PR

節分に登場する料理、茶碗蒸しとちらし寿司の意味・由来とは?

04:冬(12~2月)
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

節分の時期になると、ちらし寿司や茶碗蒸しを食卓で見かけることがありますが、これらの料理に込められた由来や意味は何でしょうか?

節分と聞いて思い浮かべるのは、邪気を払うための豆まきや、恵方を向いて無言で太巻きを食べる習慣です。では、茶碗蒸しやちらし寿司を節分に食べる背景にはどのような意味があるのでしょうか。

この風習の由来を探り、その理由をご紹介します。

節分に茶碗蒸しとちらし寿司は一般的?

2月に差し掛かると、節分を迎えるにあたりスーパーマーケットの棚は節分豆で賑わい、一部の店舗では恵方巻の予約受付が始まるのが一般的です。

節分とは、季節の変わり目、具体的には各季節の始まりを告げる「立」の日の前日を指し、その日を境に新しい季節が始まるとされています。

特に、年の始めにあたる春の節分は、悪い気を祓うという点で大切な意味を持ち、日本の文化として根付いています。

多くの家庭では、節分に豆を撒いたり、その年の恵方を向いて無言で恵方巻を食べるという習慣がありますね。

この恵方巻を最後まで黙って食べ切るというのは毎年の挑戦でもあります。 しかし、これらの習慣以外にも、節分の食事として茶碗蒸しを選ぶ家庭は多いと言われています。

恵方巻だけでは物足りなさを感じるため、もう一品として加えられることが多いです。

一方で、ちらし寿司は節分というよりは、春のひな祭りの際に好まれて食べられる料理との認識が強いですね。

茶碗蒸しとちらし寿司を食べる節分の意味

節分では悪い気を追い払うために豆をまく習慣があり、また自分の年齢と同じ数の豆を食べるという風習もありますが、節分の食事に関しては特に決まったルールはないようです。

和食が好まれるため、節分に茶碗蒸しを選ぶ家庭も見られますが、これが古くからの由来に基づくわけではなさそうです。

節分に茶碗蒸しを食べる習慣は、一般的にはあまり知られていませんが、節分に特別な料理を用意する文化の中で、一部の地域や家庭では茶碗蒸しを含む和食メニューを節分の食事として楽しむことがあるようです。節分と言えば豆まきや恵方巻が有名ですが、節分の食事に関しては特に決まったメニューはなく、家庭によって様々な工夫を凝らした料理が食卓に並びます。

恵方巻だけでは栄養バランスや食事のボリュームが不十分と感じる場合に、茶碗蒸しを加えることで、温かくて栄養豊富な食事にするという選択をする家庭があるのかもしれません。また、節分は新しい年の節目として、家族の健康を願う意味を込めて、体に優しい料理を選ぶという考えもあるでしょう。

スポンサーリンク

立春と節分の意味

立春

立春は、日本の二十四節気のひとつで、春の始まりを告げる日です。

毎年2月4日前後にあたり、これを境に冬から春への季節の移り変わりを感じる時期とされています。

節分=立春の前日

節分は、立春の前日にあたり、一般的には2月3日に行われる行事です。

「節分」という言葉自体は「季節を分ける」という意味を持ち、季節の変わり目の日、すなわち立春、立夏、立秋、立冬の前日を指しますが、現在では主に立春の前日を指すことが一般的です。

 

節分には、新しい季節の到来を健やかに迎えるため、邪気を払い幸運を招くための様々な風習があります。

 

豆まきはその代表的な行事の一つで、福豆と呼ばれる大豆を撒いたり、年の数だけ豆を食べたりすることで、一年の厄を払い健康を祈願します。

 

また、恵方巻と呼ばれる太巻き寿司を、その年の恵方(吉方位)に向かって無言で食べることも一般的です。

このように、立春と節分は春を迎えるにあたり、自然の周期に即した日本古来の知恵と風習が色濃く反映された時期であり、現代でも多くの人に親しまれている特別な日となっています。

まとめ

春の節分は一年の大切な節目であり、2月という月に特別な役割を与えています。

最近では恵方巻を食べる習慣が定着しており、それに加えて茶碗蒸しを楽しむ家庭もあるようです。

由来として特別な物語があるわけではなく、和食の一品として節分の食卓に加わることがあると言えそうです。

タイトルとURLをコピーしました