PR

ナスカの地上絵が消えない理由とは?謎に包まれた永続の秘密に迫る!

99:雑記・その他
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ナスカの地上絵は、なぜ長い年月を経ても消えないのでしょうか?これらの神秘的な地上絵は、古代に作られた巨大なアート作品で、その存在は多くの謎に包まれています。

これらの地上絵は紀元前200年から紀元後800年にかけて描かれたもので、日本の歴史で言えば弥生時代から飛鳥時代に相当します。子供の頃、校庭に石灰でラインを引いた経験があるかもしれませんが、そのようなラインは数日で自然と消えてしまいますよね。

しかし、2000年近くも前に描かれたナスカの地上絵がなぜ消えないのか、その理由は絵の描かれ方とナスカの大地の自然環境に隠されています。

この記事では、古代から続くナスカの地上絵が消えない理由と、それにまつわる数々の謎に迫ります。さらに、ナスカの地上絵の観光情報についても詳しくご紹介します。

ナスカの地上絵が消えずに残る3つの要因と消失のリスク

ナスカの地上絵がなぜ消えずに残っているのか、その背景には3つの主要な理由があります。これらは絵の作り方、地域の自然環境、そして保護活動の強化に関連しています。この記事では、ナスカの地上絵の持続性と現代における消失の危機についても詳しく解説します。

理由①地上絵の制作方法

ナスカの地上絵は、通常の絵画とは異なり、単に線を引いて描いたものではありません。地上絵は、石の破片を動かして描かれたもので、石の破片は自然現象によって黒く変色しています。この黒い石を取り除き、明るい色の地面を露出させることで、地上絵は制作されました。また、取り除いた破片を並べて、絵の輪郭を際立たせています。

理由②ナスカの乾燥した気候

地上絵の制作方法に加え、ナスカ地帯の極端な乾燥した気候も、絵が消えない重要な要因です。ナスカは年間降水量が極めて少なく、世界でも最も乾燥した地域の一つです。エルニーニョ現象による雨が稀にありますが、地上絵がある高い位置にあるため、雨の影響を受けることが少ないのです。

理由③厳格な保護活動

ナスカの地上絵は比較的最近になって発見され、以来、保護活動が強化されています。マリア・ライヘなどの研究者による保護活動や、ペルー政府の厳格な規制が施されています。また、山形大学の研究チームとペルー文化省が特別協定を結び、地上絵の保護に努めています。

消失の危機に直面するナスカの地上絵

2000年近くの歴史を持つナスカの地上絵ですが、現代では消失の危機に瀕しています。長年の風化や人間による影響により、地上絵の輪郭が徐々に色褪せています。観光客や地元住民の活動が影響を与え、さらにはグリーンピースのような団体による無許可の活動や貨物トラックの不法侵入などが、地上絵の損傷につながっています。

ナスカの地上絵の謎解明: 誰が、いつ、どのような目的で描いたのか

ナスカの地上絵が残り続ける理由は多岐にわたり、その保存には継続的な努力が必要です。ここでは、ナスカの地上絵がどのようなものなのかを再確認し、その謎に迫ります。

2種類の地上絵: ナスカとパルパ

ナスカの地上絵は、広大な範囲にわたる巨大な作品群です。この地上絵は、紀元前200年から紀元後800年にかけて描かれたもので、ナスカとパルパの二種類があります。ナスカ地上絵は、ナスカ文化の影響を強く受けており、一方のパルパ地上絵はそれよりも古い時代に描かれています。ナスカの地上絵は多様な図形や動物を描いているのに対し、パルパの地上絵は人物像が多い特徴があります。

ナスカの地上絵の目的: 雨乞い説が有力

ナスカの地上絵が描かれた目的は、多くの説がありますが、中でも雨乞い説が最も有力です。ナスカ地域は極端に乾燥しており、農耕に必要な水を確保するために雨を願う儀式が行われていたと考えられます。地上絵に描かれたクモは雨を象徴する図像である可能性が指摘されています。

地上絵の制作方法: 高度な技術

ナスカの地上絵がどのようにして制作されたかについては、様々な説があります。杭とロープを使った拡大法や、設計図を使わずに直接地面に描く方法など、様々な技法が試みられたことが推測されています。実際に研究者たちは、少数の労働者と監督者を配置して、石を動かすことにより地上絵を制作する実験を行っており、その結果、少ない人数でも比較的短期間で大規模な地上絵を描くことが可能であることが示されました。

