PR

師走の時期と日常の習慣、主なイベントは何か?

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

師走は、具体的にはいつを指すのでしょうか?この月の別名について説明いたします。

師走とは、12月を指す和風月名のひとつで、かつて旧暦で使用されていました。他の和風月名があまり知られていない中で、師走だけが幅広く知られている不思議な存在です。

では、師走という名前の由来や意味については、一体どのようなものなのでしょうか?この記事では、師走が名付けられた背後にある説や、12月に関連する別の呼び名、そしてこの月に行われる習慣や主な行事について詳しくご紹介いたします。

12月の呼び名「師走」とその起源

「師走」とは、日本特有の12月の呼び名です。この言葉は古くから伝わり、かつての太陰太陽暦、特に天保暦の時代に使われていたものです。新しいグレゴリオ暦が導入される前の月の名称で、昔は自然や季節の変わり目を表すために特別な月の名前がつけられていました。今もなお、「師走」という言葉は広く用いられ、多くのカレンダーにも記載されています。なお、この月の読み方は「しわす」となります。

師走に行われる大掃除:その意義と歴史

師走と言えば、忙しい時期や大掃除を連想する人が多いでしょう。ただの掃除ではなく、大掃除には古くから伝わる深い意義があります。例えば、平安時代には宮中で生じる煤を払うために掃除が行われていました。また、江戸時代には12月13日が大掃除の日とされ、幕府がこの習慣を取り入れていました。この行事は新年を迎えるための準備として、神々への敬意を表し、厄を払うために行われてきました。現代でも、清潔な家は神々への敬意を示すとされ、故人や先祖を迎えるための心遣いも含まれています。

師走の主な行事:冬至とお歳暮

12月には日本独特の様々な行事が行われます。特に冬至は重要な伝統行事で、一年で最も昼が短く夜が長い日とされています。この時期には、かぼちゃを食べる習慣があります。かぼちゃは本来夏の野菜ですが、冬になると熟成され、風邪予防に効果的なビタミンが豊富に含まれています。また、冬至には柚子湯に入ることも一般的で、邪気を払う効果があるとされています。そして、感謝の気持ちを伝えるお歳暮も、日本の大切な伝統行事です。この習慣は江戸時代に始まり、お世話になった人への贈り物として定着しました。また、12月はクリスマスもあり、特に若い世代にとっては大きなイベントとなっています。

12月の呼称「師走」の起源とその多様な解釈

「師走」という言葉は、一見して「師が走る」という意味合いからきているように思われます。これは12月が、お坊さんや教師など「師」と称される職業の人たちが忙しく活動する月であることを表しています。古くは年末になると、お坊さんが各家を訪ねてお経を唱える習わしがあり、これが「師走」という言葉の背後にあると考えられています。また、この「師」には教師や神社・寺院の職員、さらに兵士といった意味も含まれ、これらの人々が12月には特に忙しい時期を過ごすと言われています。

スポンサーリンク

師走の他の起源について

一方で、「師走」という名称には別の由来も考えられています。例えば、12月が年間や四季の最後を意味することから、「終わる」を意味する「しはつ」が変化して「しわす」となったという説もあります。これは12月を新しい年を迎える前の準備期間と捉える考え方です。

当て字説と12月の別称

さらに、師走の名称には「当て字説」も存在します。奈良時代の文献に「十有二月」を「しはす」と記述していたことから、「師走」という漢字が当てられたとされています。これは元々「しわす」に深い意味はなく、単に12月を指す言葉だったということです。また、12月には「梅初月」や「年積月」、「春待月」、「季冬」、「極月」といった様々な別称も存在します。

まとめ

師走という名称には「師が走る」説、終わりを意味する「し終わる」説、そして「当て字」説など、多彩な由来があります。これらを知ることは、日本の歴史や文化に触れる興味深い体験となります。また、12月には大掃除や冬至、お歳暮など、日本独自の伝統行事が多くあります。これらの行事の背景や意味を深く理解することで、日本の伝統をより深く感じることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました