります。

地上波の番組をたくさん見る人にはタイムシフトマシンはとても便利な機能です。

予約なしで録画できるというのは本当に便利ですよ。

関連記事:タイムシフトマシンを選ぶならテレビとレコーダーどちらを選んだほうがいいのか?

おすすめ機種も紹介します。

テレビとレコーダー、どちらにタイムシフトマシンを選ぶべき?
タイムシフトマシンというのは、東芝“REGZA(レグザ)”のテレビとレコーダーの一部機種に備わっている機能です。 タイムシフトマシンを使えば、予約する必要がなくなります。 その仕組みやメリットについて、詳しくご紹介します。 テレビとレコーダ...
タイトルとURLをコピーしました