ナスカの地上絵には、古代人の高い知識と労働の成果が色濃く反映されています。

 

スポンサーリンク

ペルー・ナスカの地上絵:空からの観光が鍵

ナスカの地上絵を訪れたいと思う方々にとって、この壮大な景色は遠い夢のように思えるかもしれません。日本からペルーまでの道のりは、飛行機で21時間以上という長旅です。到着後は、飛行場からナスカ地域へ向けて陸路での移動が必要になります。遠方からの訪問であれば、できるだけ効率的に目的地へ到達したいものです。ここでは、日本からナスカの地上絵への旅の計画方法について詳しくご案内します。

ペルーとナスカの地上絵の基礎知識

  • 国名:ペルー共和国
  • 首都:リマ
  • 人口:約3297万人
  • 人種・民族:インディヘナ(先住民)、メスティソ(混血)、欧州系など
  • 言語:スペイン語、ケチュア語、アイマラ語(少数)
  • 通貨:ソル(1ソル = 34.75円、2023年4月時点)
  • 日本との時差:-14時間

ペルーは南半球に位置し、日本とは季節が逆転します。首都リマやナスカ台地は、ほとんど雨が降らない乾燥地帯です。高地では、日中と夜間の温度差が大きく、防寒対策が必要になる場合があります。

ナスカの地上絵の多様性

  • ハチドリ:96m程度の大きさで、ナスカの地上絵では一般的な図形
  • クモ:46m程の大きさで、農耕や水と関連づけられる図形
  • ペリカン:最大で285mにもなる図形
  • サル:全長110mで、尾が渦巻いている図形
  • コンドル:136mの両翼を広げた姿が特徴的な図形

ペルーへのフライトと入国に必要な書類

ペルーへの旅では、日本から直行便は存在しません。アメリカなどの都市を経由してリマへ向かうことになります。主要なアメリカの航空会社にはデルタ航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空があり、リマ行きの便が利用可能です。また、アメリカからはラン航空やラン・ペルーといった南米の航空会社を利用することもできます。ペルー入国には、パスポートや出国用航空券、滞在費用の証明が必要になる場合があります。観光目的で183日以内の滞在であればビザは不要ですが、この情報は2023年2月時点のものなので、出発前に最新の情報を確認することが重要です。

ナスカの地上絵観光の2つの方法

遊覧飛行ツアーに参加:

リマからイカやビスコの町へ移動し、そこから遊覧飛行ツアーに参加します。太平洋沿岸を車で約4時間移動することになります。ナスカだけでなく、パルパの地上絵も見ることができるツアーです。

直接ナスカの地を訪れる:

イカやビスコからさらに南へ3時間移動し、ナスカに到着します。地上からは地上絵を全体としては把握しにくいですが、古代の人々が見た景色を体感することができます。地上絵は、上空から眺めるのが最良の方法ですが、地上から見てもその巨大さに圧倒されることでしょう。

遊覧飛行を通じて、ナスカの地上絵の全貌を一望することは、この地を訪れる際の特別な体験となります。地上からは、その壮大な絵の全体像を完全には認識できないため、空中からの観覧を強くお勧めします。

https://twitter.com/keisannomad/status/1732522130548375934

まとめ

 

ナスカ地上絵、その不変の謎

ペルーのナスカ地方に広がる神秘的な地上絵は、いくつかの要因によって長い間その姿を保っています。まず、地上絵は石を取り除くことで描かれており、またこの地域はほとんど雨が降らないため、絵が消えることがありません。さらに、これらの貴重な文化遺産は厳重に守られています。しかし、自然変動や人間の手による影響で、地上絵は徐々にその姿を変えつつあります。ナスカ地域には、ナスカとパルパの2種類の地上絵が存在し、これらは古代の雨乞いの儀式と関連があると考えられています。

ペルーへの飛行は、日本から直接行く方法がなく、アメリカ経由で約21時間かかります。この地上絵を訪れる最良の方法は、遊覧飛行です。空から見下ろすことで、その壮大なスケールを実感できるからです。

古代と現代、つながる歴史の糸

古代の人々がどのような意図でこれらの地上絵を描いたのかは、今もなお謎に包まれています。私たちは、残された遺跡や痕跡を通じて、彼らの生活や文化を想像するしかありません。今を生きる私たちも、やがては遠い昔の歴史の一部となるでしょう。未来の誰かが、私たちの生きた証として何を発見するのか、そのことを思いながら、日々を過ごすのも一つの楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました