PR

肌色の言い換えは「うすだいだい」「ペールオレンジ」、それとも「ベージュ」?

この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

最近、「肌色」という表現を聞く機会が減少しているように思います。あなたはこの言葉を使っていますか? 私が子どもの頃、クレヨンの色名としてよく見かけた「肌色」は、現在では「うすだいだい」と表されています。

色の認識が共通していれば、特定の用語を使うことに問題はないかもしれません。しかし、日本のように様々な肌の色を持つ人々が増えている社会では、「肌色」と一言で言い表すことは適切でない場合もあります。

この記事では、「肌色」という言葉の代わりに使える言葉や、その変化の背景について掘り下げていきます。

日本における「肌色」の歴史と現在

「肌色」という色名はかつて、日本人の肌の色合いを示す淡いオレンジ系の色を指していました。江戸時代以前は、この色を「宍色(ししいろ)」と呼んでいました。「宍」という言葉は動物の肉を指すものでしたが、徳川綱吉の「生類憐れみの令」の後、「肌色」という表現が一般化しました。

大正時代には自由画教育の導入とともに絵具や色鉛筆の需要が高まり、「肌色」は人物画で頻繁に使用される色となりました。しかし、1950年代から60年代のアフリカ系アメリカ人公民権運動の波及により、一色で肌色を表現することへの疑問が生じ、英語の「flesh」が「peach」に変わったのもその反映です。

日本の「肌色」表現の変化

日本では長い間人種差別への認識が低いとされてきました。しかし、多民族国家としての自覚が高まる中で、「肌色」という一色で表されることへの疑問の声が上がりました。2000年頃、クレヨンメーカーの製品名変更が転機となり、「ペールオレンジ」や「うすだいだい」への変更が進みました。これにより、画材から「肌色」という名称が徐々に消えていったのです。

スポンサーリンク

新しい「肌色」代替語の紹介とその背景

従来の「肌色」に変わる新しい色の名称とその意味について説明します。

1. 「うすだいだい(薄橙)」の特徴

最初に紹介する「うすだいだい」は、鮮やかなオレンジ色「ダイダイオレンジ」から派生した色です。ダイダイオレンジは鮮明なオレンジ色ですが、うすだいだいはより柔らかく淡いオレンジ色を表します。

2. 「ペールオレンジ」の特徴

続いて「ペールオレンジ」です。この色は、英語で「薄い」という意味のpaleに由来し、オレンジ色の明るく優しいバリエーションを示します。うすだいだいと似た淡いオレンジ色で、穏やかな印象を与えます。

3. 「ベージュ」の役割

「肌色」の別の代替語として「ベージュ」があります。フランス語起源のこの色名は、淡い黄色や茶色のニュアンスを含みます。日本工業規格では、わずかに赤みを帯びた淡い灰色の黄色とされています。化粧品ではライトベージュやピンクベージュなどとして頻繁に使用されます。

まとめ: 色名変更の重要性

これらの色名の変更は、製品のラベルなどでの表記を新しくすることから始まりました。しかし、日本での肌色の多様性や人種差別への認識はまだ充分ではないと言われています。状況に応じて「肌色」という表現を使用することは可能ですが、肌の色の多様性を正しく理解し、尊重することが求められています。

 

タイトルとURLをコピーしました