PR

シュトーレンにドライフルーツはなしでも大丈夫?

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

シュトーレンは、ドライフルーツが必須でしょうか?

 

シュトーレンはドイツ原産の伝統的なデザートで、キリストの誕生を讃えるために始まったとされています。 クリスマスまでに日々一部分ずつ味わい、最後の一片をクリスマス当日に楽しむという習慣があると聞きます。

 

このため、シュトーレンは長期間保存可能であるように作られており、好みの方はより長く熟成させたものが一層味わい深いと評価されているとのことです。

 

シュトーレンには通常、ドライフルーツとナッツが使用されますが、ドライフルーツを省いても大丈夫なのでしょうか。

 

シュトーレン作成時にドライフルーツを省くことの可否について調査しましたので、ご覧ください。

 

シュトーレンにはドライフルーツはなしでも問題ない?

 

ドイツが生み出したデザート、シュトーレンは、外観はパウンドケーキに似ていて、持続可能性があり、確かな甘さを持っています。

 

多種多様のナッツとドライフルーツが内包されており、フルーツは通常、製造する人々が長い間浸けてから使用されています。

 

すぐに購入して食べることも可能ですが、一定期間成熟させてから食べると更にジューシーで美味いと考える人々も存在します。

 

元々はキリストの誕生を祝うために製作されたとされ、大量の白砂糖が取り付けられており、そのベーカーオーダメントはキリストを覆う布、山の3つはキリストの手を象徴するとされています。

 

このシュトーレンは一度に食べきるものではなく、毎日少しずつカットして食故され、クリスマスの日に最後の一片を食べると言われています。

 

世間では12月の前に販売されるアドベントカレンダーと同様に、少しずつ食べ進めてクリスマスを迎えるとされています。

 

そのため12月になると、パン屋やケーキ屋などでシュトーレンを見かけるようになり、毎年購入している人もいます。

 

シュトーレンには、上記のようにナッツとドライフルーツがたくさん含まれていますが、ドライフルーツを含まないものもありますか?

 

ドライフルーツは味だけでなく糖度も高く、パン粉に混ぜると防腐性があり、長期保存が可能になります。

 

そのため、ドライフルーツなしでも作ることは可能ですが、長期保存が難しくなるかもしれません。

 

家で調理する場合は、お好みのフルーツだけを使用したり、浸ける時間を少なくすることで、量を少なくすることができます。

 

一般的に、シュトーレンにはドライフルーツが含まれており、シュトーレンはゆっくりと時間をかけて食べられるものなので、ドライフルーツがないと長期保存ができません。

 

したがって、ドライフルーツがなくても問題ないとは言えませんね。

 

シュトーレンとは

シュトーレンはドイツで誕生した、伝統的なパン菓子の一つです。多量のバターを使用した生地にに浸けられたドライフルーツやナッツを加え、表面を粉砂糖でコーティングします。ドライフルーツの甘酸っぱさ、ナッツの香ばしさなど、口に含むとさまざまな味わいが広がる、深みのあるパンです。

このパンの起源はドレスデンとされ、ドレスデンには「シュトレン保護協会」という団体があります。ドレスデン市内や近郊で伝統的な方法で作られたシュトーレンは、厳しい審査基準をクリアすると金のバッジが授与されます。

現在ではいろいろな材料が用いられ、美味しさも評価されるシュトーレンですが、かつてはそうでもありませんでした。それは、宗教的な理由から断食期間中、バターやその他の乳製品の使用が禁じられていたため、シュトーレンは小麦粉、酵母、水だけで作られていたからです。そんな状況を改善すべく、ザクセンの選帝侯はローマ法王にバターの使用を認めてもらうよう活動し、バターの使用が許可されて以来、現在の美味しいシュトーレンが誕生しました。

日本では「シュトーレン」という呼び名が一般的ですが、本場ドイツでは「シュトレン」が正しい発音です。

スポンサーリンク

シュトーレンの楽しみ方

クリスマスシーズンのドイツでは、シュトーレンを毎日薄くスライスして少しずつ味わうのが一般的です。これは、「アドベント」と呼ばれる、クリスマスの4週間前からクリスマスイブまでの期間、イエス・キリストの誕生を待つ習慣となっています。粉砂糖で覆われたシュトーレンは、赤ちゃんのイエスが白い布に包まれているという像を表しています。

日本でも11月末から12月になると、クリスマスに向けてパン屋さんがシュトーレンを販売します。時間と共にパンに含まれるドライフルーツの風味が生地に染み込み、風味が深まります。その風味の移り変わりを楽しみながら、じっくりと味わいつくすことをおすすめします。

本場流のシュトーレンの食べ方としては、端からではなく中心からスライスして食べる方法があります。また、残ったシュトーレンは切り口同士が触れないようにラップで包むのが良いでしょう。コーヒーや紅茶、一緒に味わっても美味しいですし、生クリームをトッピングするのもおすすめです。

まとめ

ドイツ原産のデザートであるシュトーレンは味が充実しており、長期間保存できるため、毎日少量ずつ食べる人も多いでしょう。

 

生地に混ぜ込まれるドライフルーツは防腐効果もあり、その存在しなければシュトーレンの風味は異なるものになる恐れがあります。

 

ご自宅で製作する場合、好みのフルーツだけを使ってみたり、漬ける期間を短縮したりして、自己流のシュトーレンを造られてみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました