PR

単なる型番じゃない!ボールバルブ「400シリーズ」と「600シリーズ」の区別

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ボールバルブは流体制御において重要な役割を担っており、シート材料に非金属を採用しています。特に「400シリーズ」と「600シリーズ」は、その分野でよく知られています。

これら二つのシリーズには、それぞれ異なるクラスと材質が存在しますが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

以下では、「400シリーズ」と「600シリーズ」の差異とその特性について詳しくご紹介します。

「400シリーズ」と「600シリーズ」の具体的な違い

ボールバルブは、内部のボールに開けられた穴が回転することで流れをコントロールし、使用が簡単で逆流を防ぐ機能を持っています。

市場で注目を集める「400シリーズ」と「600シリーズ」についてですが、多くの人が型番と誤解していることがあります。しかし、これらは実際には型番ではなく、圧力レベルを示しています。例えば、「400シリーズ」は常温時の水、油、ガスに対して約2.75mpaの圧力に耐えることができ、「600シリーズ」は約4.12mpaの圧力まで対応可能です。

「WOG」という表示はそれぞれ「ウォーター(Water)」「オイル(Oil)」「ガス(Gas)」を意味し、これらのシリーズは水、油、ガスといった様々な流体に使用できることを示しています。

国内で高い品質と信頼を誇るキッツ製の黄銅製汎用600シリーズボールバルブは、ねじ込みタイプで利用されていますが、使用する流体の種類や温度、圧力を正確に把握することが必要です。

ボールバルブとは

ボールバルブとは、流体の制御を行うためのバルブの一種で、その名の通り内部に球体(ボール)を持つバルブです。ボールの中心には貫通孔があり、この孔が流路となっています。バルブのハンドルを回転させることでボールが回り、貫通孔が流体の通路と直線的に一致すると流体が通過でき(オープン状態)、孔が流路を遮る位置になると流体の通過が止まります(クローズ状態)。

ボールバルブは以下の特徴を持っています:

1. シンプルな構造

動作がシンプルで、耐久性が高くメンテナンスが容易です。

2. 高い密閉性

ボールがシートに密着することで、優れた密閉性を発揮します。

3. 迅速な開閉操作

ハンドルを90度回転させるだけで開閉が完了するため、素早い操作が可能です。

4. 多様な用途

水、油、ガスなど様々な種類の流体に使用できます。

5. 圧力損失が少ない

フルボア設計のものは流体の抵抗が少なく、圧力損失を最小限に抑えることができます。

これらの特性により、ボールバルブは産業はもちろん、家庭での水道管など、多岐にわたる場面で利用されています。

 

スポンサーリンク

お得に手に入れる方法!

「400シリーズ」と「600シリーズ」の特徴と差異についてはご紹介しましたが、これらはコストパフォーマンスにも優れており、どちらも予算に優しい価格帯で提供されています。実際に、両シリーズは1000円未満で手に入ることが可能です。

購入時には、取引先となる業者に対し、どのシリーズを必要としているのか明確に伝えることが求められます。

オンラインでの購入も可能!

業者を介さずに自分で直接購入したい場合は、オンラインショップが非常に便利です。オンラインなら、業者を通すよりも手軽に、お財布にも優しい価格で「400シリーズ」と「600シリーズ」を見つけることができます。

多くのオンラインショップでは、即日出荷のサービスを提供しているため、迅速な配送を期待できます。

まとめ

「400シリーズ」と「600シリーズ」は、名称に反して特定の圧力範囲を指すものであり、適合するかどうかは用途によって異なります。

購入前には、製品が要件に合致しているかをしっかりと確認し、適切なシリーズを選択することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました